元AKB48【大堀恵】妊娠中で体重が60キロと激太り、妊娠中の体重管理はどうすればよいの?

先日、無事お子さんを出産された大堀恵さん。妊娠中に体重が激増してしまったそうです。妊娠中の体重管理についてまとめてみみあした。

  • MUMMY 更新日:2014/06/20

view4751

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体重はどのぐらい増えてしまったの?原因は?

  • 目標体重、10~12kgと病院に言われていたにも関わらず

    10ヵ月に突入した頃には、既にプラス13kgになっていました(ノ_・。)
    出典 :+13kg|大堀恵オフィシャルブログ「こうのとりさんこんにちは」by Ameba
     

    目標体重は12キロ以内だったんですね。

  •  

    太ったといっても
    元が細いのであまり太っている感じないですよね~

  • 主人と、なかなか外食も出来なくなるからと思い、ついつい外食の日々を過ごしてしまっていたのです。。

    後期はちょっとした気の緩みでも、どんどん体重が増えていきました…。
    出典 :+13kg|大堀恵オフィシャルブログ「こうのとりさんこんにちは」by Ameba
     

    後期の体重管理には注意が必要なんですね。
    外食は予想外にカロリーが増えることもありますから、注意すべきですね。

  • 妊婦さんが体重管理に気を付けなくてはいけない理由は?

  • 体格区分が「肥満」に当てはまる方や、妊娠後体重が急激に増加している方は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の予防の為、お医者様が個々の対応をする事になっています。母子共に健康に出産を迎えられるように、体重管理はきっちりと行いましょう。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
     

    母子ともに危険になってしまう!

  • 妊娠中毒症を放っておくと、胎盤の機能が低下して赤ちゃんに充分な酸素や栄養が送れなくなり、早産や未熟児の原因に。母子ともに命にかかわることがあります。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
  • 妊娠糖尿病になり、血液中の血糖に異常が起こると、おなかの赤ちゃんまで皮下脂肪が増えて、太りぎみに。体重4000gを超える巨大児になると、帝王切開の確率が高くなります。また巨大児の赤ちゃんは、からだが大きいわりにひ弱で、内臓の機能が未熟なこともあります。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
  • 安易に考えてはいけない!

  • 妊婦さんの体重管理のポイントは?

  • 上手に体重管理をするポイントは、赤ちゃんの体重増加がゆるやかな妊娠5ヶ月頃まで妊娠前の体重をキープする事です!
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
     

    5か月となるとつわりも収まってついつい・・・ということになりそうですが、ここはぐっと我慢!

  • 妊娠中、どのぐらいまで体重は増やしていいの?

  •  

    おおよその目安はこうなっているようです。

  • 妊娠するとママのお腹の中で、どんどん赤ちゃんが成長していきます。その際に、必然的に増える体重の内訳は以下の通りです。
    •赤ちゃん・・・約3キロ
    •羊水・・・約800~900グラム
    •胎盤・・・約500~700グラム
    •循環血液量・・・約1~1.5キログラム
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
     

    結構増えるのですね。

  • どんな体重管理をすればよい?

  • 有酸素運動は脂肪燃焼し、基礎代謝を高めてくれる効果があるので、太りすぎの予防や便秘などに効果的です。マタニティウォーキングやマタニティビクなどの有酸素運動をしましょう!
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
     

    有酸素運動は妊婦さんにも有効!

  •  

    教室で仲間とヨガなどを楽しむのも良いですね。

  • 妊娠中は脂肪とともに水分も蓄積される傾向に。塩分の濃い食べ物を食べると、のどが渇いて水分をたくさんとることになるので、水分を余計に蓄積してしまいます。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
  •  

    パスタなどは太りやすいので注意!

    バランスの良い食生活を心がけよう!

  • 注意!

  • 妊娠中にダイエットをすると栄養失調の赤ちゃんを産む傾向にある事が研究結果でも発表されています。ママになるという自覚を持ち、自己中心的な考えは止め、赤ちゃんが健康に産まれてこれるよう栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
  • 体重管理はあくまで食事が基本。ふだん運動していなかった人が、にんぷになったからといって、急に体重管理を目的に運動を始めるのは、考えものです。適度な運動や散歩、ストレッチなどは、気分転換や筋肉の力を保つためにもおすすめですが、過激な運動でカロリーを消費しようとか、ダイエットでつじつまを合わせようなんて、大まちがい!
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
  • 自分と産まれてくる子供のために、体重管理はきちんと行いましょう!