【妊娠初期】ビタミンAは怖くない!

妊娠初期のビタミンA、取りすぎは注意と言われているものの、一体何が問題なのでしょうか?妊娠中のママが知っておきたいビタミンAの疑問をまとめてみました。

view145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビタミンA、実は摂取しないのも問題!

  • 妊娠初期のビタミンAの過剰摂取は注意、とは言われているものの、実は摂取しないこともお腹の赤ちゃんに影響をを及ぼします。
    ビタミンAを含んだ食材、摂取しても問題ないポイントとは!?

  • ビタミンAってどういうもの?

  • どういう食材に含まれているの?

  • 妊娠中に気をつけることの一つとして挙げられる、ビタミンA。
    ビタミンAって、どういう効果があるんでしょうか?

  • ビタミンAの効果には、皮膚や髪の健康を保つ、夜盲症、視力の低下を防ぐ、呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつける、生殖機能を維持する、成長を促進するなどがあります。
    出典 :【ビタミンA】 - 食品と過剰摂取
  • 生命活動に欠かせない栄養素ですが、一体どんな食品に含まれているのでしょうか?

  • 多く含まれる食品には、鶏レバー、豚レバー、うなぎ、モロヘイヤ、春菊、にんじんなどがあります。
    出典 :【ビタミンA】 - 食品と過剰摂取
  • 普段の食事に普通に登場する食材にもビタミンAが含まれています。一体ビタミンAの何が問題なのでしょうか?

  • 脂溶性ビタミンと言って、油に溶ける性質を持っているので、排出されにくく大量に摂ると余った分が体内に蓄えられてしまうんです。
    出典 :第3回 妊娠中、摂りすぎてはいけない栄養素はありますか?|大塚製薬
  • ビタミンAは摂取すればその分体内に残り、排出されない。それが問題の一つのようです。

  • 過剰摂取が招く、お腹の赤ちゃんへの影響

  • お腹の赤ちゃんに及ぼす恐るべき影響とは!?

  • 妊娠12週までにビタミンAを連日15000 IU以上摂取すると、水頭症や口蓋裂等、胎児奇形発生の危険度がビタミンA摂取量5000 IU未満の妊婦に比して、3.5倍高くなると報告されている。
    出典 :ビタミンA - Wikipedia
  • また逆に、摂取しないことも問題のよう。

  • 一方で欠乏した場合は未分化性の胎児奇形(単眼症など)のリスクが生じる。
    出典 :ビタミンA - Wikipedia
  • 摂取する量が多くても少なくてもお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすビタミンA。一体どのように摂取すればいいのでしょうか?

  • ビタミンAを摂取するポイントとは?

  • 意外に簡単!気をつけるべき点とは?

  • そもそも、ビタミンAが体内に残り、排出されないことが問題。

  • ビタミンAには、動物性食品に含まれる「レチノール」と、野菜など植物性食品に含まれている「ベータカロチン」の2つがあります。
    出典 :第3回 妊娠中、摂りすぎてはいけない栄養素はありますか?|大塚製薬
  • ビタミンAの過剰摂取は主に動物性由来のビタミンA(レチノール)が問題となる。
    出典 :ビタミンA - Wikipedia
  • では、食物性食品に含まれている「ベータカロチン」は、体内に残らないのでしょうか?

  • 緑黄色野菜に多く含まれる「ベータカロチン」は、体内で必要な分だけがビタミンAに変化するので、過剰症を引き起こすことはないと思います。
    出典 :第3回 妊娠中、摂りすぎてはいけない栄養素はありますか?|大塚製薬
  • では、どういった摂取方法が問題となるのでしょうか。

  • 鶏のレバーは100 g中47000 IU、豚のレバーは100 g中43000 IU、うなぎの蒲焼100 g中5000 IU等は、ビタミンA(レチノール)が大変多く入っている為に注意を要する食材である。サプリメントでも同様の事が言える。
    出典 :ビタミンA - Wikipedia
  • 毎日大量にレバーやうなぎを食べ続けなければ、ビタミンAの過剰摂取とはならないようです。ただ、サプリメントを摂取している人は注意が必要!ビタミンAが含まれていないか、確認して下さいね。

  • これでビタミンAは怖くない!

  • ビタミンAが妊娠初期のママには問題となるものの、サプリメントやレバーやウナギなど、大量摂取しない限り心配はいらないようです。緑黄色野菜はビタミンAも豊富ですが、植物性のビタミンAは摂取しても問題ないよう。
    知っておくことで、妊娠中のビタミンAとも上手に付き合っていけそうですね。