深刻な問題!「インナードライの改善」をしよう!

インナードライの改善をして、深刻な問題を回避しよう。夏場のテカった肌でもインナードライは起きてしまうのです

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インナードライの症状

  • ★テカっているのにつっぱっているような変な感じがする。
    ★朝化粧しても昼にはテカテカになる。
    ★肌質が分からないけれど、シミが出来やすくなった
    ★コットンパックをした直後から肌が突っ張ってくる
    ★乳液をいくらつけても浸透している気がしない
    出典 :【インナードライのスキンケア】乾燥するのにテカる!を劇的に改善する7つのポイント | 美人オーラバイブル
  • ★洗顔した直後は肌がつっぱって口周りがかさかさ
    ★全体的に肌の奥からカラカラなような感じがする。
    ★そのような症状でも1時間もすると何もしなくてもテカる
    ★洗顔した後やメイクをしてしまうと、皮脂の量がすごい
    出典 :【インナードライのスキンケア】乾燥するのにテカる!を劇的に改善する7つのポイント | 美人オーラバイブル
  • 間違っていませんか?

     

    間違った洗顔やオイルクレンジングの使い過ぎなのでインナードライの人が増えてきているそうなのです。検索も多くなっているそうですよ

  • 貴女は?

  • 改善に必要なスキンケア

  • インナードライの人はぬるま湯で洗顔しろという話があります。これは、皮脂・セラミド・NMF(天然保湿因子)を肌から流れ出るのを防ぎ、乾燥を予防するためです。しかしお化粧をする女性にとってぬるま湯だけの洗顔はなかなか難しい!なので、ぬるま湯に近いソフトな洗顔剤で洗うことが必要です。
    出典 :インナードライ改善方法!ニキビもないツルツルお肌へ
     

    洗顔料はきをつけましょう

  • インナードライは乾燥を防ぐために、肌から過剰な皮脂が出るのが原因。保湿するのは当然必要なのですが、多くの人ができていないのが、その保湿したのをいかにして蒸発させないかです。しかしワセリンのようなものはダメ。これは返って皮脂を貯めこんでニキビを誘発してしまいます。
    出典 :インナードライ改善方法!ニキビもないツルツルお肌へ
     

    ワセリンはインナードライには使えないですね

  • インナードライは、以上のように洗顔と水分蒸発量抑制を守りながら保湿することで解消されます。こうすることで、ターンオーバーが正常になり、乱れた角質構造が整い、肌自らの水分保持力と蒸発抑制力が復活します。皮脂を取ったり、肌を潤すのが最終目的ではなく、自らの肌角質を育てるというイメージで取り組む必要があります。
    出典 :インナードライ改善方法!ニキビもないツルツルお肌へ
  • ターンオーバーの正常化をしよう

  • ターンオーバーの周期を

     

    元通りに直さなくてはいけません。乾燥に対していかに対策をとるかが大切な事になるのです。

  • 改善するには、第一に正しい洗顔をすること。ゴシゴシとこするような洗顔は禁物です。 肌に負担をかけないように、キメ細かい泡を使って優しく洗い上げるようにしましょう。次にターンオーバーを整えて、じっくりと健康な角質を育てることが重要
    出典 :インナードライ改善講座|スキンケア大学
     

    角質をしっかりと育てる事に意識をおくのも大切なスキンケアですよ

  • 今使っている基礎化粧品を見直すことです。自分の肌に合わない基礎化粧品を使うことは、肌トラブルを招いたり悪化させたりして しまいます。また、ターンオーバーを整えるにあたり、健康な肌づくりをサポートしてくれる成分を配合した化粧品選びもポイントになります。
    出典 :インナードライ改善講座|スキンケア大学
     

    化粧品を選ぶ所から、もうすでにターンオーバーの補修がはじまっていると考えましょうね