アレルギーの血液検査にかかる費用はいくらかかる?

アレルギーの血液検査にかかる費用ですが、いくらかかるのでしょうか?

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 受けるタイプによって費用も違う

  • アレルギー検査には様々な種類がありかかる費用もどんなタイプのものを受けるかによって異なります。例えばアレルギーとなる原因もハウスダストや食べ物、花粉など様々な種類があり、それに応じて症状も湿疹、くしゃみ、発熱など様々な症状が出ます。
    出典 :アレルギー検査費用紹介
     

    原因によって費用もタイプも違うのです

  • そのため、あなたがどのような症状が出ているのか?あるいはどのような検査をしたいのかによって、受ける診療科も異なり、費用が高くなったり安くなったりします。
    出典 :アレルギー検査費用紹介
     

    値段は色々違うのですね

  • 受ける場所を覚えておこう

  • 子供は小児科のアレルギー外来に行きましょう。
    出典 :アレルギー体質改善の為の検査の種類と費用・料金
     

    アレルギー外来がなければ、小児科で受けましょうね

  • 大人のアレルギーは皮膚炎なら皮膚科、鼻炎なら耳鼻科に行きましょう。アトピー性皮膚炎や蕁麻疹は皮膚科、鼻アレルギーは耳鼻科、アレルギー性結膜炎は眼科、花粉症は耳鼻科または眼科、気管支ぜんそくは呼吸器科や内科で診断します
    出典 :アレルギー体質改善の為の検査の種類と費用・料金
     

    それぞれあった病院に行ってくださいね

  • 検査方法を一応知っておきましょう

  • 主に問診、診察、皮膚反応検査であるプリック・スクラッチ反応、そして血液検査です。このうち血液検査には、白血球数の測定、好酸球の測定、リスト法あるいはプリスト法、ラスト法あるいはキャップ法があります。
    出典 :アレルギー体質改善の為の検査の種類と費用・料金
  • 一方、特定の病気に行われる検査としては、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎で食物が関係していると思われるときに食物除去試験・食物負荷試験が行われます。気管支ぜんそくが疑われるときには、誘発試験、X線検査、肺機能検査が、鼻アレルギーや花粉症では細胞診、誘発試験、X線検査がそれぞれ行われます。
    出典 :アレルギー体質改善の為の検査の種類と費用・料金
     

    気管支ぜんそくが疑われる場合も検査が必要ですね

  • 様々な検査があるのですが

     

    やはりここまでしると気になるのは費用ですよね!費用は受けるものによって違いますが、概算はあるようなので、しっかりとみておきましょうね!以下にまとめておきます

  • IgEの血液検査は、料金は全国一律ですが、病院によって手数料など少し異なってきます。検査実費費用が1570円、1項目増えるごとに1100円の費用がかかります。たとえば、卵、乳製品、小麦の3種類を実施した場合は、合計4870円の費用となります。
    出典 :アレルギー検査費用紹介
     

    医師が検査した方が良いと判断出来ると3割になるそうです

  • プリックテストの料金は1項目420円です。1項目増加ごとに420円がさらにかかるということになります。検査実費費用はかかりません。プリックテストも医師が必要と判断した場合は保険が適用されます
    出典 :アレルギー検査費用紹介
     

    医師の判断が大切なのですね

  • セットもある

  • 病院の裁量となってきますが、自身で予算の都合やかかる費用なども前もって言っておかないと沢山しらべられて費用が高くなったということもありますので、注意が必要です。 13項目受けた場合は、保険適用の場合で、6~7千円前後にはなります。
    出典 :アレルギー検査費用紹介
     

    大体の値段はこのようなものですね

  • セットで受けられるものが

     

    13~26項目受けられるものの値段が上記の項目の費用です!参考にしてくださいね