満腹中枢を理解してダイエットをエンジョイしよう

ダイエットに大敵なのは当然のことながら空腹。
この空腹をあまり感じさせなくする方法はいくつかあります。
その方法は満腹中枢の仕組みを理解する事で自然と見えてくるのです!

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 満腹中枢を理解して少ない量でもお腹いっぱい!

  • ダイエットが難しいのは、お腹がすくからですよね。じゃあ、体に「お腹いっぱい!」と思わせれば、つまり満腹中枢を刺激すればいいってわけ。満腹中枢を刺激するポイントは、水分摂取、胃壁拡張、咀嚼回数、血糖上昇、交感神経刺激の5点です
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
  • 満腹中枢5つの刺激ポイント

     

    水分摂取 ・・・・・食前にコップ一杯の水を飲む
    胃壁拡張 ・・・・・低カロリーでカサのある食品を積極的に摂取する
    咀嚼回数 ・・・・・一口30回を目安に咀嚼する
    血糖上昇 ・・・・・ゆっくり食べて血糖値を上昇させる
    交感神経 ・・・・・食前に軽運動、浅早呼吸、芳香刺激をおこなう

  • まず水分摂取。人間は体内の水分が減っても「空腹」と感じます。これは、本能が「食物は水分を含んでいる」ということを知っているからなんです。だから食事の前に水分を飲むと、空腹感がやわらぐんです。
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
     

    まずはコップ一杯の水を飲み干すことで大分空腹が和らぎます

  • 胃壁拡張は、要するに胃の中にものを入れることです。胃がいっぱいになると、満腹中枢が刺激されます。食前の水も、相乗効果になりますよ。キノコ、海藻(モズク、ノリ、ワカメ、ヒジキなど)、こんにゃく、野菜といった低カロリーでカサのあるものを積極的に食べましょう。オオバコも効果的。
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
  • そして咀嚼回数を増やすことも満腹中枢を刺激する要因となります。1口で30回を目安に、しっかり噛む癖をつけましょう。料理のときにも、野菜を大きく切るとか工夫してみて。よく噛むと消化吸収系の内臓が活発に働くので、消費カロリーが増えます。運動や基礎代謝だけでなく、食事でもカロリーを消費するんだって。
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
     

    よく噛むことで集中力アップの効果も期待できます。仕事の合間の昼食には意識してみてください

  • 満腹中枢をもっともよく刺激するのは、血糖値の上昇です。低血糖になると「お腹がすいたな」と感じて、食べはじめると血糖は徐々に上がって、20分ぐらいたってから満腹中枢が刺激されます。つまり最初の20分で焦らず、ゆっくり食事をおこなうことで、少ない量でも満足できるってことなんですね。
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
     

    食事は20分かけて食べるのが満腹中枢を刺激するポイントです

  • 最後のポイントは自律神経にあります。自律神経は、ダイエットに深く関わってきます。自律神経には、交感神経と副交感神経と二つのチャンネルがあります。昼間に活動しているときは交感神経、夜に休止モードになると副交感神経が働きます。
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
  • 満腹中枢=脳をコントロールすれば食べ過ぎない!

  • 食べ過ぎてしまえば太ってしまう。そんなことはわかっているけれどついつい食べ過ぎてしまったり、食欲をコントロールするのって難しい旺盛な食欲をストップさせてダイエットを成功させたいですよね
    出典 :ダイエット中なのに食欲が我慢できない|満腹中枢をコントロールするコツ
  • お腹がすいたな・・・とか、お腹がいっぱいになったな・・・とか
    食欲って、胃ではなく脳がコントロールしているんですよね。脳の中の満腹中枢によって、食欲は決まってくるんですよ。食事をすると食物が体内で消化、吸収されて血液中のブドウ糖が増えます。
    出典 :ダイエット中なのに食欲が我慢できない|満腹中枢をコントロールするコツ
  • 血糖値が上がったというシグナルが満腹中枢に送られて食べるのをストップしなさい!と体に指令をだす。反対に食事をしてから時間がたつと、血糖値が下がったというシグナルが送られ空腹だから食べなさい!という指令が体に送られる。これがバランスよく行われることで食欲はコントロールされています
    出典 :ダイエット中なのに食欲が我慢できない|満腹中枢をコントロールするコツ
     

    食欲を抑制してくれる満腹中枢とは血糖値が密接に関わっているのです

  • 意外なものが満腹中枢を刺激してダイエット効果を生み出す!

  • 満腹中枢をもっとも刺激するのは血糖値の上昇です。ズバリ、ダイエットの天敵の《甘いもの》が空腹を手助けしてくれるのです!

     

    意外ですが、甘いものは血糖値を早く上昇するため、食事に20~30分も取れないというかたは始めに例えばチョコレートを一かけ食べてから食事をすると満腹感を早く得られるのです。
    また、ダイエット中の空腹には、甘いものを少しずつ採ることで血糖値が上がったまま一定に維持されるため脳を騙し、空腹になりません。

  • 仕事中に空腹になったらまず、甘いものを少しずつ取るようにします。しばらくすると、空腹を感じなくなり、また仕事に没頭することが出来ます。
    出典 :満腹中枢を上手くコントロールして美Bodyを手に入れよう! | 女子力アップCafe Googirl
     

    取りすぎては無意味になってしまいますので取りすぎには気をつけてくださいね。