「心不全」とはどんな病気???

「心不全」ってよく耳にしますが、いったいどんな病気なのでしょうか?
今回は心不全についてご紹介したいと思います!

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心不全

  • 心不全とは

     

    心不全とは色々な合併症から
    心臓に負荷がかかり
    最終的に行き着くところになるのです
    心不全になる前に何とかしたいものですね

  • 心不全は、心臓の機能が著しく低下して、体が必要とする血液を送れなくなった状態です。心筋梗塞や狭心症、心臓肥大、拡張型心筋症、心臓肥大などの心臓病は直接的な原因となり状態が悪化すれば最終的に行きつく所は心不全です。
    出典 :【心不全とは】 - +心臓病
     

    心不全になってしまってからじゃ遅いのです
    出来る事から未然に防ぐこともとても大切な事だと言えるでしょう

  • 加齢に伴って増える病気で、また生活習慣病でもあります。
    出典 :慢性心不全 - goo ヘルスケア
  • どんな病気?

  • 突然心臓機能が低下して激しい胸痛に襲われたり失神した場合「急性心不全」と呼ばれることもあります。しかし心不全は、心疾患や血管障害など何らかの心臓に関するトラブルを抱えている人に起こりやすい状態です。
    出典 :【心不全とは】 - +心臓病
  • 原因

  • 急性心筋梗塞(しんきんこうそく)と高血圧がよくみられる原因です。拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)や弁膜症(べんまくしょう)も原因になります。 拡張型心筋症はどの年齢でもみられますが、高齢者で増えています。 弁膜症は、虚血性(きょけつせい)心疾患や動脈硬化に伴って起こるものが増えています。
    出典 :慢性心不全 - goo ヘルスケア
  • 症状

  • 主な症状

     

    脚のむくみ等が主ですが
    どのような症状が出るのでしょうか
    色々な症状の中に危ない症状が
    あるのですが、わかっている物は
    ありますでしょうか

  • 足のむくみ、息切れ、疲れやすい、咳、等ですが他の疾患でもみられるものが多くあります。
    左心側のポンプ機能に心不全が起こると、血液を送り出す機能が低下する為肺うっ血から、呼吸困難やぜんそく、胸水貯留、浮腫、血の混じった痰といった症状が表れます。
    出典 :【心不全とは】 - +心臓病
     

    血の混じった痰がでてしまうと焦りますよね
    この呼吸困難になると即入院ともなりかねません

  • 「疲労感」「倦怠感」「食欲不振」「尿の量が減少する」などが起こります。
    「手足のむくみ」」肝臓の腫れ」「体重の増加」「たんぱく尿」などの症状が現れます。
    出典 :心不全の症状
  • 心不全の症状として、典型的なものは、「息切れ」です。
    息切れは、最初は、運動時だけに起こりますが、進行につれ、安静時
    にも起こってきます。
    出典 :心不全の症状
  • 全身に血液がうっ滞する右心不全の症状として、足を中心とするむくみが現れ、体重が増加します。むくみは夕方強くなり、靴がきつくなることで気づくことがあります。
    出典 :慢性心不全 - goo ヘルスケア
     

    足のむくみに気付いたら要注意ですね!

  • こんな人はかかりやすい!!

  • たばこや不規則で偏った生活習慣等心臓の機能を低下させる生活習慣を長年送っていた人は、年齢に関わらず心不全を起こしやすいのです。これには、糖尿病、メタボ、高血圧、高コレステロール、高脂血症などの人が当てはまります。
    出典 :【心不全とは】 - +心臓病
  • いったん症状が治まっても、過労、ストレス、暴飲暴食、薬剤の中断、かぜなどで症状が悪化することがよくあります。
    出典 :慢性心不全 - goo ヘルスケア