母子手帳はいつもらえる?どこでもらえる?母子手帳にまつわる疑問まとめ☆

母子手帳はママにもお腹の赤ちゃんにも大切なもの。妊娠が分かったらいち早く手元に欲しいものですよね!母子手帳はいつもらえるのか、どこでどうやってもらえるのか。母子手帳にまつわる疑問をまとめています☆

view274

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母子手帳が持つ役割

  • 母子手帳の目的は妊産婦や乳幼児の健康を保護することです。
    出典 :母子手帳交付手続
  • 母子健康手帳が便利なのは妊娠、出産、赤ちゃんの成長、予防接種などの記録が一冊の手帳にまとまっていることです。
    出典 :母子手帳交付手続
  • ママと赤ちゃんの健康を守る手帳

     

    母子手帳はママと赤ちゃんの健康を保護するための手帳です。
    妊娠中から出産後までを記録できる母子手帳。
    お子さんが大きくなってもなお、記念として残せるものです。
    ここからは母子手帳にまつわる疑問と、その答えをご紹介します☆

  • Q1、母子手帳はいつもらえるの?

  • 母子手帳は基本的に妊娠が分かったらいつもらいに行っても構いません。
    出典 :いつもらえるの? - 母子手帳navi
  • 自治体によっては病院から妊娠届をもらってくるように指定されているところもあります。
    出典 :母子手帳の交付と申請手続き 母子手帳はいつもらえるの?
  • A.妊娠が分かったらいつでもOK

     

    基本的に妊娠が分かっていればいつでもOKです。
    しかしお住まいの市区町村によって異なる場合がありますので、事前に電話などで確認してみましょう。

  • Q2、母子手帳はどこでもらえるの?

  • 現在住んでいる市区町村(住民登録のあるところ)からもらえます。
    出典 :母子手帳の交付と申請手続き 母子手帳はいつもらえるの?
  • 多くの場合は保険センターか市役所の窓口などでもらうことができます。
    出典 :どこでもらえるの? - 母子手帳navi
  • A.住所登録がある保健センターor市役所など

     

    住民票がある市区町村の保健センターや市役所の窓口などでもらえます。
    しかし自治体によっては配布日が決まっていたり、時間が決まっている場合もあります。
    お住まいの自治体に電話で訪ねたり、HPを見て確認してみましょう。

  • Q3、母子手帳はどうやったらもらえるの?

  • 母子手帳の交付を受けるには、診察した病院で出される妊娠届出書が必要になります。
    出典 :母子手帳交付手続
  • 地域によっては自治体に直接本人(または代理人)がもらいにいく、医療機関の診断書がいらない「自己申告制」の場合もあります
    出典 :母子手帳交付手続
  • A.「妊娠届」が必要です

     

    病院からの妊娠届出書が必要な自治体と、自己申告で交付してもらえる自治体があります。
    せっかく足を運んだのに書類が足りない!となっては二度手間です。
    やはり事前にお住まいの自治体へ確認することをオススメします。

  • Q4、母子手帳の交付は本人(ママ)じゃなきゃダメ?

  • 母子手帳の手続きは必ず本人でなければいけないわけではなく、代理人が受け取りにいっても構いません。
    出典 :手続きの仕方 - 母子手帳navi
  • 誰が提出に行く場合も、身分証は忘れずに持って行きましょう。
    出典 :母子手帳の交付と申請手続き 母子手帳はいつもらえるの?
  • A.ママ以外でもOK

     

    ママ本人が行けない場合は、パパでも他の家族でも交付してもらえます。
    但し、書類の記入が必要になるため事前に確認することと、本人確認書類を忘れずに持って行きましょう。

  • Q5、母子手帳と一緒に交付されるものは?

  • 母子手帳の交付手続きを行うと、母子手帳だけでなく他に様々なものが一緒に交付されます。交付されるものについてはお住まいの自治外によって異なるようです
    出典 :母子手帳と一緒に交付されるもの - 母子手帳navi
     

    自治体によって異なるため、ほんの一例として見て頂けると幸いです。

  • A."妊婦健康診査受診票"

     

    妊娠検診には保険が適用できません。
    そのため妊婦健診の基本検査や血液検査が無料になったり一部助成されたりする補助券が頂けます。
    各自治体によって内容が異なるため、母子手帳交付の際に合わせて確認しておきましょう☆

  • A.母親(両親)学級への無料参加やパンフレット等

     

    各市区町村が開催する母親学級もしくは両親学級に無料で参加できる案内や、妊娠中のアドバイスなどが記載されているパンフレットが一緒に交付されます。

  • A.妊娠中の無料相談のご案内

     

    妊娠中は不安なことだらけ!
    そんな時は市区町村から委託を受けている助産師や保健師に無料で相談することができます。
    訪問指導をしてもらえる場合もあります。

  • A.出生通知票

     

    母子手帳の中に添付されている自治体もあります。
    また、別ではがきを交付される場合もあります。
    赤ちゃんが生まれてから、すみやかに必要事項を記入して保健所に送りましょう。
    新生児訪問や乳幼児健康診断、予防接種の案内や指示を受けることができます

  • A.父子手帳

     

    母子手帳だけでなく父子手帳が交付される自治体もあります。
    妊娠中のママをどのように支えるといいか、父親になるための心構えとは、など父子手帳を通して様々なことを学ぶことができます。

  • Q6、母子手帳はどんな時に必要なの?

  • 母子手帳は出産や子育ての過程で自治体のサービスを受ける際に必要になります。
    出典 :母子手帳交付手続
  • A.出産、定期検診などで必要です

     

    ・出産で入院するとき
    ・定期健診を受けるとき
    ・公的サービスを受けるとき
    ・育児手当を受けとるとき
    ・出産後の乳幼児健診・予防接種を受けるとき
    などに必要です。

  • Q7、もし母子手帳を失くしたら?

  • 万が一、母子手帳を紛失したり盗難にあったりした場合でも再発行してもらう事は可能ですので安心してください。
    出典 :母子手帳の紛失と再発行 - 母子手帳navi
  • A.再発行してもらえます

     

    母子手帳は再発行してもらえます。
    しかし一緒に交付された受診票などは再発行してもらえない場合があります。
    すると妊婦検診の費用が全額負担となってしまいますので、出来る限り失くさないよう注意しましょう!

  • まとめ

  • 母子手帳はママと赤ちゃんの記録です

     

    母子手帳にまつわる疑問とその答えをまとめてみました。
    是非これから母子手帳を交付してもらうママの参考になると幸いです☆