美容に良い食べ物で、若々しさを保ちましょう

美肌・美容に効果がある食べ物で、美肌を保ちましょう。特に効果があるとされる食べ物をまとめてみました。

view220

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毎日の食生活が美肌を作る

  • 美容を促進するには毎日の食事バランスに
     よって決まります。しかし、ただ食べる
     だけではなく栄養バランス・食べる時間帯・
     量などを考えないで間違えた食べ方をして
     いると、美容はもちろん健康にも悪影響
     です。
    出典 :��e�ɗǂ��H�ו�
     

    体を作るのは「食事」「運動」「睡眠」
    食事は美容にとても大切な要素です。
    お肌に良い食事をこころがけましょう。

  • 美肌に良いとされる食べ物

  • お肌によいとされている美容フードはたくさんあるため、実際にどんな物を食べればよいのか迷うこともあるのではないでしょうか?
    出典 :お肌にいい食べ物10選 - ネタりか
  • 肌と髪の美容にワカメ
    肌をきれいにするレバー
    髪の毛や肌を綺麗にするひじき
    シワ、肌あれを防ぐきゅうり
    美肌にオリーブ
    美肌に効く椎茸(しいたけ)
    肌の美容にウニ
    美肌に 梨(なし)
    美肌をつくる納豆
    美肌によいトマト
    美肌に効果のあるアボガド
    肌のつやを良くするピーナッツ
    出典 :美肌効果のある食べ物
  • わかめ、ひじき

     

    ワカメには、ヨウ素、カルシウム・カリウム・亜鉛など海洋ミネラル成分が豊富に含まれています。
    また、ミネラルが多く、腸の老廃物を取り除くとともに、血液をきれいにします。また毛髪をよくする成分もあり、肌や毛髪をきれいにします。

    お肌にも髪にも良いわかめやひじきを摂りましょう。

  • レバー

     

    レバーのレチノール・ビタミンB2・鉄分が皮膚 の新陳代謝を高め皮脂の分泌を整える働きをします。
    レバーに含まれているビタミンAは、皮膚や粘膜のビタミンとも言われています

  • きゅうり

     

    きゅうりは最も栄養価が低いとされていますが、ビタミンCを含んでいて美肌効果が期待されます。
    また、きゅうりの汁も化粧水に使われてきました。皮膚の水分を補って、シワ、肌あれなどを防ぐ効果があり、肌をなめらかにします。

  • オリーブオイル

     

    オリーブ油の中で一番高価といわれるのが、バージンオイルと呼ばれる、実から一番先にとった油です。肌あれにはこのオリーブのパックがよく効きます。

  • うに

     

    ウニはビタミンAを豊富に含んでます。
    皮膚の新陳代謝を活発にして、うるおいのある肌を保ちます。

  • 椎茸(しいたけ)

     

    椎茸に含まれているビタミンB群の効果が美肌、貧血に効きます。
    ビタミンB1は整腸を促して便秘を治し、血液循環をよくして肌をきれいにします。
    ナイアシンという成分が肌荒れを防ぎ、かぶれやすい体質の人にもよく効きます。

  • 納豆

     

    納豆は、植物性のタンパク質と脂肪、ビタミン、ミネラルなどがバランス良くそろっていて、皮膚を美しく保ってくれます。

    ビタミンB2は、美容ビタミンと言われ、皮膚の色やつやを良くし、肌あれをなおします。

  • トマト

     

    トマトを食べると、皮膚に適度の水分を与え、うるおいを保ちます。
    これはクエン酸やリンゴ酸がビタミンAやCとともに作用し、皮膚の新陳代謝を促し、皮膚をいきいきとさせるからです。

  • なし

     

    梨(なし)の生食を続けると、肌荒れ防止に良いとされています。

    梨の特徴的なあのシャリシャリ感は「石細胞」という結晶成分。
    胃では消化されず、腸を適度に刺激することで便通の改善につながるのだそうです。
    さらに整腸作用の高い「ソルビトール」や、高血圧防止成分としても知られる「カリウム」も含まれていることから、美と健康に梨はかなり効果的といえそう。

  • ピーナッツ

     

    ピーナッツに含まれているビタミンB1は、炭水化物の代謝を促進します。また血液の循環をよくすることで新陳代謝をさかんにして肌のつやを良くします。

  • アメリカの美容健康情報サイト「Total beauty」が、ニューヨーク臨床皮膚外科学会の会長デビット・バンク氏を招き、お肌によい10の食べ物があると発表しましたので、今回はそれをご紹介いたします。

    お肌によい10の食べ物とは?
    <アボカド>
    <じゃがいも>
    <マンゴー>
    <カッテージチーズ>
    <きのこ類>
    <牡蠣>
    <アーモンド>
    <アマニ油>
    <小麦胚芽>
    <アセロラ>
    出典 :お肌にいい食べ物10選 - ネタりか
  • アボガド

     

    抗酸化作用のあるビタミンE、むくみを解消する作用のあるカリウムが含まれています。また、便秘を解消する作用のある食物繊維も多く含んでいます。

  • じゃがいも

     

    じゃがいもに多く含まれているビタミンCは、比較的壊れにくいので肌の美白効果が期待できます。

  • マンゴー

     

    美しく若々しさを保つ働きのあるビタミンAや、むくみを解消するカリウム、貧血を予防する葉酸や美白作用のあるビタミンCが含まれています。

  • カッテージチーズ

     

    カッテージチーズにはセレンという成分が含まれています。セレンには老化の原因となる活性酸素から身体を守る働きや、お肌の乾燥を防ぎ、お肌の若々しさを保つ手助けをしてくれます。

  • きのこ類

     

    食物繊維を多く含むきのこ類には、肌荒れの原因ともいわれる便秘を解消する働きがあり、皮膚を丈夫にするビタミンB2も含まれています。また、むくみを解消するカリウムも含まれています。

  • 牡蠣

     

    お肌の新陳代謝を促す亜鉛が豊富に含まれており、老化予防が期待できます。

  • アーモンド

     

    肌荒れを防ぐ働きのあるビタミンEや、健康的な肌を保つビタミンB2が豊富に含まれている美肌にとって嬉しい食材。また、老化の防止にもオススメです。

  • アマニ油

     

    αリノレン酸を豊富に含んでいるアマニ油は、お肌から水分が蒸発するのを防ぐ働きがあるため、乾燥肌の予防に効果が期待できます。また、肌荒れなどが起こりやすい方にもオススメです。

  • 小麦胚芽

     

    小麦胚芽に含まれるビタミンEには老化を遅らせ、お肌の新陳代謝を活発にする働きがあるといわれています。また、細胞膜を作るリノレン酸やリノール酸も含まれているため、お肌の健康を保つ効果も期待できそうです。

  • アセロラ

     

    抗酸化作用が強いビタミンCの含有量が非常に多く、果物の中でも「ビタミンCの王様」といわれています。また、アントシアニンという成分は、ビタミンCと同様にシミ・そばかすを予防する働きがあり、お肌を健やかに保つコラーゲンの生成を助ける役割もあるため、こまめに摂り続けるとよいでしょう。

  • 美肌を保とう

     

    美容に良い食べ物を摂りましょう。