「腱鞘炎」を予防する

治療と予防について、色々と情報をまとめてみました!
発症しないように充分お気を付けを!

  • S 更新日:2014/03/15

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腱鞘炎の予防

  • まず大切なのが、患部を安静にさせることです。
    安静にするのも重要ですが、痛まない程度に関節を動かす事も必要です。
    そうすることで、患部の血行促進・腱鞘の硬化による悪化を予防することができます。

  •  

    ペンを握っているとき、パソコンを操作中、テレビゲームなど。
    あらゆる状態で痛みます。
    利き腕が殆どなので、生活に支障が出てしまいます。

  • 腱鞘炎を患っている場合は、あくまでも「痛みを感じないこと」「患部が悪化しない事」が前提となります。 仕事の合間に負担の掛かる部分を休めたり、休憩をかねてストレッチをおこなうと腱鞘炎の予防にも役立ちますよ。 特にデスクワークの作業中に、負担がかかりやすいのが指から肩にかけてではないでしょうか。
    出典 :腱鞘炎の予防 - 腱鞘炎.com
  • 手を上に10秒間上げるだけで、うっ血している状態が大幅に改善する。絵描きや物書きの人は、これを作業の合間に何度も繰り返すことで、手の血行が良くなり腱鞘炎を予防することができるらしい。
     

    なかなか役立ちそうな豆知識ですね♪
    手先を使う仕事の人は、是非実践してみましょう!

  • 治療と予防

  • 腱鞘炎になってしまった人には治療を。
    再発を防ぐためにも腱鞘炎の予防も必要です。
    なったことのない人も覚えておくと良いでしょう。

  • 「湿布を貼る」程度のことしかありませんが、医師によっては手術を勧めるケースもあります。 これまでの例を見る限りでは「湿布を貼る」はあまり効果がないことのほうが多いようです。また手術に関しては、手術を したことで逆に悪化した例もありますので安易に決断はしないほうがよいようです。
    出典 :腱鞘炎の治療法・予防法
     

    腱鞘炎になるきっかけは、たくさんあるようです。
    仕事や趣味、学校での授業や練習など。
    人それぞれということです。

  • 「ばね指」と呼ばれる症状がありますが、「ばね指」とは手の指が曲がったままになり無理に伸ばすとバキッと音がして弾かれたように伸びる症状です。この症状を感じたら前兆と考えて差し支えないでしょう。 この病気は手や指の酷使が原因です。手や指に関連した仕事・趣味の人に発症すると思われがちですが、それ以外の方でも発症します。
    出典 :腱鞘炎の治療法・予防法
  • 治りづらい病気のため、ならないようにすることが大切です。
    パソコン操作中に発症してしまった人は、椅子の高さを調整したり、こまめに休憩をとってストレッチをするなど。
    たったこれだけでも大分変化します!

  •  

    背もたれのある椅子を選ぶと◎
    高さを調節できるものであればなお良し!

  • 長く使ってきたけど さすがに最近使いすぎだったかな パソコンも少し腱鞘炎ぽくなったけど使うの控えたら治ったし ほどほどにしなきゃね
     

    実際の経験者

  • 身体を動かす!

  • やっぱ基礎体力っていうことで、スポーツクラブへ行く。 血の巡りをよくするためのウォーキングや、筋トレをする。どこでもストレッチ。手首を回転、肩を上下、掌反らし。使う前にも準備体操のようにストレッチをした方がいいです。 ストレッチや手首を回す、振る、などして血行をよくして筋を暖めると予防効果が高いようです。
    出典 :腱鞘炎〜治療
  • 【ヒント】腱鞘炎に気を付けよう! ストレッチフレーズなどを練習していて、痛みを感じたらすぐに演奏を止めて痛んだ箇所を冷やすべし。 腱鞘炎によるダメージは大きいので、決してあなどらないように。
  • 周囲の物を変える

  • パソコン業務でマウスを使う場合には手首の下にクッションなどをおいて手首への負担を減らすのもいいですね。クッションには、低反発素材などいろいろなものがあります。 最近では、タイピング用の長い手首クッションもあるようなので、手首にフィットするようなお気に入りの物を探してみてはいかがでしょうか。
    出典 :腱鞘炎予防策@腱鞘炎を治す8つのコツ 原因から治療まで