めざましTVで紹介!その痒みの原因、汗疹じゃなくて「汗荒れ」だった!

夏に暑い日が続いてしまうと汗荒れが起きてしまうことがあるため、その原因を理解してください。
汗疹だと思っていたのが、実は汗荒れだったということはよくあります。
どのような原因があり、対処するためにはどうしたらいいのかを理解しましょう。

view3948

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 汗荒れって何?

  • 最近、メディアで汗荒れが話題になることが増えています。
    汗荒れとは、汗をかいたときに、それが蒸発して、皮膚に残ってしまった塩分やアンモニア成分などが肌を刺激してしまうことです。
    これによって、肌に炎症が引き起こされてしまい、かゆくなってしまうのが主な特徴となっています。
    悪化すると、何年も治らないことがあるため、甘く見てはいけない症状です。
    特に女性の方の場合は脇の汗が原因となっているケースが多いです。
    一番多い部位としては、首の周りであり、他にもお腹に生じてしまうことがあります。

  • 首周りをはじめとして、さまざまな部分にかゆみが生じたり、赤くなってしまうことがあります。
    このような状態を見つけた時には汗荒れを疑ってみるとよいでしょう。
    特に皮膚の薄い部分や肌が乾燥している部分になりやすいとされています。
    もちろん、体質によりなりやすさは大きく異なり、どんなにたくさん汗をかいたとしても汗荒れにならない人もいます。
    肌の弱い方や乾燥肌の方は要注意です。

  • 汗疹(あせも)との違いは?

  • あせもは汗荒れと勘違いされることが多いのですが、これらはまったく別の症状です。
    あせもというのは、汗を出している管がつまってしまうことによって生じます。
    汗がきちんと排出されなくなってしまうため、赤いぶつぶつができてしまったり、水ぶくれになってしまうのです。
    あせもは特にかゆみを生じないのですが、汗荒れの方はかゆみがあります。

  • 汗疹の原因は・・・

     

    夏などに、汗を大量にかくことで発症します。

  • 汗荒れは・・・

     

    急に、大量に汗をかかなくても、少し汗ばむくらいで発症してしまうんです。

  • 汗荒れの予防と対策

  • 汗荒れを予防するための方法として、汗をきちんと拭きましょう。
    こまめに汗を取り除くことによって、汗荒れになってしまう原因を除去することができます。
    特に夏場は服を選ぶ時には通気性を重視することによって、汗がきちんと蒸発しやすくなるようにしましょう。
    首周りに襟のあるものを着るのは避けた方がよいです。
    お風呂に入る時には、肌を刺激しないために柔らかいタオルを使ってください。

  • 汗荒れを防ぐための効果的な方法として、皮膚が乾燥してしまうのを防ぐことが大切です。
    風呂あがりには、きちんとクリームやローションを肌につけることによって、乾燥を防ぎましょう。
    特に皮脂の少ない部分に重点的につけるようにしてください。
    スキンケアを重視した成分が含まれているものを選びましょう。

  • 汗荒れを避けるためには、乾燥肌を改善することが大切です。
    現在、乾燥肌で悩んでいる方は、真剣に今の肌の状態を改善するための行動を開始させましょう。
    きちんとスキンケアをして、保湿剤を塗るようにしましょう。
    また、乾燥肌が酷い時には病院で診察を受けて、どのようにすれば乾燥肌を改善させることができるのかアドバイスを受けましょう。

  • もし汗荒れになってしまい、症状がひどくなってしまった場合は自分の力だけで治そうとするのではなくて、医者の力を借りることをおすすめします。
    すぐに病院へ行って、きちんとした治療を受けることが大切です。
    早めに治療を開始することによって、治りが早くなり、重い症状が生じてしまうのを防ぐことができます。

  • 体の洗い過ぎは逆効果!

     

    汗やほこりはお湯だけで十分。汗荒れかなというあなた。ナイロンタオルとかでごしごししてませんか?