いじめで傷つけられた子供の心。親はどうしたらいい?

子供がいじめにあったらどうする?どうしたら傷ついた心をケアしてあげられるのでしょうか。実際はとても難しい問題で状況も様々だと思いますが、口コミをまとめました。参考にしてください。

view274

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いじめで傷つけられた子供の心。親はどうしたらいい?

  • いじめの影響(被害者の心)

     

    いじめを放置することによって、自信を失い、劣等感を持ち、人間不信に陥り、自分が小さく汚れたような感覚に支配され、無力感に陥り、成績が下がり、神経症的な症状が現れ、不登校にいたり、さらに長期的な影響が残る子もいます。

  • 一番目に考えなくてはいけないのは、いじめられた子の「心のメンテナンスケア」

  • 一番目に考えなくてはいけないのは、いじめられた子の「心のメンテナンスケア」です。先生に相談して問題を解決しようとするのは2番目3番目にやることです。
    出典 :子育て情報 | うちの子がいじめられた!? その時親は何ができるのか。
  • 子どものペースに合わせる!

  • 親のペースで物事をすすめてはいけません。それは子どものストレスになります。悲しいとき一緒に悲しみ、寂しいときは一緒に寂しがる、子どもの心に寄り添うことで、子どもは温かさを感じます。
    出典 :子育て情報 | うちの子がいじめられた!? その時親は何ができるのか。
  • 子どもを責めるのは×。冷静になり、共感的に会話をする!

  • できるだけ冷静になり『あなたの味方だよ』と共感的に受け止めることが大切です。『つらかったね』『勇気を出して打ち明けてくれたね。ありがとう』と寄り添う言葉、感謝の言葉を伝えてください。
    出典 :子どもの「いじめ」に気づいたらどうすればいい?|ママノート
  • 「子どもが学校に行きたくない」と言ったとき

  • 理由がわからなかったとしても『学校に行きたくない』と言い出すということは、子どもは安心できる場所を求めているということなので、休ませてください。もしも、いじめを受けている場合は、心や体が深く傷つけられているのです。
    出典 :子どもの「いじめ」に気づいたらどうすればいい?|ママノート
  • 「あなたを絶対に守る」と子供に伝える

     

    傷ついている子供に対して「お母さん(お父さん)は、あなたを絶対に守る」ということを伝えてあげてほしいのです。

    親が守ってくれるという宣言は何物にも代えて安心感を子供に与えます。
    この時点で、子供は「報復への恐怖」から「学校には言わないで」といってくることもあります。

    しかし、「いじめがなくなる」まで子供は安心して学校に通うことはできませんので、「絶対に守る」と約束し、ともにいじめと戦う決意をしていただきたいと思います。

  • 親も勇気を持ちましょう!

  • ケースによっては、親が仕返しや事態の悪化を恐れて、行動できないこともあります。わが子が恐喝されていることを知りながら、子どもを守るためにお金を渡し続けていた親もいます。でも、それは子どもを守ることになりません。子どもを守るために親も覚悟して、勇気を持ちましょう。
    出典 :いじめられている子のご両親へ(碓井 真史) - 個人 - Yahoo!ニュース
  • 親に本音が言える環境を築いておく

  • 大切なことは幼少期から、、できるだけ家庭で親に向かって本音でものが言える関係を築いておくことです。それがいじめっこにしないことにも、いじめられっ子にならないことにもなると思います。
    出典 :佐々木正美コラム:響き合う心80 子どもがいじめられているとわかったら -子どもの自尊心を守ることに最善を尽くす-