日焼けケアしたけど焼けちゃった…秋に美白美女になる方法!!

海に山にプールに! 楽しいレジャーでついつい忘れてしまうのが、日焼け止め。そこで今回のテーマは「ついつい日焼けしちゃった時のアフターケア」です。焼きたくないのに、うっかり焼いてしまった方は必見です。

  • pocca 更新日:2014/08/26

view109

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日焼けしちゃった肌には、正しいケアをしましょう!!

  • ~ 簡単! 日焼けアフターケア ~

  • 日焼けはやけどですから、皮膚に過度な刺激を与えず、とにかく冷やす事が重要です。

    初動が大切ですから、早めのケアをオススメします。水ぶくれや皮がベロベロに剥けるような中度以上の日焼けの場合は、一刻も早く皮膚科医に相談してください。

  • 海水浴楽しかったけど…日焼けしちゃったら…

  • 1. 冷やす
    氷嚢やアイスノン、無ければ冷水で冷やしたタオルを日焼けした箇所にあてます。日焼けをして半日から一日後が最も炎症がおこりやすいので、それまでにしっかり冷やす事が大切です。

  • 2. 水分補給
    惜しみなく使える安価な化粧水をやさしくパッティングして、普段の3~5倍入れ込みます。手でピタピタとパッティングするよりも、コットンでやさしくクルクルしてあげる方が肌表面の凹凸に左右されず、まんべんなくしっかりと化粧水が浸透します。

  •  

    日焼けした2、3日後にはメラニン色素が大量に増え、肌が黒くなる

  • ↑ これはメラノサイトというメラニン色素を活性化させる細胞が炎症により刺激されて起こる現象です。しっかり水分補給をして、お肌を沈静させましょう。

  • 保湿は、マスクが大活躍

     

    1.保湿の際のポイントは、保湿成分を肌に確実に届けること。
    2.お手入れ後も肌を絶対に乾燥させないことです。

  • フェイスマスクやコットンに滴るくらいのローションをしみこませ、肌にのせ、5~10分、そのままで放置。

  • ~ 日焼けのここが怖い ~

  • 肌ダメージが蓄積されてメラニンの排出が鈍ると、肌細胞の老化が始まり、

    「しみ・しわ・たるみ」といった3大老化現象のトリガーとなります

  • 新陳代謝が良く、ターンオーバーがスムーズであれば日焼けも恐くありません。

    今からでも遅くはありませんから、日ごろから肌のターンオーバーを意識して、しっとり潤いのある美肌ケアをしておくといいです。

  • Ⅰに保湿! Ⅱに保湿!! ⅢⅣがなくて、Ⅴに保湿!!

  • 美肌になるためにも、美白になるためにも、やっぱり大切なのは、保湿です。

  • 美容液よりすごい威力!ヒルドイドローションの威力とは?

     

    ヒルドイドローション0.3%の作用と効果について

    皮膚の保湿作用があり、皮膚の乾燥性症状を軽くします。また使用部位の血行を促進し、血行障害に基づく痛みや腫れを軽くします。
    通常、皮脂欠乏症、指掌角皮症、凍瘡、瘢痕・ケロイドなどの治療に用いられます