2014年!「今年のインフルエンザ」は何が来る!?

今年のインフルエンザは何型がくるのでしょうか?流行を見ておきましょう!予防にしっかりと役立ててくださいね 

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今年のインフルエンザは

  • 今年2014年のインフルエンザはA型に加えてB型も多いようですね
    出典 :2014年のインフルエンザはB型も多い?その症状は?
     

    今年はB型にも対策が必要という事でしょう

  • 流行を知る事で

     

    どのようなインフルエンザが流行るかわかりますよね。そのおかげで予防が出来るのです。型に合わせて予防は難しいかもしれませんが、特徴がつかめているのとつかめていないのとでは大分違うのですよ。今回はB型が広がるという事なので注意点を挙げておく事にしますね

  • 毎年流行を繰り返す

  • A型とB型は毎年流行を繰り返すだけでなく、感染した際に症状が重くなることが多いのも特徴です。大規模な流行も懸念されることから、ワクチンでの予防対策が重要といえます。
    出典 :influenza.jp | トピックス
  • B型は2年に1度の割合でこれまで流行を繰り返してしましたが、ここ2.3年では、毎年流行する傾向がみられています。昨年はA/H1N1が約0.8%・AH3N2が約80%・B型が約19.2%の割合で流行しましたが(日本臨床内科医会調べ)、実は一昨年にもB型が流行しており、今年も油断はできません。
    出典 :influenza.jp | トピックス
     

    油断大敵です!対策をしておこう

  • 風邪とは違う

  • インフルエンザと通常のかぜと風邪の症状は、比較的似ていて風邪と思って過ごしてしまう人も少なくありません。のど・鼻などの症状が出てくる前に、急な発熱(38度以上の高熱)や倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状が出た場合は、インフルエンザに感染したと言えるでしょう。
    出典 :今年のインフルエンザ症状と対策
  • インフルエンザは通常のかぜよりも症状が重く、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすこともあり、体力のない高齢者や乳幼児などは命にかかわることもあります。
    出典 :今年のインフルエンザ症状と対策
  • B型とは

  • A型に比べると比較的毒性は弱く、重症化する可能性も低いと言われています。そして、B型はA型とは違って人間にしか感染しないそうですね。さらにはB型にかかったあとにA型にかかったり、その逆もありでインフルエンザは一度かかったから安心ということはないんだそうです。
    出典 :2014年のインフルエンザはB型も多い?その症状は?
  • インフルエンザB型の症状としては、やはり発熱や咳、のどの痛みなどのカゼ症状のようです。でも、熱は微熱程度ということもあるんだそうです。しばらく体がだるくて、カゼだと思っていたのに治らないので医者に行ったら、インフルエンザB型だった、という話もちらほら聞きます。c
    出典 :2014年のインフルエンザはB型も多い?その症状は?
  • B型は

     

    症状がわかりにくいのです。見て頂いた通り風邪と酷似しているためと言われています

  • B型に感染した場合にはA型よりも高熱を出しにくい傾向にあるためにインフルエンザとは思われず、ただの風邪だと放置されるケースがあり、注意が必要です。またB型の方が、消化器症状がでやすい傾向にあるようです。さらに、しばしば小児にみられる二峰性発熱は、B型に感染した際に起こりやすいといわれています。
    出典 :influenza.jp | トピックス
  • 適切な薬で治療した場合、B型はA型よりも解熱までの時間が長く、1.5~2日程度がめやすとなります(A型は1日程度)。これより熱が長引く場合には、合併症の可能性もありますので、医師に相談しましょう。また薬で解熱しても、ウイルスが消滅したわけではなく、感染力を持ち続けています。
    出典 :influenza.jp | トピックス
     

    B型は体内のウイルス残日数が長い事が多いので注意してくださいね