アイプチ感覚でとっても簡単!整形で二重にしてみる?

整形で二重にする方法は様々です。
その中でもアイプチ感覚でできるのが「埋没法」。
この「埋没法」についてまとめてみました。

view249

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アイプチ感覚ってホント? 整形で二重にするなら一番人気だという埋没法とは?

  • 埋没法は、二重まぶたのプチ整形手術として知られており、メスを使わない上、手術時間も10分程度と短時間なので、美容整形が初めての方に人気がある方法です。
    出典 :埋没法
     

    「整形」なのに手術時間が10分とは驚きですね。
    アイプチ感覚で手術を受ける人がいる、というのもわかるような気がします。

  • 埋没法は、メスを使わずに短時間で二重まぶたにすることができる二重術です。二重専用のH・I針と、髪の毛よりも細い医療用の糸を使用し手術を行います。細くてしなやかなため切れる可能性は少なく生体との反応も安定している糸です。二重のラインとなる皮膚の部分をまぶたの内側から留めるだけなので、傷も見えず、抜糸の必要もありません
    出典 :埋没法による二重整形について|大塚美容形成外科・歯科
  • 手術は、髪の毛より細い特殊な糸を使って、まぶたの裏側から二重まぶたのヒダを作りたい線にそって2ヶ所留めるだけ。施術時間は、両目合わせてわずか10分程度で終了します。麻酔をするので術中の痛みは少なく、メスを使わないので術後の腫れもわずか。手術当日から、洗顔もシャワーもOKです。
    出典 :二重まぶた・埋没法 : 二重まぶた・目もと : 美容整形の高須クリニック
  • 埋没法とは、二重まぶたを作る方法ですが、切開せず、皮膚の中に糸を数本埋め込むことで、皮膚と瞼板か筋肉を結ぶやり方です。

    皮膚と瞼板を結ぶ方法を、瞼板法、皮膚と筋肉を結ぶ方法を拳筋法とよんでいます。
    出典 :埋没法を徹底解明!
  • 埋没法のメリットは?

  • 見える範囲の皮膚にはほとんど傷跡が残らず、自然な仕上がりのため、周囲の人に気付かれる心配が少なくて済みます。料金も切開法(全切開、小切開)に比べリーズナブルで、ダウンタイムも短いため、人気の高い治療法です。
    出典 :埋没法(二重形成)とは~口コミ&体験談もあり!-目・目元・二重形成
  • 腫れが少なく、ダウンタイムも不要

     

    埋没法の最大のメリットがコレ。
    術後の腫れが少ないのでその日のうちから顔も洗えちゃう!

  • 縫い留めてあるだけなので、万が一仕上がりが気に入らない場合は、元に戻すこともできるので安心です。
    出典 :二重まぶた・埋没法 : 二重まぶた・目もと : 美容整形の高須クリニック
  • 腫れも少なく、傷も時間が経つにつれ消えていくので、短期間に通常の社会生活に戻れるという大きな利点があります。
    出典 :埋没法を徹底解明!
  • 埋没法のメリット
    ・傷が残らず、気に入らなければ早い段階なら元に戻すことも可能
    ・術後の腫れは少なく、翌日から洗顔・化粧・入浴ができる
    ・コンタクトレンズは、早ければ翌日から使用できる
    出典 :埋没法
  • 知っておきたい、埋没法のデメリット

  • 癒着が取れてしまうと、元に戻ってしまう可能性もあり、1年以内に戻ってしまう場合や、数年後に戻ってしまう場合など、その期間は様々です。

    つまり、埋没法で絶対に取れない二重まぶたは作れません。
    出典 :埋没法を徹底解明!
  • クリニックやドクターの技術にもよりますが、数年後、高い確率で、二重が消失しまいます。特に、多くのクリニックが低料金で行っている1点留め(クイック法)などは、5年後には50%程度の方が一重に戻ってしまうと言われています。
    出典 :埋没法(二重形成)とは~口コミ&体験談もあり!-目・目元・二重形成
     

    埋没法の効果が維持できるのが5年で50%というのは驚きです
    とはいえ、やはりリーズナブルで取り掛かりやすいというのが人気の理由のようですね

  • 埋没法で使う糸が緩んでしまう

     

    埋没法は糸でまぶたと筋肉を結ぶ方法。
    その糸が緩んでしまうと、一重に戻ってしまうことも・・・

    もちろん、必ず戻るわけではなく、糸が緩むまでの間に二重の癖がついていれば糸が緩んだあとも二重が維持されることもあります

  • 埋没法のデメリット
    ・二重まぶたが元に戻ることがある
    ・脂肪の多い人でも、脂肪を取ることはできない。
    ・皮膚のたるみが強い時、きれいな二重になりにくい。
    出典 :埋没法
  • 糸は医療用であるといっても人間の体にとっては所詮「異物」です。糸の掛け方によってはこの異物が体にさらに悪影響を及ぼすことになるのです。
    出典 :二重まぶた手術 埋没法
  • 進歩している、埋没法

  • 最新の埋没法は、まぶたの筋肉と皮膚を糸で固定し、まぶだの裏に糸を通さないので、麻酔も従来の半分で済み、より安全になりました。

    また、脂肪が多く腫れぼったいまぶたの方には、針穴から余分なまぶたの脂肪を取って、糸で留める最新の埋没法もあります。
    出典 :埋没法