目頭の腫れの痛みは涙嚢炎が原因かも!涙嚢とは?

目頭の腫れの痛みを感じた時、原因として考えられる病気に涙嚢炎があります。
涙嚢炎には、慢性涙嚢炎と急性涙嚢炎があります。
それぞれどんな症状が表れるのでしょうか?
また、そもそも涙嚢はどこにあって、どんな働きをしているのでしょうか?

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目頭の腫れの痛みの原因

  •  

    まずは、目と涙について説明します。
    涙は、目尻の上側にある涙腺という部分で作られて目頭に向かって流れていきます。
    この時、少量の涙は蒸発しますが、そのほとんどが目頭側に流れていくのです。
    目頭側にある涙点は、涙を流すための穴です。
    この穴から涙嚢という涙をためておくための袋を通り、鼻涙管へと流れていきます。
    このような目の働きから、通常は涙が溢れることはありません。
    しかし、悲しいときや嬉しいときなどは涙の分泌量が増えるため、流れきれない涙が目から溢れてしまいます。

  • 上記で説明した涙嚢が何らかの原因で詰まってしまうと、そこに細菌が感染してしまい炎症が起きます。
    原因となる菌は、緑膿菌やブドウ球菌が多いようです。
    このような涙嚢の炎症が目頭の腫れの痛みの原因です。
    このような病気は、一般的には涙嚢炎と呼ばれています。
    涙嚢炎は、急に症状が表れる急性涙嚢炎と慢性的に症状が表れる慢性涙嚢炎があります。
    それぞれ、どんな特徴があるのでしょうか?

  • 慢性涙嚢炎
    涙目を不潔にしてほうっておくと、慢性涙嚢炎になります。
    出典 :涙道の病気 / 病気と症状 病気を知る
     

    涙目は、目に涙が多く溜まった状態です。
    前述したように涙は目尻から目頭へと流れていますが、涙目になっている場合にはなんらかの異常があると考えられます。
    異常があるのにもかかわらず症状を放置してしまうと、慢性的な涙嚢炎になってしまいます。
    症状としては、涙だけでなく目やにも多くなります。
    また、目頭を押すと涙嚢に溜まった膿が涙点から出てくることが特徴です。
    このように慢性涙嚢炎にならないためには、涙目の症状が表れた時点で何らかの治療を行うことが大切です。
    たかが涙目なのであまり生活に支障が出ることはありませんが、早めに眼科で治療を受けましょう。

  •  

    慢性涙嚢炎になってしまった場合、涙嚢内の洗浄や抗生物質の服用で一時的に症状を抑えることができます。
    しかし、この治療法は涙嚢の詰まりを解消するものではないため、根本的な原因が解決したことにはなりません。
    このようなことから、慢性涙嚢炎の治療では手術が行われることが多いようです。
    その方法は2つで、まず1つ目は涙嚢の摘出手術です。
    そして2つ目が、涙嚢から鼻腔に繋がる道を新たに作ることです。
    たかが涙目だからと症状を放置してしまうと、このような手術になり兼ねません。

  • 急性涙嚢炎は、慢性涙嚢炎がすでにあり、細菌が周囲の組織に出てきて、急性の激しい炎症を起こしたものです。
    出典 :涙嚢炎の症状と治療法
     

    慢性涙嚢炎にかかっている場合は、急性涙嚢炎にも気を付けなければなりません。
    症状は慢性涙嚢炎とは異なり、目頭の腫れの痛みの他にも目の充血、発熱、顔半分の腫れにも発展します。
    このように症状が広範囲に及ぶことから、涙嚢周囲炎とも呼ばれています。
    症状を放置すると自然治癒することが多い病気ですが、急性涙嚢炎になったことによって涙嚢から新しい涙の通り道ができてしまう危険性が高いようです。
    そのため、目頭の腫れの痛みの症状を感じたらすぐに治療を受けることをお勧めします。

  • 治療方法は、抗生物質の内服や注射を行い、膿瘍があるときには切開して膿を出します。
    出典 :若葉眼科病院 涙に関する主な疾患
     

    このような治療を行うことで、急性涙嚢炎から慢性涙嚢炎へと症状が落ち着きます。
    慢性涙嚢炎になったら、前述した慢性涙嚢炎の治療である摘出手術や新しい道を作る手術を行うことで症状が改善されます。

  •  

    赤ちゃんは、先天性の原因から急性涙嚢炎になることがあります。
    このような場合は早急に治療を行う必要があるでしょう。
    赤ちゃんは泣くことが多いため、涙目の症状に気付きづらいかも知れません。
    泣いた後でもないのに涙目になっている場合には涙嚢炎の可能性があるため、赤ちゃんの様子を細かくチェックすることが大切なのです。