「子宮頸がんの転移」は起こるのでしょうか?

子宮頸がんの転移に関しての情報をまとめてみたので参考にしてくださいね

view185

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮頸がんの転移はある?

  • がんは、はじめは上皮のなかにとどまっています(上皮内がん)が、次第に子宮の筋肉に浸潤(しんじゅん)します。さらに腟や子宮のまわりの組織に及んだり、骨盤内のリンパ節に転移したりします。さらに進行すると、膀胱・直腸を侵したり、肺・肝臓・骨などに転移したりします。
    出典 :子宮頸がん - goo ヘルスケア
     

    やはり他のがんと同じく転移はしてしまうのですね

  • やはり他のがんと同じく

     

    転移の可能性があるといえますね!リンパ節に転移してしまうと私の知る限りだとちらばってしまい、様々な症状を引き起こしてしまう可能性があるのです!

  • 転移について

  • 子宮にあったがん細胞の勢いが強くなり、腹部などの子宮の付近にまでがん細胞が発生してしまうのが転移といわれています。さらには血液やリンパ液にのって全身に移動してしまうこともあるといわれています。運ばれたがん細胞は、肺や肝臓に落ち着いてしまい、そこで大きく広がってしまうことも考えられます。
    出典 :子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)の転移について
     

    大きく広がってしまう前に見つけておきたいですね

  • 全身の細かい転移は、とりきれないほどの細かなものであるなどの状態が考えられるため、必ずしも手術が行われるわけではないようです。放射線療法や化学療法、ホルモン療法などを組み合わせて少しずつ働きかけることが考えられます。
    出典 :子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)の転移について
     

    細かい転移は怖いですね

  • 転移しやすい部分

  • 子宮自体への再発はありませんが、骨盤内にある膀胱、直腸、膣といった臓器や器官だけでなく、腹腔内や肝臓、肺、脳といった遠隔部位における再発も少なくありません。これは子宮頸がんと異なり、子宮体がんが全身に散らばりやすく遠隔再発を起こしやすいという特徴を持つことに起因しています。
    出典 :子宮がんが転移しやすい臓器 | 子宮がんのき・ほ・ん
     

    再発は怖いですよね

  • 脳にまで転移する可能性も

  • 「遠隔再発」といった呼び方をする場合もあります。転移が起こるのは、がん細胞が血液やリンパ液の流れに乗って、他の臓器に飛び移るためです。肺がんや大腸がんなどのがんでは、脳にがんが転移する「脳転移」も見られることがあります
    出典 :がんの再発と転移のリスクを知っておこう
     

    脳転移してしまったらどうしようもないですよね

  • 卵巣が心配するべき

  • 子宮がんの転移で心配されるのが、卵巣だといわれています。以前は子宮がんの手術の際に、転移がみられない場合でも卵巣を切除するということが多かったようです。完全に病巣を取り除くために、転移の可能性が高い部分は切除することが必要だと考えられていたからです。
    出典 :子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)の転移について
     

    卵巣をとってしまうと体調が崩れやすくなるのが問題点なのです

  • 治療は

  • 子宮頸がん・子宮体がんを問わず、子宮がんが腹腔内や肺、肝臓などの臓器へ遠隔再発した場合は、通常化学療法が選択されます。これは、遠隔再発が見られた場合、既にがんが全身に散らばっている可能性が考えられるためで、広範囲に広がった小さながんを効率よく叩くことを目的としています。
    出典 :子宮がんが転移しやすい臓器 | 子宮がんのき・ほ・ん
     

    副作用のリスクは知っておきたい所ですね