鉄分をとって健康になろう!

鉄分は貧血を防ぐ成分です。
今回は、鉄分と健康について紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/21

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鉄分と健康について

  • 鉄分は、血液などに使われており体にとって非常に大切な成分です。
    そのため、しっかり鉄分を生活の中でとらなくてはなりません。
    今回は、鉄分の健康について紹介します。

  • 鉄分は、体の中におよそ4gあります。
    意外と少なく感じますが、十分な量です。
    普段は7割の鉄分が機能しており、
    残りは補給用にまわされます。

  • 鉄分不足になると・・・

  • 鉄分不足になると、体に色々な症状が現れます。
    代表的なものは貧血ですが、
    体がだるいことや風邪にかかりやすくなります。
    なので、いつまでも抜けない体のだるさが鉄分不足だったなどということもあります。

  • 鉄分をとる

  • いざ鉄分をとろうと思ってみても一日どれくらい取ればよいのか分かりません。
    では、なんmg毎日とればよいのか?
    それは、成人の場合は、7~6mgです。
    これは体内の鉄分よりも量が多いです。
    なぜこんなに量が多いのかと言うと、鉄分の吸収率8%と、とても低いためです。
    そのため、7mgとっても0.56mgしか体は吸収しません。

  • 鉄分の多い食品

  • 鉄分が多い食品はレバーです。
    中でも、豚のレバーは多く100gで13mgです。
    なので、豚のレバーを積極的に食べると良いでしょう。
    また、二番目に多いものはとりのレバーで、
    9mgです。

  • 鉄分の多い食品と聞くと、プルーンを思い浮かべる人が多いと思いますが、
    プルーンは、実一つで約0.1mgです。
    なので、毎日プルーンで鉄分をとるには、何十個ものプルーンを食べなくてはなりません。

  • おわりに

  • 鉄分は不足しないようにしっかり管理してとりましょう。