「ニキビ跡の赤みが治らない!」悩んでいるあなたに読んでほしい★ニキビ跡改善方法

なかなか治らないニキビ跡の赤みに悩んでいませんか?
赤くなったニキビ跡はメイクで隠すのも大変です。
どうしてニキビ跡の赤みが起こるのか、
どうしてニキビ跡の赤みが治らないのか。
ニキビ跡の赤みが起こるメカニズムから、改善方法まで詳しくご紹介していきます。

view298

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもニキビ跡の赤みってどうして起こるの?

  • ニキビ跡は肌の表面に赤みが出てくる物です。ニキビ自体は、白い物、黒い物等様々ですが、そのニキビが綺麗に治らず炎症を起こす為、ニキビ跡は赤くなってしまうのです。
    出典 :ニキビ跡と赤み
     

    できてしまったニキビを正しくケアしないと、炎症を起こしてニキビ跡が赤くなってしまうんですね。

  • 基本的に赤み・赤ら顔の正体は血液で、その現象の構造は、
    「血管が拡張している」か、「表皮が薄い」のいずれか、または
    両方と、イメージしてください。
    出典 :ニキビ・ニキビ痕・敏感肌などによる赤み・赤ら顔はどうすればいいのか?
  • ニキビ跡の赤みには3つのタイプがあります

  • ①肌の内部で炎症が起こっているタイプ

     

    お肌の表面だけ見るとニキビは完治しているように思えますが、実はお肌の内部を覗くと炎症がまだ残っていることがあります。
    特に赤ニキビや化膿してしまったニキビの場合は炎症がお肌の奥まで行き渡り、ニキビ自体は治っても炎症が続いている場合があるのです。
    このようなお肌の内部で続く炎症が、お肌表面にまで赤くなって現れてしまいます。

  • ②ニキビ周辺の毛細血管がうっ血しているタイプ

     

    ニキビの炎症によって、その周りにある毛細血管の流れが悪くなることがあります。
    すると毛細血管内で血液が溜まり、それが赤みとしてお肌の表面に現れてしまいます。
    特に赤ニキビや化膿してしまったニキビの場合、起こる事が多いです。

  • ③ニキビの炎症でメラニンが生成されているタイプ

     

    私たちのお肌は外部からの刺激を受けるとメラニンを生成して、お肌を守ろうとします。
    この場合はニキビの炎症からお肌を守ろうと、メラニンが生成されてしまいます。
    後に生成されたメラニンが色素沈着し、ニキビ跡となってしまうのです。

  • ニキビ跡の赤みはどうやったら治るの?

  • ニキビ跡の赤みはニキビとは違うのでニキビ用のケアをしても効果は期待できません。
    ニキビ跡の赤みを改善するための方法をマスターしてみましょう!

  • ニキビ跡の赤みを早く治す方法は、
    ずばりターンオーバーを促進させることです。
    出典 :ニキビ跡の赤みを早く治す方法? | ニキビに良い食べ物&悪い食べ物一覧.com
     

    お肌の生まれ変わり=ターンオーバーを促すことで、ニキビ跡の赤みが改善できます。

  • お肌の【ターンオーバー】って何?

     

    私たちのお肌は上から
    ・角質層
    ・顆粒層
    ・有棘層
    ・基底層
    の順で成り立っています。
    中でも基底層は最もお肌の奥にある層で、新しい細胞が作られる場所です。
    基底層で作られた新しい細胞は、上にある古い細胞を押し上げるようにして、お肌の表面まで上がっていきます。
    すると最もお肌の表面にある角質層の古い細胞は、垢として剥がれ落ちます。
    お肌が新しく生まれ変わるこの一連の流れは、28日周期で行われ【ターンオーバー】と呼ばれています。

  • 健康なお肌のターンオーバーは”28日周期”

     

    お肌のターンオーバーは
    ・加齢
    ・生活習慣
    ・ストレス
    ・睡眠不足
    ・ホルモンバランス
    など様々な原因で滞ってしまいます。

  • 充分な【睡眠】がお肌のターンオーバーを促します

     

    お肌は私たちが寝ている間に修復されたり新しく生まれ変わったりしています。
    つまり毎日充分な睡眠が取れていないと、お肌の生まれ変わりができずニキビ跡の赤みも一向に改善されないのです。
    よく「22時〜2時の4時間はお肌のゴールデンタイム」だと言われますよね。
    理想はこの時間にしっかり睡眠を取りたいものです。
    夜22時に寝るのは難しい!という方は、睡眠の質を重視して充分な睡眠時間を確保してあげましょう。

  • 【食事】でお肌のターンオーバーを促しましょう

     

    日々の食事もお肌のターンオーバーと密接に関係しています。
    ・たんぱく質
    ・ミネラル
    ・ビタミン類
    はお肌のターンオーバーを促してくれます。
    バランスの取れた食事を心がけて、お肌のターンオーバーを促す栄養素を積極的に取り入れていきましょう。

  • 適度な【運動】も必要です

     

    運動とニキビ跡の赤みに何の関係があるの!?と疑問に思うかもしれません。
    実は適度な運動をすることで新陳代謝がよくなり、お肌のターンオーバーも促進されるんですよ。
    またストレスが原因でお肌のターンオーバーが滞っている方は、運動することでストレス解消が期待でき、滞っていたターンオーバーもスムーズになります。
    あくまでも「適度」な運動ですので、いきなりハードな運動をするのは避けましょう。

  • 【紫外線対策】も忘れずに

     

    紫外線はシミやソバカスの原因になるだけでなく、お肌のターンオーバーを乱してしまいます。
    夏場だけでなく一年中紫外線は降り注いでいます。
    日焼け止めクリームや日傘などを使って、紫外線を徹底的に防ぐようにしましょう。

  • 【保湿】でお肌を乾燥させないように

     

    乾燥したお肌ではお肌のターンオーバーも上手く行えません。
    そして乾燥したお肌は、新たなニキビを作る原因にもなってしまいます。
    保湿力の優れたスキンケア用品を使って、常に潤ったお肌を維持したいですね。

  • 【ビタミンC】が配合された化粧品を

     

    ビタミンCには、お肌の新陳代謝を高めターンオーバーを促進する働きがあります。
    また、炎症を抑える働きももっています。
    ビタミンCは美しいお肌にとって欠かせない存在なので、ビタミンCが配合された化粧品を使ってスキンケアしてあげましょう。

  • 【お化粧】をしっかり落としましょう

     

    私たちのお顔を綺麗に見せてくれるお化粧も、しっかり落とさないとターンオーバーを邪魔してしまいます。
    お化粧を落とさずに寝るなんて言語道断!
    お化粧したまま寝るということは、汚れた雑巾を顔に乗せて寝るのと同じことです。
    お化粧が残らないように、丁寧なクレンジング・洗顔を心がけましょう。

  • 定期的に【ピーリング】を取り入れて

     

    古い角質を剥がしてくれるピーリングは、お肌のターンオーバーの促進にも効果的です。
    但しピーリングはやり過ぎてはいけません。
    またニキビの炎症が酷いときもオススメできません。
    お肌の状態を見ながら、週に1回程度を目安に行ってお肌のターンオーバーを促してあげましょう。

  • ニキビ跡の赤みを改善するには、お肌のターンオーバーを促すことが1番の近道です。
    お肌のターンオーバーは様々な原因から滞りがちですが、毎日の習慣をちょっと意識するだけで滞ったターンオーバーも促進することができます。
    なかなか治らないニキビ跡の赤みにお悩みの方は、是非日々の生活を見直してお肌のターンオーバーを促してあげましょう。