第二の愛菜ちゃんを目指せ!キッズタレントへの道

ここ最近、テレビでは多くのキッズタレントが人気を集めています。子役オーディションもたくさん!もしかしたら、あなたのお子さんが第二の愛菜ちゃんになるかも!

view100

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一般オーディションを受けてみよう

  • キッズタレントになるには、主に2つの道があります。

  • 一般募集を探していきなりオーディションに応募してみる。
    または芸能事務所や劇団の子役スクールに入って必要な演技力を磨いてからオーディションに挑戦するという方法です。
    出典 :子役オーディションの不安を解消するなら【子役オーディションなび】
  • まず、気軽に挑戦してみたいという場合は、一般募集のオーディションを受けてみるのがおすすめ!

  • しかし、オーディションに行くのは少し緊張してしまう…という方は、まず読者モデルから挑戦してみてはいかがでしょうか!

  • 雑誌の最後の方に読者モデル応募用紙が付いているのでその用紙に記載して送ればいいだけ
    出典 :赤ちゃんモデルたまひよなどの読者モデルになるには?
  • 合格すると編集部の方から連絡がきて、撮影日や今後のことなど、詳細を打ち合わせしていきます。

  • ベビー読者モデルの他にも例えばオムツモデルとかファッションモデルとかもあるので確認してみるといいかも
    出典 :赤ちゃんモデルたまひよなどの読者モデルになるには?
  • オムツモデルやファッションモデルは、各メーカーやブランドのホームページなどで募集されることが多いので、日頃からチェックしておきましょう!

  • 商品の印象を左右するテレビCMに出演を希望される方も多いようですが、素人からの一般募集はされていないようです。
    出典 :一般公募で子役CMオーディションは通るのか? | 子役オーディションなび
  • テレビCMは、ただでさえ撮影が大変なので、場慣れしている芸能事務所に登録している子たちを対象にオーディションや募集を行っているようです。
    希望する場合は、芸能事務所に登録してみましょう!!

  • 芸能事務所に登録しよう!

  • 本格的に芸能の仕事をしていきたいならば、やはり芸能事務所に登録するのが近道!

  • オーディションを経て芸能事務所や劇団に入ると、「子供タレントの卵」になれます。本格的かつ効果的なレッスンによって、演技、モデル、ダンス等の技術を高められます。
    出典 :リズム感を養いましょう | 子供タレントオーディションのヒント
  • まずは書類審査等が行われますが、研究生や候補生等を募集している事務所の一次審査ではほとんど落ちないようですし、合格通知はほとんどの方に来るようです。
    出典 :芸能事務所や劇団の費用 | 子役オーディションなび
  • 芸能事務所に登録するメリット・デメリット

  • まず、なんといっても、大手の事務所(子供劇団などの養成所も含めて)は、きちんとした芸能界でのルートを持っていて、仕事のチャンスがしっかりめぐってくるということがあると思います。
    出典 :事務所に子供タレントとして所属するとどんないいことが?
  • 雑誌などの読者モデルに合格したとしても、そこから本格的に芸能活動していくためには、相当の努力が必要です。しかし、芸能事務所に入れば、プロの方の目に触れる機会や、オーディションの話がありますので、可能性が大きく広がります。

  • ですが、デメリットもあります。

  • ここはやっぱり費用の問題に尽きるかと思います。
    調べていくと、入所費用のほかにも、レッスン料が毎月かかりますし、そのほかにも写真撮影のお金などいろいろ費用がかかってくるそうです。
    出典 :事務所に子供タレントとして所属するとどんないいことが?
  • 仕事が来るようになれば、当然ギャラがもらえますので、問題はないでしょう。しかし、コンスタントに仕事があるとは限りませんし、特に最初のうちはほとんど無いものです。
    そのため、事前に費用をしっかり確認しておきましょう。

  • 芸能事務所登録後にかかる費用

  • 最も少ない投資額で所属できる事務所では、年間1万円程度、逆に高い所では所属するためだけで20万円以上かかるところもあります。
    出典 :キッズモデルを一般募集から目指すなら、キッズモデル募集なび
  • 月謝の費用は様々ですが、月に1万円以上はかかり、年に換算すると様々な費用として100万円ほどかかっている候補生もいるようです。
    出典 :芸能事務所や劇団の費用 | 子役オーディションなび
  • その他に、遠方に住んでいる場合はレッスンに通うための交通費なども必要です。
    また、子どものうちは親の付き添いが必要になりますので、両親が共働きだと難しいでしょう。仕事を減らす、専業主婦になるというライフスタイルの変更をふまえた上で、芸能活動にいくらかけられるかを計算しておくことが大切です。