シミを作らないためにはどうしたらよいのか?

シミは、年を取ると出てきてなかなか取ることが出来ないです。
そのため、シミを出来ないように予防しなくてはなりません。

  • TUH55 更新日:2014/02/28

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シミ

  • シミは、出てくると取ることが難しく、目立ってしまうため作りたくないものです。
    今回は、シミを作らないためにはどうしたらよいのか紹介します。

  • シミが出来る原因

  • シミが出来る原因は紫外線が肌に当たって、メラノサイトが活発に動くために作られます。
    そのため、紫外線に当たらないことが第一の予防法です。

  • 紫外線にあたらいない

  • 紫外線にあたりたくないため日傘を差している人を良く見かけますが、
    日にあたら過ぎないこともよくありません。
    なぜかと言うと、ビタミンDが体内で作られなくなるためです。
    そのため、少し日に当たらなくてはならず、

  • どのくらい日に当たればよいのか?

  • 一日3分手を日光に当てましょう。
    これによってビタミンDは作られます。
    もしビタミンEを取らないと、骨軟化症を起こし大変なことになるためしっかりあたりましょう。

  • 日に当たってしまった場合は

  • 日に当たってしまった場合は、ビタミンEをとりシミを防ぎましょう。
    ビタミンEには功酸化作用があり、シミを防いでくれます。
    ではどうやってビタミンEをとればよいのか?

  • サプリメントで補給

  • 自然の食べ物で取る方法もありますが、その場合はたくさんそのものを食べなくてはならず、
    大変でかつ経済的ではありません。
    そのため、サプリメントをオススメします。
    ドラックストアには大体おいてあり安価です。

  • おわりに

  • シミは出来る前に予防することが大切です。
    若い方と言って、予防しないと年を取ったときの後悔するのでしっかり危機感を持ちましょう。