不妊に効く?コエンザイム

不妊治療を始めると、コエンザイムのサプリメントが良いと聞く方もいるのでは?その効能についてまとめてみました。

  • MUMMY 更新日:2014/03/04

view424

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもコエンザイムQ10って?

  • 私たちの体内の細胞一つ一つに存在する、
    日常生活に必要なエネルギーを作り出す補酵素のことを言います。
    出典 :コエンザイムQ10の効果・効能 : ダイエットと美容の効果を高めるBeautyPlusブログ
  •  

    細胞には欠かせない栄養素!

  • 加齢やストレス、喫煙などにより減り、さらに不足しやすい物質でもあります。「CoQ10」が不足すると細胞の機能が低下し、細胞の機能の低下は、臓器や器官の働きの低下につながり、様々な病気を引き起こす原因にもなります。
    出典 :“CoQ10(コーキューテン)”は、精子を元気にする効果あり!学会で発表 妊活・卵活ニュース
     

    体に必要な栄養素なのに、減りやすいとは!
    不妊の問題だけではなくきちんと考えていくべきですね。

  •  

    40歳以降どんどん減るようですね。

  • では、女性側にはどんな良い効果が出るの?

  • コエンザイムQ10のサプリメントを摂取することで
    ミトコンドリアが活性化され卵巣機能が向上すると言われています。
    これはカナダで不妊治療を研究する大学・クリニックのチームによる
    報告で実証されています。
    出典 :コエンザイムQ10の不妊治療効果 : ダイエットと美容の効果を高めるBeautyPlusブログ
     

    しっかり検証されているようです。

  • カナダの不妊治療クリニックと大学の研究チームは、ミトコンドリアで働く栄養素を補充と、卵巣機能やミトコンドリアの活性度との関係を調べるために、8か月の高齢マウス40匹と対照群の10ヶ月の若いマウスに、18週間にわたって、コエンザイムQ10とレスベラトロール、アルファリポ酸の3つのミトコンドリアで働くとされる栄養成分を、それぞれ、ランダムに分けて、摂取させました。
    摂取期間終了後、卵巣刺激を行ったところ、コエンザイムQ10を摂取させたマウスのグループでは、卵巣刺激によって成熟した卵子の数が顕著に多く(11.7対19.2)、活性酸素濃度が低く、ミトコンドリアの活性度が高くなりました。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】関連ニュース|コエンザイムQ10摂取で卵巣機能が高まる可能性
     

    高齢の卵子にも効果があるようですね。

  • 男性側にはどんな効果があるの?

  • 女性だけでなく、男性にコエンザイムQ10を続けて摂取させたところ、
    精子の機能がアップし、質や数が増したとされ、コエンザイムQ10を摂取したカップルは受精率が、
    摂取していない不妊症のカップルに比べて三倍近く上がったとされています。
    出典 :コエンザイムQ10の不妊治療効果とは
     

    3倍近くも上がるとは期待できます!

  • コエンザイムQ10摂取により、精液の抗酸化力を高め
    男性機能を向上させる働きがあります。
    イランの研究チームでは男性不妊患者47名の内、半数に3ヶ月間
    コエンザイムQ10を服用し、男性機能を比較検証する実験が行われました。
    その結果、コエンザイムQ10を摂取した男性不妊患者の精液中の
    コエンザイムQ10濃度が上昇し、抗酸化酸素の活性が確認されています。
    出典 :コエンザイムQ10の不妊治療効果 : ダイエットと美容の効果を高めるBeautyPlusブログ
     

    女性だけでなく男性にも良い!

  • いつ摂取するとよい?注意点は?

  • 「CoQ10」は、食後に摂ることが良いとされています。
    出典 :“CoQ10(コーキューテン)”は、精子を元気にする効果あり!学会で発表 妊活・卵活ニュース
  • コエンザイムQ10は、外部から体内へ摂取したときの吸収率が低い物質です。 ですから、効果的に吸収させるためにも、吸収率を高めたものを選ぶようにしなければいけません。
    出典 :コエンザイムQ10と不妊|不妊治療の一筋の光
     

    吸収率が低いことに要注意。

  • サプリメントではなく食品で摂るには?

  • コエンザイムQ10が含まれている食品では以下の食品があります。

    【肉類】…牛肉、豚肉、鶏肉、もつ、レバー

    【魚類】…イワシ、さば、鮭、マス、あんこう、うなぎ、まぐろ、イカ、かつお

    【野菜】…きゃべつ、ブロッコリー、ほうれん草、じゃがいも、アボガド

    【その他食品】…枝豆、大豆、ピーナッツ、鶏の卵、味噌、豆腐、米ぬか、ごま油、菜種油

    コエンザイムQ10は熱に強いという性質からも、加熱調理で失われる心配はあまりありません。
    出典 :コエンザイムQ10の摂取方法|コエンザイムQ10を含む食品
  • コエンザイムQ10は脂溶性の補酵素となります。
    油に溶ける性質を持っているので、油を使った料理にするとその吸収率もアップします。

    他にも、かぼちゃやパプリカなどの緑黄色野菜、ナッツ類や魚や卵も好相性。
    これらの食材はビタミンEを含んでおり、一緒に食べるとことでその抗酸化作用もより高くなりおすすめです。
    出典 :コエンザイムQ10の摂取方法|コエンザイムQ10を含む食品
  • コエンザイムQ10は心臓のポンプがわりとなる働きもみせますので、
    血流を改善し、不妊の原因ともなる冷え性の改善にも役立っていると考えられます。
    出典 :コエンザイムQ10の不妊治療効果とは
     

    臓器の中心である心臓の働きを手助けしてくれるのはありがたいですね。

  • 卵巣が健全に機能し、質のよい卵子が排卵される頻度を高めるためには、単一の栄養成分の摂取に期待するのではなく、バランスのとれた食事とウォーキングのような有酸素運動、そして、ストレスに負けない前向きなココロをつくること、そのうえで、栄養成分を補充するとすれば、ミトコンドリアで働くとされる、コエンザイムQ10やL-カルニチン、アルファリポ酸などが有効であると考えられます。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】関連ニュース|コエンザイムQ10摂取で卵巣機能が高まる可能性
     

    コエンザイムだけに頼ることなく、生活習慣を見直して夫婦で取り組んでいくとよいのかもしれません。