心配!「高齢出産で初産」は大丈夫?

高齢出産で初産は大丈夫なのでしょうか?心配な点を調べてみました。

view309

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 有名人でも有名な高齢出産

  • 高齢出産というのは、35歳以上の女性が出産することを指します。最近では、東尾理子さんをはじめ、多数の有名人が高齢出産をし、話題になっていますよね。それにより、昔に比べて高齢出産はかなり身近なものに なってきています。ですが、高齢出産でしかも初産の場合それなりのリスクが伴うのも事実です。
    出典 :高齢出産 リスク 初産!流産と帝王切開の確率は?:高齢出産 リスク@ダウン症:So-netブログ
     

    リスクが伴うからこそ慎重にいかなくてはいけないのです。

  • 昔(医療技術が発達する前)は、「出産は命懸け」と言われていたくらいなので、年齢問わずに出産はリスクを伴うものですが、高齢が故のリスクというものもあります。 高齢出産のリスクと聞いて、一番最初に「ダウン症」などの染色体異常を思い浮かべる方も多いかと思います。
    出典 :高齢出産 リスク 初産!流産と帝王切開の確率は?:高齢出産 リスク@ダウン症:So-netブログ
     

    やはりこのような事を考えますよね。

  • 若い世代より

     

    統計上はリスクが高くなるといわれているのです。しかし、全てのママや赤ちゃんに影響が出るというものではありません。リスクをしっかりと把握して最小限に生活を見直していく必要がありますね。

  • リスクはこれくらい

  • ・妊娠高血圧症候群
    ・妊娠糖尿病
    ・子宮筋腫
    ・切迫早産、流産
    ・分娩時間の延長
    出典 :高齢出産で初産
     

    このようなリスクが増えるとされているのです。

  • 特に初産の人は、子宮口が開きにくくなっていて、「軟産道強靭(なんざんどうきょうじん)」という産道が固い状態になっていることがあり、難産のリスクが高まると言われています。
    出典 :高齢出産で初産
     

    ここが怖いのです。

  • 先天性異常について

  • 高齢出産の場合染色体異常が起こりやすく、特にダウン症児の出生率が高くなります。20代では0.1%程度の確率でも、40代になると約1%にまで上がるといわれています。しかし年齢に関わらず、先天異常をもつ赤ちゃんを産む可能性は誰にでもあるのです。
    出典 :高齢出産について - はっぴーママ.com
     

    確率が上がるのですね。

  • ダウン症は通常よりも21番目の染色体が1つ多いために起こる症候群です。ダウン症を始めとする染色体異常は、羊水検査、絨毛採取、血液検査などによって調べられます。これらを出生前検査といい、妊娠初期からおなかの赤ちゃんの先天異常がチェックできます
    出典 :高齢出産について - はっぴーママ.com
  • 検査は

     

    確かに可能ですが、ここだけは知っておきたいというものに費用があります。費用は全て実費負担になるのです。金額は2~10万円くらいになるので、あまり出費したくないなら行わない方向の方が良いかもしれませんね。

  • ここだけはおさえておこう

  • 気持ちが沈みがちになる事もあると思いますが、同じように高齢で初産を経験している女性はたくさんいますし、初産が高齢出産の場合の心配事などを相談したり、励ましあったりしているコミュニケーションサイトも色々あるので、元気や勇気をもらう為に利用してみるのも良いと思います。
    出典 :初産が高齢出産の場合
  • 初産が高齢出産の場合は、20代で初産を経験するよりも、母体のリスクが高くなるかもしれませんが、妊娠中の体重管理や、バランスの取れた栄養をしっかりとって妊娠中毒症を防ぐことで高齢出産のリスクを最小限に抑える事ができますし、何歳であっても初産を経験する女性は不安でいっぱいです。
    出典 :初産が高齢出産の場合
     

    何歳であっても経験する女性は同じなのです。

  • 高齢で初産を経験する事のリスクばかり考えてしまうよりも、産まれてくる赤ちゃんの為にいつまでも若々しく元気でいようという気持ちでマタニティライフを楽しむ事が、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても大切な事だと思います。
    出典 :初産が高齢出産の場合