やってみて!「浮き輪肉を落とす」方法のご紹介!

中々落ちない浮き輪肉を落とす方法をご紹介します。気になっている人も多いそうですよ。

view166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 意外と多い!?

  • 「腰肉を落としたい」という声にお応えします。腰周りから下半身にかけての脂肪は、子宮をはじめとする大切な器官を守るためにつくもの。女性にとって、ある程度は必要なものなのです。でも…蓄えすぎると、「浮き輪肉」やら「洋ナシ体型」、果ては「土偶体型」など、なんとも屈辱的な呼称で括られてしまう憂き目に…。
    出典 :浮き輪肉を落とす!腰周りダイエット決定版|モテ子BEAUTY
     

    必要なものと分かっていても、なんとかしたいですよね。

  • 背中からお尻にかけてつく腰肉は女性の身体構造上、他のパーツより「つきやすい」もの。その上厄介なことに、日常生活で動かすことが少ない部位であるがために「定着しやすく落ちにくい」脂肪でもあるのです。内股や片足重心、長時間のデスクワークなどで骨盤に開きや歪みが生じてしまうと更に下半身太りしやすいので気を付けて。
    出典 :浮き輪肉を落とす!腰周りダイエット決定版|モテ子BEAUTY
     

    女性は特にきにしないといけない部分ですね。

  • 気が付いたら・・・

     

    画像のようになってしまった・・・結婚を境にどんどんと太って・・・妊娠をきっかけに。。。などなど色々な人が色々な原因でこの浮き輪肉と戦っている事になるわけですね。

  • 揉み出しマッサージ

  • まず血流を促進してあげることが大切。運動不足や締め付けの強い下着(矯正下着など)により血行不良に陥るケースが多いので、当てはまる方は改善しましょう。血流UPだけでなく、老廃物や蓄積したセルライトの揉みだしに有効なのはお風呂などでのマッサージ。意外と手が疲れますが、毎日根気よく続けることが大切です。
    出典 :浮き輪肉を落とす!腰周りダイエット決定版|モテ子BEAUTY
     

    浮き輪肉を落とすにはまずマッサージからでも良いかも!?

  • 1.腰肉を親指と残り4本の指でつまむ。(両手を使いましょう。)2.つまんだお肉を一か所10回程度揉む。「右手で上に、左手で下に」と上下交互に脂肪を動かしましょう。3.気になる部分を全て10回ずつ揉んだら、手のひらを使って下方に脂肪を流して完了!
    出典 :浮き輪肉を落とす!腰周りダイエット決定版|モテ子BEAUTY
     

    深部の老廃物まで押し流すという意気込みでおこなうようにしましょう。

  • 簡単エクササイズ

  • 超簡単なのに、ぷに肉に効く実力派エクササイズをご紹介します。テレビを観ながら、家事の合間に、ぜひ試してみてくださいね。(1)床に四つん這いになり、股関節を開くようにして床と水平に右足を上げます。(2)そのまま後ろへ向かってキックするようなイメージで伸ばし、元に戻します。(3)左足も同様に、左右10回ずつ行います。
    出典 :一日30秒でOK!驚くほど簡単な「腰のぷに肉」を落とすテク
     

    このエクササイズも効果が出るかも!?

  • 温め、意識して動かすことで、腰回りのぷに肉に変化が見られるはずです。水着もパンツもOKなスッキリボディを手に入れちゃいましょう。
    出典 :一日30秒でOK!驚くほど簡単な「腰のぷに肉」を落とすテク
     

    ここが重要です。

  • ドローインでもOK

  • ドローインというのは「お腹を凹ませる」という意味で、お腹を背骨にくっつけるイメージで息を目一杯吐き切り、腹筋を働かせるという特にお腹のインナーマッスルを鍛えるのに効果的な呼吸法です。
    出典 :お腹のたるみを引き締める-30代からのたるみ改善ガイド/部位別に詳しく解説!
  • ● 口から目いっぱい息を吐きだす● お腹がぺちゃんこになるまで全部吐ききる● 吐き切ったときに息を止め、肛門を引き締めるとなお良し● 鼻から目いっぱい息を吸う● お腹に手を当ててお腹が膨らむのを確認する(はじめのうちだけでOK!)
    出典 :お腹のたるみを引き締める-30代からのたるみ改善ガイド/部位別に詳しく解説!
  • ということを繰り返すだけ。立っていても、椅子に座っていてもどんな姿勢の状態でも行うことができるので、運動する時間がないとかジムは高くていけないとかそんな人でも今日、いまからでもはじめることができます。ドローインを知ってしまったら最後、もう言い訳はできないということです。^^
    出典 :お腹のたるみを引き締める-30代からのたるみ改善ガイド/部位別に詳しく解説!
  • ドローインを行う場合は

     

    背筋をまっすぐ伸ばした状態で胸を張る姿勢が基本となるのです。ウォーキングなどの有酸素運動を合わせる事も出来るそうなので、生活に取り入れてみるのも良いかもしれませんね。