更年期症状の対策にサプリは有効?主な効果とは?

辛い更年期症状の対策にはサプリが効果があります。代表的なものといえば大豆イソフラボンです。

view18

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 閉経が近づき女性ホルモンが減少すると、それによって自律神経のバランスが崩れます。
    自律神経は体温や発汗の調整機能を担っていて、それが誤作動を起こすと血管が拡張しすぎてのぼせたり、収縮しすぎて冷えが起きたり、普段だと起きないような発汗に悩むことになります。

    血管が拡張すると身体の熱だけでなく、心臓も血流を増やすことになって心拍数が上がるので動悸や疲労感を感じることもあります。

    辛い更年期症状の対策にはサプリが効果があります。
    代表的なものといえば大豆イソフラボンです。

  • 大豆イソフラボンの更年期症状への効果

  •  

    改善するには大豆イソフラボンのサプリが良いです。
    大豆製品には女性ホルモンと似たような作用がある大豆イソフラボンが豊富で、これを摂取したからといって女性ホルモンが増えるわけではないですが、ホットフラッシュの症状を軽減出来たりと女性ホルモンが増えたような効果があります。

  • 更年期症状を改善すると言われている栄養素は実はたくさんありますが、代表的なのが「大豆イソフラボン」。イソフラボンは大豆・レッドクローバー・クズなどに含まれるフラボノイドの一種で女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、更年期症状を改善する栄養素としても有名な栄養素です。
    出典 :更年期サプリマガジン~更年期症状におすすめランキング~
  • 大豆イソフラボンにはこの女性ホルモンのバランスを整える作用があるため、更年期障害で起こりがちなのぼせや発汗、頭痛、肩こり、月経不順、イライラ、不安感などを緩和してくれる効果が期待できます。
    出典 :更年期に摂取したい大豆イソフラボン | ヘルスケア大学
  • 更年期障害のホットフラッシュがひどかったため、婦人科で貼り薬を処方してもらっていましたが、心療内科にも通い始めたら、肝臓の数値が高くなってしまったので、ホルモン補充療法ができなくなり、結局ホルモン補充療法はやめました。
    大豆イソフラボンを飲み始めホットフラがほとんど起きなくなりました。
    今は快調です。
    ずっと続けていきたいです。
    出典 :DHCの大豆イソフラボン 30日分の口コミ検索 |ネットdeらくがき板
     

    実際に試された方からもこういった口コミが書かれています。

  • プラセンタも女性ホルモンの働きをサポートする

  • 女性ホルモンには心を明るく前向きにさせたり、感情を落ち着かせる作用があります。
    更年期で分泌量が減ってくると働きが弱くなって、気持ちも落ち込みやすくなります。

    更に体力も落ちてくるので疲れやすくなり、若い頃と同じように出来なくなって身体の症状と心の症状が重なって、イライラやうつなどの原因になります。

    これらの症状にはプラセンタがおすすめです。

  •  

    プラセンタにも女性ホルモンの働きを助ける作用があって、他にも10種類のアミノ酸やビタミンにミネラルなど栄養が豊富で、美肌にもよく疲労回復など様々な働きがあり即効性も高いです。

  • プラセンタが更年期障害に有効なのはプラセンタに含まれる成長因子などの働きによって体の機能が調整されて、症状が緩和されるからです。
    プラセンタには成長因子と栄養成分の2つの有効成分が含まれており、これらが体内でからだのバランスを取るように働き、不調の部分を治すようになります。
    出典 :更年期障害に対するプラセンタの効果|注射とサプリのこと
  • 滋養強壮薬、若返りの薬として珍重されており、古くはクレオパトラ、マリー・アントワネットも好んで飲用していたと言われております。また中国でも不老長寿の薬、滋養強壮薬として古くから珍重されており、古き医学書にも紹介され、多数の漢方薬に配合されてきました。
    出典 :プラセンタ注射