学習障害。内容・特徴。一体どんな障害?

どんな病気か。Learning Disabilities, LD=学習障害。特徴。

  • S 更新日:2014/05/19

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 学習障害って、どんな病気?

  • ともに、子どもの発達段階の早期、主に幼児期に明確になってきます。明らかな知的遅れ( 精神遅滞せいしんちたい)がないのに、学習面のある特異な領域に明らかな遅れが認められることを総称して、特異的発達障害といいます。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    どんな病気かについて。以下に続きます。

  • 特異な領域とは、言葉の表現や理解、文字を書くこと、文字を読むこと、計算すること、運動することなどで、遅れはそれらのひとつ、あるいは複数の領域にわたります。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    どんな病気かについて。以下に続きます。

  • 遅れを示す主な領域によってそれぞれ、言語発達障害あるいは発達性言語遅滞、発達性 書字しょじ障害、発達性 読字どくじ障害、発達性計算障害、発達性協調運動障害などと呼ばれています。多くの場合、単に学習面の特異な遅れだけではなく、多少なりとも対人関係上の問題や行動上の問題も認められます。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    どんな病気かについて。上記の続きです。

  • 学習障害

  • 学習障害のスペルは、Learning Disabilities, LD

  • 学習障害(がくしゅうしょうがい、Learning Disabilities, LD)は、複数形で表記されていることからも分かるように、単一の障害ではなくさまざまな状態が含まれる。医学、心理学、教育学の分野にまたがって研究が進められ、それぞれで若干概念が異なっている。
    出典 :学習障害 - Wikipedia
     

    学習障害(がくしゅうしょうがい、Learning Disabilities, LD)について。以下に続きます。

  • バランス感覚を欠き、身体の協調運動の困難を合わせ持つ子も多いため、リハビリテーション医学の分野でも研究が行われている。イギリスでは、学習障害看護(Learning Disability Nursing)という学習障害の当事者やその家族を支援する専門分野が、看護学の中に立上っている
    出典 :学習障害 - Wikipedia
     

    学習障害(がくしゅうしょうがい、Learning Disabilities, LD)について。上記の続きです。

  • 学習障害(LD)の特徴。

  • LD(学習障害)という言葉は、一部の専門家や研究者が使う専門用語から、学校や教育関係者のあいだで広く使われる教育用語に、そして最近では、一般の人々の会話にも登場する日常用語としても目にするようになってきました。
    出典 :全国LD親の会(JPALD) LD(学習障害)とは?
     

    学習障害の特徴について。以下に続きます。

  • LDと呼ばれる子どもたちの特徴をひとくちで説明するのはなかなかむずかしいのですが、「LDとは、知的発達に大きな遅れはないのに、学習面で特異なつまずきや習得の困難をもつ子ども」ということができます。それは知的な発達全体の遅れからではなく、認知発達の部分的な遅れや偏りから起こります。
    出典 :全国LD親の会(JPALD) LD(学習障害)とは?
     

    学習障害の特徴について。以下に続きます。

  • ここでいう認知とは、子どもが見たり、聞いたり、さわったり、運動をしたりするとき感じるさまざまな刺激を、脳の中に取りこむ高次な知的働きを指します。推理や思考等も認知過程の一部です。
    出典 :全国LD親の会(JPALD) LD(学習障害)とは?
     

    学習障害の特徴について。上記の続きです。

  • 乳幼児期での症状。

  • ↓乳児期での症状↓

  • 生後半年くらいはほとんど異常が認められないことが多く、お母さんなどのあやしかけによく反応し、よく甘えていたということが多いようです。しかし、通常、人見知りやあと追いがみられる時期になってもそれがみられず、誰にでもすぐなつき、愛想がよいといわれたりします。
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    逆に、簡単な身ぶりなどをしても、なかなかのってこない。というようなこともあります。

  • ↓幼児期早期での症状↓

  • 幼児期早期は、発語が遅れる事が多く、聴覚障害の疑いがもたれる事もありますが、話し言葉以外の音の刺激には反応する為、聴覚障害は否定されます。話し言葉の理解はよくても発語がうまくできなかったり、相手の話におよその見当つけて反応しますが、実際は正確に指さしができなかったり、意思を言葉で表現できなかったり
    出典 :言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    幼児期早期の、症状について。