誰にでも簡単にできる耳の洗い方を紹介☆これで耳を綺麗に・・・

耳の洗い方って、どうすれば良いか分からないときがあります。変にやると、耳に炎症が起きてしまうと不安です。そんな不安が取れる耳の洗い方を教えます。

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 耳の洗い方~☆

  • 耳は定期的に洗ったほうが良いと聞きます。耳は、人の声や色々な音を聞く大切なところなので、いつも綺麗にしておきましょう。そのために、耳の洗い方を覚えておきましょう。誰にでも出来ると思います。

  •  

    シャワーで泡を流すときは、耳栓をするようにしましょう。そうすれば、耳に水が入ることが無くなります。耳栓は、耳を洗う時に必須アイテムとなります。

  • 耳の洗い方のポイント~☆

  • 耳の裏側は入浴や洗髪のときに、泡立てた石けんを指につけて洗います。耳の正面は形が複雑で耳の穴に水が入らないか、心配という方も多いと思います。タオルや綿棒などで耳の穴のまわりや耳の上の凹凸を優しくぬぐうようにするといいでしょう。
    出典 :ピアス穴の消毒は逆効果! 正しい耳の洗い方「裏側、正面、耳の穴で分けるのがポイント」 | 「マイナビウーマン」
     

    優しくぬぐうことがポイントです。

  • 耳の洗い方ですが、ざっとお湯をかけて終わりにするのではなく、よく泡立てた石鹸で軽く包んでから、耳の穴にお湯が入らないように洗い流しましょう。
    出典 :正しい耳の手入れ
     

    泡立てることがポイントですね。

  • 耳の洗い方は、ポイントを踏めば大丈夫です。まず、優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシ洗ってしまうと、耳が痛くなってしまいます。そして、石鹸はしっかりと泡立てましょう。その方が綺麗に洗えます。

  •  

    洗顔は、顔を傷つけないように優しく洗うと思います。耳を洗う時もそれは同じです。優しく丁寧に洗いましょう。

  • 耳の洗い方で気をつけること~☆

  • 綿棒を入れるときから耳あかに触っていると、耳の奥に耳あかを押し込んでしまうこともあるので注意してください
    出典 :耳掃除注意報発令! 耳かきで鼓膜をこすってしまっている人が意外と多い事実 | 「マイナビウーマン」
     

    耳あかに気をつけましょう。

  • 2センチ位綿棒を挿入すると、『急に大きなガサガサ音がする』という方が少なからずいらっしゃいます。それを大抵の方は、『大きな耳あかがあるようだ』と思われているようです。しかし、それは『大きな耳あか』ではなく、鼓膜を直接触っている可能性が高いです。
    出典 :耳掃除注意報発令! 耳かきで鼓膜をこすってしまっている人が意外と多い事実 | 「マイナビウーマン」
     

    1から1.5センチがポイントです。2センチ以上入れないように気をつけましょう。

  • 耳の洗い方で気をつけることはありますが、これさえ気をつければ簡単に耳を掃除することが出来ます。時間がある時に、じっくりと洗うことが大切です。耳を洗う時間を作ると、良いでしょう。

  •  

    あまり悩みすぎないで気楽に行きましょう。耳の洗い方のやり方を覚えれば、きっと出来るはずです。もし、心配ならば耳鼻科に行ってみるのも良いと思います。悩みすぎる必要はありません。