妊婦の食中毒リステリア菌の恐怖!流産や死産の危険性

view333

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦の食中毒なんてありえない!そう思ってもかかるときはかかるのです。しかも普通の食中毒ではなくリステリア菌という菌を体内に摂取するととんでもないことに。

  • 妊婦の食中毒の怖い話

  •  
  • 家族の安全のために...

     
  • 妊婦の食中毒で注意するのはどんな菌なの

  •  
  • リステリア菌

     
     

    リステリア症の潜伏期間は1-3週間(3日-70日)だそうです。

  •  
  •  
  • 妊婦の食中毒どうしたら安全なの?

  • まずは、リステリアにかかっている食べ物を口にしないことです。

  • リステリア菌は特に気をつけなければいけないのですが、だからといって普通の食中毒は大丈夫かというとそういうわけではありません。食中毒になっても妊婦は漢方薬くらいしか処方されずほとんど自然治癒を待つばかり、その間に母胎の体力は弱り、栄養もとれなくなってしまいます。どんな食品であれ、生ものや、そのまま食べる加工食品に手を出すのではなく一度は加熱した物を口にするように気をつけましょう。

  •  
  •  
  •  
  •