妊娠中の蕁麻疹には要注意!

妊娠中の蕁麻疹は特に注意をしなければなりません。蕁麻疹が現れた時の対処法などをまとめました。

view999

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の蕁麻疹の原因は?

     

    妊娠中の蕁麻疹が起こる原因は何なのでしょうか?

  • 妊娠中の蕁麻疹に悩まされているという女性達は多いようです。
    妊娠初期くらいに急にポツポツと体中に蕁麻疹が出てきたという経験をされた方もいらっしゃいます。
    蕁麻疹は徐々に体のポツポツが増えていき、それが繋がっていくことがあります。
    症状が広がってきたら、落ち着いて対処をすることが大切です。

  • 妊娠中の女性は、ストレスがたまりやすく、このことが妊娠中にじんましんを引き起こす原因となります。かゆみが気になる場合は、皮膚科専門医の診察を受けるといいでしょう。妊娠中であることを必ず伝えておく必要があります。
    出典 :妊娠中の発症には注意 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]
  • 蕁麻疹が出た時の対処法は?

  • 妊娠中は、皮膚に刺激を与えやすい合成繊維の副や下着の着用は控えて、オーガニックコットンなどの天然繊維の服を着る、柔らかい素材の下着を身に着けるなど、肌ざわりがいいものを着て、お肌を常に清潔に保つことが、じんましんの予防や改善にもつながります。
    出典 :妊娠中の発症には注意 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]
  • 蕁麻疹の症状は?

     

    ポツポツが増えてくる蕁麻疹。
    どのような症状が現れるのでしょうか?

  • 妊娠したすべての女性がじんましんにかかるわけではありませんが、ひとによっては、妊娠中にじんましんが出ることがあります。妊娠中に赤い湿疹が出て、かゆくなることがあります。このようなじんましんのことを妊娠性痒疹と呼びます。とくに、妊娠中、安定期から妊娠後期にかけてよく見られます。
    出典 :妊娠中の発症には注意 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]
  • 保湿クリームを使用すると改善される!

  • 冬の寒い時期などには、お肌が乾燥しやすくなり、かゆみをともなうので、保湿成分の入ったクリームで乾燥を防ぐように注意しましょう。内服薬は、妊娠中に服用してもさしつかえのない薬を処方してもらうといいでしょう。
    出典 :妊娠中の発症には注意 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]
  • 肌を乾燥させないように工夫をすることと、ストレスを溜め込まないようにすることが肝心。
    特に冬は非常に乾燥しやすい季節でもあるので、乾燥対策を徹底して行うようにしてくださいね。

  • 体に無理をかけないことも大切!

  • 蕁麻疹は冬の寒い時期にも、乾燥によって症状がひどくなることがあるようですね。
    あまり痒いからといってかきすぎると、症状がさらに悪化していきます。
    痒みが治まらないという時には、できるだけ保湿クリームを患部に使用をするようにしてください。
    肌が乾燥すると、それだけ蕁麻疹の症状も悪化してくるので、なるべく肌を乾燥させないようにすることが大切でしょう。
    乾燥を防ぐことができれば、それだけ症状も治まってきます。
    症状が治まってくると、蕁麻疹も改善がされていくようになるでしょう。
    ストレスを溜め込み過ぎたり、体に無理をしないように過ごすことがポイントとなるでしょう。

  • アレルギー性の蕁麻疹もある!

  • 対処療法としての治療ではなく、体質を改善するための治療について考えてみましょう。アレルゲンといわれる原因物質が特定されている場合には、体内に抗体を生成することがじんましんを予防する方法になります。この方法で一般的なのは、脱感作療法といわれる治療法です。
    出典 :体質改善による治療 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]
  • 方法としてはアレルゲンを薄めた液体を皮膚内に注射していくという方法が多く使われています。また、免疫だけに限らず、体質改善をするための食事療法を取り入れるなど、総合的な面からアレルギーに強い体にしていくことが大切です。ただし、これらの方法は、確実によくなる、という明確な結果が見えているわけではありません。
    出典 :体質改善による治療 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]