「インフルエンザの感染期間」はどれくらい?

「インフルエンザの感染期間」はったいどれくらいあるのかの情報をあつめたので参考にしてください

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザの感染期間と潜伏期間の違い

  • 一般的に、ウイルス感染症では「病原ウイルスに暴露して(≒感染して)から、 発症するまでの時間」を“潜伏期間”といいます。 一方、”感染期間”はというと、「他者にウイルスを曝露(≒感染)させうる時期」の事です。
    出典 :インフルエンザ 潜伏期間と感染期間:女医の毎日お勉強!日記:So-netブログ
  • 感染期間は

  • 症状を発症後ウイルスが体内で活動する期間は約3~5日程度です。 ですから潜伏期間の1~3日を含めても感染期間は約1週間から~10日程度となります。熱も収まり体調が回復してくる症状を発症後3日以降は毒性のウイルスを拡散する心配もほぼありません。
    出典 :インフルエンザA型3大症状・潜伏期間・感染期間【潜伏期間ナビ】
     

    大体これくらいの期間という事になりますね

  • 感染期間は「発熱1日前から3日目をピークとして、7日目まで」と言われています。気をつけたいのは、インフルエンザの感染期間は「発熱前」にもあることです。「いつまでうつるか」を気にするのは、たいてい発熱した後の患者に対して思うことでしょうが、発熱前の人からも感染しうることがあることには注意が必要です。
    出典 :インフルエンザはいつまでうつるのか、潜伏期間と感染期間に注意 | iGotit
  • 例をあげると

  • 1月1日に感染したAさんの場合。 発症するとしたら1月2日から5日、多くの場合は1月3日頃には発症します。そしてAさんといつも一緒にいるBさん。Aさんが熱発する日の1日前~7日目まで(特に3日目)に感染しうるのですからAさんが最も早く熱発した場合である1月2日の1日前、つまり1月1日には感染の可能性があります。
    出典 :インフルエンザ 潜伏期間と感染期間:女医の毎日お勉強!日記:So-netブログ
  • そして最も遅く熱発した場合の1月5日から最も長くて7日目でも感染しうるので1月12日までは感染の機会がある訳ですね。 私見ですが、意外と長いですよね。もちろん、それぞれの平均・ピークを考えると1月1日にAさんが感染、3日に発症。Bさんは1月3日から3日目にあたる6日に感染、8日に発症。というのが、一般的な訳ですね。
    出典 :インフルエンザ 潜伏期間と感染期間:女医の毎日お勉強!日記:So-netブログ
  • 感染を増やさない為にも

     

    潜伏期間ないの人にまで注意する必要があるという事ですね。罹患し発熱している人の場合は発熱後の3日までは近寄らない&アルコール消毒、手洗いうがいなどを励行するようにしよう

  • インフルエンザ予防3策

  • 免疫をつけるためにインフルエンザ流行期の2ヶ月前の11月くらいから接種を行います。約7割が発症しなかったり、軽症ですむといわれています。インフルエンザのワクチン効果は、接種の10日後~約1ヶ月後ピ-クとなり、その後効果が薄まりますが、約1年くらい効果が続きます。
    出典 :インフルエンザ潜伏期間|知っておきたい潜伏期間情報
  • 咳・クシャミなどからの飛沫感染を防ぐことはできます。マスク着用は予防だけでなく、インフルエンザ患者がマスク着用により、飛沫感染自体を防ぐことができます。もちろん睡眠や栄養に心がけ、過労や不摂生をさけることが一番大切なことです
    出典 :インフルエンザ潜伏期間|知っておきたい潜伏期間情報
     

    外出自粛も大切なインフルエンザ予防です

  • インフルエンザウィルスは低温・低湿ですと空気中に長く浮遊してしまいます。室内の気温20度以上で湿度50%以上になると、インフルエンザウィルスの生存率が3%程度にまで落ち込むといいます。飛沫核感染を防ぐためには室内の温度・湿度を保つ必要があるのです。
    出典 :インフルエンザ潜伏期間|知っておきたい潜伏期間情報
     

    高温多湿すぎるとカビが湧くので適度に