蓄膿症の原因と治療法

蓄膿症はかなりの方がなっているともいわれる病気です。
自分は違うと思っていたら意外に診断されてビックリするケースも。
原因と治療法を知ってしっかり治しましょう!

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蓄膿症

  • 風邪・花粉・カビなどの原因により、鼻の入り口の鼻腔が炎症しその症状が長引くと、
    鼻の奥の副鼻腔に炎症が起こります。

    さらに、副鼻腔の炎症が長引くと炎症部分に膿(うみ)が発生。この状態が3カ月以上続くと慢性副鼻腔炎、
    いわゆるちくのう症(蓄膿症)と呼ばれます。
    出典 :蓄膿症について知りたい|チクナイン - 蓄膿症・慢性鼻炎を治す|小林製薬
     

    蓄膿症は誰でもなりやすい病気でもあるのです

  • 副鼻腔と言うのはとても深い部分にあり、膿が蓄積されていると鼻水が出にくい状態となるので
    膿を排出するのが難しく、炎症によって頭痛が起きたりする事があります。





    蓄膿症の膿を排出させるためには必ず耳鼻科を受診して薬を服用しなければならないので、
    自分で何とかして膿を排出するのは不可能だと思ってください。
    出典 :蓄膿症と膿
     

    自分で何とかできるものではないのですね。。。

  •  

    放っておくと生活に影響がでてきます

  • 原因

  • 副鼻腔炎の原因は、細菌(風邪の後に生じることが多いです)、真菌(カビの一種です)、アレルギー性鼻炎(ハウスダストやダニ、花粉などが原因です)、虫歯など様々です。 その原因によって治療方針が異なりますので、原因にあった治療が必要です。また、年齢によっても治療方針が異なります。

    【こんな症状の場合は注意!】
    1. 鼻水
    2. 鼻づまり
    3. 頭痛、顔面痛
    4. 鼻の中に悪臭を感じる
    5. 匂いがわかりずらい(嗅覚低下)
    6. 鼻水がのどに落ちる(後鼻漏)
    7. 痰や咳
    出典 :副鼻腔炎|くさの耳鼻咽喉科
     

    風邪を引いた後なども注意しなければならないのですね

  • 症状

  • 風邪をひいたあとにいつまでも鼻汁が出たり、鼻がつまる。あるいは、鼻炎か花粉症と思っていたら粘り気のある鼻汁になって、ノドにひっかかる感じがする…もし、そんな症状がみられたら、慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)の可能性があります。
    出典 :長引く「慢性副鼻腔炎」に注意を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    風邪のあとだから仕方ないと思ってはいけないのです

  • 蓄膿症になると、
    1.息がしにくくなります。
    2.夜寝ていると異常に口が渇きます。たまにイヤ~な臭いを感じることも。
    3.汚い鼻水がドロ~っと出たり、鼻の奥から喉に流れたりします。(後鼻漏)
    4.ドロ~とした膿が鼻の奥とも喉とも分らない所に付着し中々出ません。
    5.匂いがわからず、味もよくわかりません。
    6.猫背になりやすくなります。
    7.頭痛や頭が重く、思考力が弱くなります。顔面痛がすることもあります。
    8.治療せずに放っておくと歯茎の痛みがでることもあります。
    9.滲出性中耳炎・中耳炎などを併発することもあります。
    10.症状が最悪になると「あとは手術しかない~」ということも…
    出典 :蓄膿症治療の漢方はコレ《漢方を症状から選薬》
     

    最悪になると手術も???
    それは大変です。。

  •  

    こんな症状でていませんか?
    あなたは大丈夫??

  • 頭痛を生じることが多い

  • 蓄膿症による頭痛は、特に「痛む場所」と「頭痛に伴う症状」に特徴があります。

    蓄膿症による頭痛の症状の特徴は、次の通りです。

    •頬骨や鼻と目の間、目の奥にも痛みが生じる
    •頭痛が始まった時に鼻水・鼻づまりが同時に起きている
    •下を向くと頭痛がひどくなる

    頭痛がおきた時に、これらの点と一致している場合には、蓄膿症による頭痛である可能性があると考えられます。蓄膿症による頭痛は、早期に治療を開始することで、比較的早く治療を完了することができます。
    出典 :蓄膿症による頭痛の症状の3つの特徴と治療方法 | iGotit
     

    あなたの頭痛はこんなふうに起きませんか?

  •  

    その頭痛の原因は蓄膿症かも?

  • 治療法

  • ちくのう症(蓄膿症)かな?と思う症状が出たら、まずは、耳鼻科で診察を受けましょう。

    病院では膿(うみ)を吸引したり、鼻の中に薬を吹きつける処置が行われます。鼻の奥の副鼻腔まで届くように、薬剤を霧状にして口と鼻から吸入するネプライザー治療も一般的です。また、炎症をおさえるために、抗生物質など飲み薬が処方される場合もあります。
    出典 :蓄膿症の予防・治療|チクナイン - 蓄膿症・慢性鼻炎を治す|小林製薬
     

    耳鼻科に行くことが最も必要です

  • 蓄膿症の治療を行い始めると、鼻水や痰が沢山出てきて不愉快だと言う人もいますが、
    これは副鼻腔に蓄積された膿が排出されている証拠なので、良い事だと捉えてしっかりと鼻をかんだり痰を出す事に集中してください。





    繰り返し鼻水や痰で膿が出てくれば、蓄膿症の症状も当然改善されてきますし、頭痛に悩まされる事も無くなります。
    出典 :蓄膿症と膿
     

    出すことが大切なのですね!

  •  

    蓄膿症を知ってしっかり改善していきましょう