妊娠してからじゃ遅い!?いますぐ葉酸を摂ろう!

妊娠初期に必要不可欠と言われる【葉酸】。
なぜ赤ちゃんに葉酸が良いのか、いつから摂れば良いのか、葉酸についてまとめてみました!

view127

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 葉酸って何?

  • 水溶性ビタミンです!

     

    ほうれん草をはじめとする緑の葉に多く含まれます。

  • 葉酸は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間です。ほうれん草など緑の葉に多く含まれるためこの名がつきました。
    出典 :葉酸 | グリコ 栄養成分百科
  • 葉酸はビタミンの一種。ビタミンというと、ビタミンAやビタミンCを思い浮かべるが、葉酸は水溶性のビタミンB群の一種だ。最初に抽出されたのはほうれん草からで、ラテン語で葉を意味する「フォリウム」から名づけられたもの。その名の通り、植物に多く含まれている。
    出典 :葉酸って何?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • なぜ葉酸が赤ちゃんに良いの?

  • 赤ちゃんのために…

     

    葉酸には赤ちゃんにどのような良い影響を与えるの?

  • 葉酸は、たんぱく質や細胞をつくる時に必要なDNAなどの核酸を合成する重要な役割があります。このため、赤血球の細胞の形成を助けたり、細胞分裂が活発である胎児の正常な発育に役立ったりするなどの大切な働きをしています。
    出典 :葉酸 | グリコ 栄養成分百科
     

    葉酸は健康な赤ちゃんの育成のために必要不可欠な要素ですね!

  • 葉酸は、ビタミンB12と協力して血液をつくる働きがあるため、欠乏症ではビタミンB12不足の際と同様、巨赤芽球性貧血という悪性の貧血がみられます。また、妊娠初期の女性が十分な葉酸を摂取すると、胎児において神経管閉鎖障害という神経管の発育不全になるリスクを減らすことがわかっています。
    出典 :葉酸 | グリコ 栄養成分百科
     

    障害のリスクを軽減させることもできます!

  • さらに、重要視されているのが妊婦の葉酸不足。とくに、妊娠初期(4週~12週)は胎児の細胞分裂がさかんな時期であり、この時期に葉酸不足を起こすと胎児に神経障害が起こりやすくなるといわれているのだ。
    出典 :葉酸って何?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    妊娠初期に葉酸が不足しないようにしましょう!

  • 葉酸サプリメントは健康的な赤ちゃん(胎児)の発育を助ける重要な栄養素です。また葉酸は「神経管閉鎖障害(二分脊椎症や無脳症など先天性奇形)のリスクを低減」に効果的とされており、厚生労働省も通常の食事に加え1日400μg(マイクログラム)の葉酸サプリメントなどの栄養補助食品による葉酸摂取を推奨しています。
    出典 :葉酸サプリメントランキング - 赤ちゃんのための正しい葉酸の知識
     

    厚生労働省も葉酸の摂取を推奨しています!

  • 妊婦前から葉酸を摂ろう!

  • 妊活するならまずは葉酸。

     

    妊娠を希望するなら今すぐ葉酸サプリを飲みましょう!

  • 先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生します。妊娠の兆候があって産婦人科を受診してからの対応では遅いこともありますので、「妊娠1ヶ月以上前から3ヶ月までの間」の摂取が勧められます。
    出典 :葉酸|大塚製薬
  • 妊娠する可能性のある女性は、妊娠する1ヵ月前から妊娠12週まで葉酸を1日400μg摂取すれば、神経管閉鎖障害児の出生リスクを70%軽減することができるとも言われているのだ。
    出典 :妊娠中の女性にはとくに大切!|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 葉酸が1番必要な時期としては「妊娠後」よりも「妊娠1ヶ月以上前から」となります。つまり妊娠を考えている女性の場合は、日頃から葉酸サプリメントの摂取が推奨されています。
    出典 :葉酸サプリメントランキング - 赤ちゃんのための正しい葉酸の知識
  • 赤ちゃんの健やかな成長のためには、早めの葉酸摂取が大切です!