ダイエット中の人は必見!満腹中枢を刺激するあれこれ

ダイエットの大敵は食べ過ぎてしまうこと、空腹を我慢できないことなどの、食事制限が上手くいかない事が挙げられると思います。
この食事制限をコントロールするのが満腹中枢です。
満腹中枢をうまく刺激する事によって食事制限のコントロールは容易となるのです

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 満腹中枢とは?

  • 満腹中枢は間脳の視床下部にあり、満腹感を起こさせる発信源。
    脳内では神経伝達物質のセロトニンが分泌され、満腹中枢に作用して満腹を感じるというプロセスをたどる。
    出典 :満腹中枢とは?~刺激する方法など | ダイエットで痩せる方法とコツ
  • 満腹中枢は脳の視床下部にある器官で、食事で満腹を感じるためにある。満腹中枢は、食事して血糖値が上がるのを感知して、体に必要なエネルギー量かを判断する。「これ以上は不要」と判断した場合は、食欲が止まって満腹を実感する。
    出典 :【満腹中枢】食事して満腹を感じるためにある器官 | ダイエットSlism
     

    満腹中枢が血糖値上昇を感知するまで20分程度かかるので、咀嚼回数を多くしてゆっくり食事をすることが、過食による肥満を防止することにつながります

  • 血糖値の上昇を感知するまでには、約20分かかる

  • 噛むという行為によって「満腹中枢」が刺激されて「おなかいっぱい」という指令が出ます。しかし、満腹中枢から指令が出るのは食べ初めておよそ20~30分後。それくらいは食事の時間を確保しないといけません。
    出典 :早食いを止めるべき理由は「満腹中枢の刺激」と「血糖値の急上昇」! | 外食ダイエットバイブル
  • 食べ物を摂取すると、血液中にブドウ糖が増えて、血糖値が上昇する。 満腹中枢は、血糖値の上昇を感知することで、体にとって必要なエネルギー量か否かを判断する。これ以上のエネルギーは不要」と判断すると、脳の命令で食欲がストップし、食べ物の摂取量が適量にコントロールされる。
    出典 :満腹中枢とは?~刺激する方法など | ダイエットで痩せる方法とコツ
  • 食べ物を摂取しても、すぐに血糖値が上昇して、満腹中枢がそれを感知するわけではない。 満腹中枢が血糖値の上昇を感知するには、約20分の時間を要すると言われている。血糖値の上昇を満腹中枢が感知しないと、いわゆる「お腹が一杯になった」という感覚を得ることができない。
    出典 :満腹中枢とは?~刺激する方法など | ダイエットで痩せる方法とコツ
     

    満腹中枢が働く20分より前に早食いをしてしまうと食べ過ぎるになります

  • 早食いで大食いな人は、ゆっくり食事して肥満予防を

     

    早食いは太るという説があるが、これにも満腹中枢の性質が大きく関係している。
    早食いは、血糖値上昇の情報が満腹中枢に届く前に、つい過剰な量を食べてしまいがちなので、結果として太ることにつながる。ただし早食いでも少食という人は、この法則に当てはまらない。

  • つまり、15分でどんぶり飯をかきこむようなことは、血糖値の急激な上昇を促し、1番ダイエットによくないのです。食べる順番を意識して、ゆっくりとご飯を食べることで、血糖値の上昇を緩やかにする。満腹中枢の話よりもダイエットに重要だと思います。
    出典 :早食いを止めるべき理由は「満腹中枢の刺激」と「血糖値の急上昇」! | 外食ダイエットバイブル
  • 満腹中枢をきちんと働かせて、食べ物の過剰摂取や過剰摂取が原因の肥満を防ぐためには、咀嚼回数を多くするなどできるだけ時間をかけて食事をするのが良い。
    出典 :【満腹中枢】食事して満腹を感じるためにある器官 | ダイエットSlism
     

    よく噛んで食べれば消化にも良いので胃腸の負担もへります

  • 咀嚼も満腹中枢を刺激する

  • 咀嚼によって咀嚼筋が刺激され、それが脳内にヒスタミンの分泌を促し、満腹中枢を刺激する。ヒスタミンはレプチンと同じように、食欲の抑制だけではなく、白色脂肪細胞にも働きかけて脂肪の分解と燃焼を促す。
    出典 :満腹中枢とは?~刺激する方法など | ダイエットで痩せる方法とコツ
     

    よく噛むことによって脂肪分解も促進するためにダイエット効果も期待できます

  • ヒスタミンには、とくに内臓脂肪を減らす作用がある。そのため、メタボリックシンドロームを自覚している人は、意識して、よく噛んで食べることが大切。よく噛めば消化がよくなるので、よりいっそう血糖値が上昇する。
    出典 :満腹中枢とは?~刺激する方法など | ダイエットで痩せる方法とコツ
  • 満腹感には血糖値だけではなく、咀嚼もかかわっている。

     

    そのため、よく噛まないで、飲み込むようにして食べる人は、なかなか満腹感を得られないことに。麺類を食べることが多い人は、要注意。通常は消化して、血液中にブドウ糖が流れるまで(血糖値が上昇するまで)に20分程度かかる。
    そのため食事は20分以上かけて、ゆっくりと食べることが推奨されている。
    しかし実際には、よく噛んで食べることによって、20分を待たずとも、早い段階で満腹中枢が刺激される

  • ちなみに誤解されている方が多い事実としては、「胃が小さいからおなかいっぱい」になる事はありません。胃とは伸縮をするものですので、けっこうな大きさまで伸びます。「自分は胃が大きいから食べ過ぎてしまう」・・・と思っている方、その思い込みは捨てましょう。「満腹」だと指令が出ていないからお腹が満足していないだけです。
    出典 :早食いを止めるべき理由は「満腹中枢の刺激」と「血糖値の急上昇」! | 外食ダイエットバイブル