気になる【ニキビ跡とシミ】消せるの?やっぱり綺麗なお肌になりたい!!

綺麗なお肌には憧れを抱くものです。ただ、目立った【ニキビ跡とシミ】は悩みどころ。
様々なケア方法がありますが、最も効果的なものって?
そんな疑問を色々まとめてみました。

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニキビ跡としみの原因

  • ニキビ跡原因

  • ニキビは、角栓が一番の原因

     

    角栓は、皮脂や角質が毛穴に詰まってできます。


    ニキビ跡は、やはりニキビをつくらない事が一番なのですが
    もし、出来てしまっても早期に正しく治療すれば、ニキビ跡はほとんど残りません。

  • ニキビ跡の症状は非常に治りにくいと言われています。


    それは主に赤二キビ・赤ら顔・クレーター・しこり・ケロイド・毛穴開きなどの症状をおこしてしまうからです。


    ニキビ跡の改善方法や治療方法は、化粧品・パック・洗顔・サプリメント・ピーリング・レーザーで綺麗にする機械等いろいろあります。
    出典 :ニキビ(にきび)跡の症状・原因と治す方法
  • ニキビ跡がクレーター化

     

    こうなると非常に治りにくい

  • クレーターの治療法は様々ですが、ニキビがクレーターになってしまうと、通常のニキビと違って化粧品だけではなかなか治りづらいです。


    やはり、皮膚科や美容クリニックに行くのが最も良いと思います。


    一般的な治療法では、ケミカルピーリングやレザー照射、フォトフェイシャル、イントラセル、フォトRF、FGFなどがあります。


    しかし、クレーターの治療は完治するまでにかなりの時間がかかってしまいます。
    出典 :ニキビ(にきび)跡の症状・原因と治す方法
  • お肌のシミの原因

     

    よく知られているのが紫外線。
    その他、加齢やストレス・睡眠不足、肌の炎症・肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常などです。

  • 肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、
    肌細胞の生成も停滞するので、肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。

    そのためにメラニン色素が肌に残りやすくなり、
    これがシミの原因になるのです。
    出典 :肌の乾燥が原因でシミができやすくなる
  • よくなる?できてしまった【ニキビ跡とシミ】

  • できてしまったシミ(色素沈着)に対してはメラニンを還元する美白作用がある美白成分といえば、「ビタミンC」か「ハイドロキノン」という選択肢になります。


    ビタミンCとハイドロキノンを比較すると、できてしまったシミ(=色素沈着)を還元する作用でいうとハイドロキノンのほうが上です。そのためニキビ痕(シミ・赤み)にハイドロキノンを配合した美容液を使っている人は多いです。
    出典 :ニキビ痕(シミ・赤み)を薄くする・消す方法-【大人ニキビに効くおすすめニキビケア基礎化粧品】
  • ハイドロキノン

  • ビタミンCとハイドロキノンを比較すると、できてしまったシミ(=色素沈着)を還元する作用でいうとハイドロキノンのほうが上です。そのためニキビ痕(シミ・赤み)にハイドロキノンを配合した美容液を使っている人は多いです。


    ただ、ハイドロキノンはその作用の強さの反面、副作用も強く、ヨーロッパなどの多くの国では禁止されている成分でもあります。日本では化粧品に配合できる濃度が厳格に決められているとはいえ、肌が弱い人をはじめ誰もが安心して使える成分か?というとちょっと不安なんですね。
    出典 :ニキビ痕(シミ・赤み)を薄くする・消す方法-【大人ニキビに効くおすすめニキビケア基礎化粧品】
  • まずビタミンC配合コスメを使ってニキビ痕(シミ・赤み)をケアしてみて、効果がいまいちということであれば、ハイドロキノン配合のコスメを使うという順番でも遅くないと思います。
    出典 :ニキビ痕(シミ・赤み)を薄くする・消す方法-【大人ニキビに効くおすすめニキビケア基礎化粧品】
  • ビタミンC配合コスメを使って肌のコラーゲン生成をサポートすることで内側から肌をふっくらさせて陥没を埋めるという方法もあるにはありますが、化粧品ではそこまで劇的な変化があるわけではないので期待しないほうがいいと思います。
    出典 :ニキビ痕(シミ・赤み)を薄くする・消す方法-【大人ニキビに効くおすすめニキビケア基礎化粧品】
     

    一部ではこんな声もありますが。。。

  • ビタミンC誘導体

     

    どのサイトを見ても、「ビタミンC誘導体」は
    ニキビ跡、シミなどのお肌のトラブルには効果的だと紹介されていることが非常に多いです。

  • ニキビ跡を消すのでしたらビタミンC誘導体は大変有効です。
    ただ、本当に効果の高いものを選ぶべきです。
    ビタミンC誘導体がつく化粧品はたくさん出回っていますが安定性、配合率、など考えても実際に肌に効果の出るものはなかなかありません。
    出典 :ニキビ跡、しみを消して綺麗になる方法!!! - Yahoo!知恵袋
  • にきび跡のシミに対処する具体的な手順

  • まず、ニキビ肌をゴシゴシ洗う洗顔は肌のバリヤ機能を壊してしまうので、できれば石鹸の泡で洗顔してください。ニキビ跡にシミができた人には、水溶性ビタミンC誘導体ローションが効果的です。それともちろん保湿は大切なのですが、クリーム類を塗ってしまうと逆効果になります。なぜなら、ニキビ跡にシミのできた人にとって脂分は一番使ってはいけないクリームですから。


    とにかく、にきび跡の肌は脂分が多めの傾向にありますので、やさしい洗顔で余分な皮質を落とし、肌の水分を多めにすることが重要なのです。きちんとこれらを実行し続ければ、ニキビ跡やその上にできたシミもきっと良くなっていくでしょう。
    出典 :簡単!にきび跡のシミを消す方法 - ビヨウノヒケツ
  • そして合わせてピーリングをすること。
    これが結果シミを消すことにもつながります。
    出典 :ニキビ跡、しみを消して綺麗になる方法!!! - Yahoo!知恵袋
  • にきび跡はしみのようなものですからしっかりと角質層まで浸透するものがおすすめです。
    またビタミンCは高濃度が効くと思われがちですが高濃度のものは肌負担が高いです。
    出典 :ニキビ跡、しみを消して綺麗になる方法!!! - Yahoo!知恵袋
  • 気になる お手入れの注意点

  • ニキビ跡の肌は脂分が多め傾向なので洗顔で余分な皮脂を落とし水分を多目にする事が大切です。

  • ・洗顔はゴシゴシ洗うのは肌のバリヤ機能を壊してしまうので禁物です。
     1日2回石けんで泡洗顔してください。
     クレンジングはオイルクレンジングや拭き取るタイプのクレンジングは汚れが落しきれないので避けてください。
    出典 :ニキビ跡のシミが気になる
  • ・化粧水は皮脂分泌を抑制するノンアルコールで無香料・弱酸性にしてください。
     脂性肌でニキビ跡の方には水溶性ビタミンC誘導体のローションが効果的です。
    出典 :ニキビ跡のシミが気になる
  • ・保湿は大切ですが、脂分の多いクリーム類は脂分が多くなってニキビには逆効果です。
     肌が必要としているのは水分です、水分を保つN.M.Fやセラミド、ヒアルロン酸などの肌に不足しがちな保湿成分を補ってください。肌の新陳代謝をすすすめるプロビタミンAなどを配合したジェルや乳液が良いでしょう。 
     乾燥肌でニキビ跡の方には脂溶性ビタミンC誘導体のジェルが保湿効果もあるので効果的です。
    出典 :ニキビ跡のシミが気になる
  • ・保護は季節に応じて肌の調子をみて考えると良いでしょう。
     夏はあえてクリームなどで保護をしなくても大丈夫です。秋口になってから油脂分の少ない親水性のクリームやエッセンスなどを乾燥感があるときにつかえば更に効果的がでます。
    出典 :ニキビ跡のシミが気になる
  • その他、劇的に効果があるといわれている【トレチノン・ハイドロキノン】

  • トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2~4週間でメラニン色素を外に出してしまいます。これがトレチノインの特長です。
    出典 :トレチノイン治療_トレチノインによるしみ治療
  • 強い漂白剤であるヒドロキノン(ハイドロキノン)を作用させて、メラノサイトに新しいメラニンを作らせなくしておきます。そうすると結果的に、表皮はメラニン色素の少ない、きれいな新しい皮膚に置き換えられることになります。
    出典 :トレチノイン治療_トレチノインによるしみ治療
  • トレチノン・ハイドロキノン

     

    ただし、本来は医師の元で使用した方が安全ですが、近年では個人購入での使用者が増えています。