年々増加傾向にある糖尿病。どんな病気がご存知ですか?

糖尿病は初期は自覚症状もなく潜在的な予備軍が非常に多い病気と言われています
しかし放置しておいて悪化させると恐ろしい合併症がたくさんあるのです
まずは糖尿病についての正しい基礎知識を持ちましょう

view200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 糖尿病の基礎知識

  • 糖質(血糖)を調節するインスリンというホルモン(膵臓から分泌される)が不足したり、作用が不十分なために常に血糖が高い状態になっている病気です。自覚症状に乏しく、重篤な合併症を引き起こす特徴があります。現在患者数は約700万人いるといわれており、増加傾向にあります。
    出典 :糖尿病とは
     

    人間は本来はホルモンの働きで血糖値を調節する機能が備わっているのですが
    その機能が壊れてしまい、調節できなくなってしまう症状。それが糖尿病です

  • インスリン依存型(Ⅰ型)糖尿病

  • 糖尿病にはその病態により2種類のタイプがあります。ひとつはインスリン依存型(Ⅰ型)糖尿病といわれるもので、原因はウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されてしまうことです。若年でやせ型の人に発症する特徴ありますが、全糖尿病のうち5%と頻度はわずかです。
    出典 :糖尿病とは
  • インスリンがまったく出ないため、インスリンの注射が必要で、そのためにインスリン依存型と呼ばれています。
    出典 :糖尿病とは
  • インスリン非依存型(Ⅱ型)

  • もうひとつはインスリン非依存型(Ⅱ型)糖尿病といわれるもので、原因は体質の遺伝に食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症します。
    出典 :糖尿病とは
     

    こちらのインスリン非依存型(Ⅱ型)が一般に知られている糖尿病です。
    過食や運動不足が原因になるために贅沢病と揶揄されることもしばしば

  • その本態はインスリン受容体(インスリンが働く場所の機能の低下といわれています。中年で肥満型の人に多く発症し、糖尿病のほとんど(95%)がこのタイプです。治療は食事療法・運動療法が主体で、それだけで治療が不十分な場合は内服薬 やインスリンの注射を追加します
    出典 :糖尿病とは
  • 糖尿病の合併症

  • 糖尿病が恐ろしいのは、血糖値が高い状態が続くこと。これは、すべての身体活動の源として全細胞に行き渡るはずの糖分が、ほとんど吸収されていないことを意味する。この状態では、血液中にはたくさんの栄養があるのに、細胞たちは栄養不足となり、疲弊してしまう。
    出典 :他人事ではない!糖尿病|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 糖尿病の合併症

     

    恐ろしいのが、網膜症、腎症、神経障害をはじめとするさまざまな合併症。なかでも糖尿病から引き起こされる網膜症は、日本人の失明の原因の上位にあげられている。

  • 治療を受けている人は、ほんのひと握り

  • 「糖尿病が強く疑われる人」(約890万人)と「糖尿病の可能性が否定できない人」(約1,320万人)を合わせて、糖尿病の推定患者数は約2,210万人にのぼるといわれている(2007年現在)。
    出典 :他人事ではない!糖尿病|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    2007年のデータだから現在は上記の数字より確実に増えていると思われます

  • しかし、実際に治療を受けているのはわずか約237万人(2008年現在)。糖尿病は、初期の段階では体がだるい、のどが渇く、トイレの回数が増えるといった程度で、ほとんど自覚症状がない。そのため、糖尿病の可能性がありながら、必要なケアをしないまま放置している人があまりにも多いという実情が浮き彫りにされている。
    出典 :他人事ではない!糖尿病|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 治療を受けている糖尿病患者数の年次推移

     

    糖尿病の推定患者数は、今後も増えることが予想されている。合併症などを起こす前に、一刻も早く治療を受けることが望まれる。

  • 糖尿病の患者数は、年代が上がるごとに増えていき、男性は60歳代、女性は70歳代でピークを迎える。これは、2型糖尿病の要因となる生活習慣病や高齢化の影響によると考えられる。
    出典 :他人事ではない!糖尿病|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 若いからといって油断はできない。20歳代や30歳代の若年層でも、糖尿病の患者やその予備群は確実に存在している。
    出典 :他人事ではない!糖尿病|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 治療を受けている糖尿病患者数の年代別比較

     

    年齢を重ねても糖尿病にならないために、定期的な運動や食生活の見直しなどで、若いうちから予防に努めることが大切だといえる

  • 糖尿病の症状

  • 糖尿病の症状ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がないため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多い。以下の症状がある場合には、一度医師による診察をおすすめします
    出典 :糖尿病とは
  • 糖尿病の症状の例

     

    のどの渇き
    尿の量・回数が多い。
    体重が急激に減る。
    全身がだるく、疲れやすい。
    目がかすむ(視力障害)。
    尿に糖が出る。
    立ちくらみ
    手足のしびれ
    インポテンツ(性欲減退)
    月経異常

  • 症状 のどが渇き、尿の量・回数が増えるのは、大量のブドウ糖を排出するため尿の量が増えてしまい、体の水分が失われてのどが渇くため。
    出典 :糖尿病|糖尿病の症状・初期症状 - 病気・症状 チェック
  • *症状 食べているのにやせるのは、食べてもブドウ糖が正常に利用されずに、慢性的なエネルギー不足になるため。
    出典 :糖尿病|糖尿病の症状・初期症状 - 病気・症状 チェック
  • 症状 全身がだるく、疲れやすくなるのは、インスリンの作用不足でブドウ糖を利用できず、活動エネルギーが足りないため。
    出典 :糖尿病|糖尿病の症状・初期症状 - 病気・症状 チェック
  • 糖尿病の初期症状は、痛みなどの自覚症状がないため、治療が必要といわれていても治療を受けない人が多い。しかし、実は、糖尿病の一番の問題は合併症。合併症にならないためにも、糖尿病の症状があらわれた場合、しっかりと治療に取り組みましょう
    出典 :糖尿病|糖尿病の症状・初期症状 - 病気・症状 チェック