歯根膜炎は歯肉が細菌感染する事で起こる疾患です

歯肉の部分が炎症して、歯を磨くとすぐに血が出てしまう。
一般的に有名なのは歯槽膿漏ですが、それはもしかしたら歯根膜炎かもしれません。
どちらにしても自然治癒はありませんからすぐに歯科を受診する必要があります。

view227

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯髄炎と歯根膜炎とはどんな病気か

  • 歯髄炎は、種々の原因で歯髄に炎症が生じたものであり、歯根膜炎は歯周組織を構成している歯根膜に炎症が生じている状態をいいます。
    出典 :歯髄炎と歯根膜炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 一般に歯周組織の炎症は歯根膜だけにとどまらず、歯槽骨(しそうこつ)やセメント質にも炎症性変化が同時に生じることが多いので、歯の根の尖端に炎症性変化を起こしている根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)との区別が難しいことがあります
    出典 :歯髄炎と歯根膜炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    歯根膜炎と根尖性歯周炎は似て非なるものですから混同しないように注意が必要です

  • 歯根膜炎の原因は?

  • 歯髄炎の原因は細菌感染が最も多いのですが、そのほかにむし歯の治療時に使用する薬物の化学的刺激、温冷熱や歯の咬耗(こうもう)や磨耗(まもう)などの物理的刺激、また、外傷による歯の打撲や破折(はせつ)によっても起こります。
    出典 :歯髄炎と歯根膜炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    細菌感染の場合と、薬物による科学的な刺激場合が考えられます

  • 一般には、むし歯を放置したために、細菌あるいは細菌が出す毒素が歯髄に侵入することで生じます。

     

    歯根膜炎には、細菌感染が原因の場合と感染以外が原因の場合があります。
    非感染の場合の原因としては外傷時の打撲、咬合時にある歯だけ強く当たる(咬合性外傷)、むし歯の治療時に人工物を詰める際の刺激、義歯(ぎし)を支える金属が歯を強く刺激する、などがあります。

  • 歯根膜炎というのは、どちらかといえば社会保険規則によって定められた保険請求用の 病名です。歯と周囲の歯槽骨をつなぐ線維である歯根膜が炎症を起こしているという意味 です。
    出典 :歯根膜炎《河田歯科医院》
  • 神経の死んだ歯を(生きていても同じですが…)たたくと痛いとかかみ合わせると 痛んだりするのは、この歯根膜が炎症を起こしているからです。だけど、何故この歯根膜 が炎症を起こしているのかが本当の原因です。
    出典 :歯根膜炎《河田歯科医院》
     

    炎症の原因を知る事が大切なのです。歯茎が炎症していたらすみやかに歯科を受診しましょう

  • 歯根膜炎の検査と診断

  • 歯髄炎、歯根膜炎ともさまざまな病態があるので、その区別とともに現在どのような状態であるのかを正しく調べる必要があります。必要な検査として、まず現在の症状になるまでの詳しい既往の問診、視診、打診、触診、温度診、X線診などは、ほとんどすべて行う必要があります。
    出典 :歯髄炎と歯根膜炎| 歯と歯肉の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    検査項目は多岐にわたります

  • さらに、歯髄の生活力の有無を調べるために 電気診でんきしん(歯に微量な電流を与えて反応を調べる検査)が行われます。
    歯髄炎・歯根膜炎の診断で最も重要なのは、歯髄や歯根膜の炎症が、歯髄を除去したり、 根管こんかんのなかを治療しないで治せるかどうかということです。
    出典 :歯髄炎と歯根膜炎| 歯と歯肉の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 歯根膜炎と歯髄炎も、細菌が増殖して炎症を起こしている疾患です

     

    歯肉に炎症を起こして、膿がたまっています。
    そのために、すごい血なまぐさい腐敗臭がします。
    ですから、息をするたびに鼻の方まで臭いが感じられます。

  • 治療の方法

  • 歯髄炎の場合は、歯髄を除去しないで薬物療法によって炎症を鎮静させる方法と、浸潤麻酔下で歯髄を除去する方法のどちらかです。

     。
    出典 :歯髄炎と歯根膜炎| 歯と歯肉の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 非感染性の歯根膜炎は、原因を除去し、安静を保つと数日で症状が消えることが多いのですが、感染性の歯根膜炎の場合は感染根管治療を行うことになります
    出典 :歯髄炎と歯根膜炎| 歯と歯肉の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 治療の時に、周辺組織(歯根膜など)が刺激されるため、2,3日は痛みが出ることがありますが、自然と収まるでしょう。しかし、歯根膜炎の場合に強い痛みがでるのは、仮の蓋をしたことでウミの逃げ道がなく、根の中に圧力がかかるためです
    出典 :根の治療について一覧 歯科衛生士のブログ フクロ歯科医院 群馬県前橋市歯科
  • 一度根の治療が終わった歯でも、虫歯菌などの菌が入ると、歯を支えている歯根膜が炎症を起こすため、痛みが出ます。体調をくずしたり、体が疲れている時は炎症を繰り返したり、痛みも出やすいです。強い噛み合わせやぶつけたりの外傷も歯根膜炎の炎症の原因となります。
    出典 :根の治療について一覧 歯科衛生士のブログ フクロ歯科医院 群馬県前橋市歯科
  • 歯茎の炎症してる場合は歯根膜炎の可能性が高いです
    そして、歯根膜炎のような歯茎のトラブルは虫歯などの歯のトラブルよりも深刻な疾患です。
    歯茎が炎症していたらすぐに歯科を受診しましょう