【妊婦さん必見】妊娠中に食べると、胎児が元気に育つ食べ物とはなに!?

妊娠中は、何を食べれば良いか、意外と分からない物ですよね!!そんなときは、せっかくなら赤ちゃんが元気になってくれるような食べ物を食べましょう!!妊婦さんの食生活がいかに胎児に与える影響が大きいか分かりますよ。栄養満点のものを食べて、元気な赤ちゃんを産んで下さいね!!

view54

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ▼妊娠中は、何を食べれば良いの!?

  • 妊娠中にタバコやアルコール、カフェインはNGと聞きますが、どんな食べ物が妊婦さんと胎児にいいのかは、意外と分からない物ですよね!!せっかくなら、妊婦さんも赤ちゃんも両方元気になれる食べ物をチョイスしたいもの・・・。栄養をいっぱいとって、妊娠中も風邪を引かず健康で行きましょう。それでは、妊婦さんに食べて欲しい食材をいくつかご紹介させて頂きます。

  •  

    卵!これが意外といいんです!!

  • 卵は、妊娠中に必要な栄養成分、ミネラルそしてビタミンAや多様なビタミンBなどのビタミンが含まれているすばらしい食べ物です。どんな卵でも妊娠中の女性に12種のビタミンとミネラルを提供してくれます。
    出典 :妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10 - It Mama
     

    私たちが普段、なんとなく食べている卵・・・。卵焼きにしたり、目玉焼きにしたり、とにかく定番ですよね。そんな卵ですが、こんなに胎児にも妊婦さんにも必須の栄養素がたくさん含まれていたなんてびっくりです。なんでも卵は、クロリンという成分が含まれているそうで、これが胎児の脳の発育にかなりいいというとのことなのです。これは、私も初耳でした。卵と言えば、タンパク質も含まれていますので、卵を食べる事で、妊婦さんも胎児も元気になるから、食べた方がいいのかなと思っていましたが、さらに良い効果があったんですね。卵は、スーパーでも手軽に買えますし、お腹が少しゆるめのときなども、たまごがゆにしたり、うどんを卵とじにしたりと、かなり様々な用途で使えるのが嬉しいポイントですね。毎日の食事にぜひ、卵をチョイスしてみて下さい。卵を使って、自分なりのアレンジ料理を作ってみるのも楽しいかもしれませんよ。

  • 緑葉色野菜

     

    やはり野菜は、健康になるためには欠かせない!!サラダを毎日の食生活にプラスして、健康的な体を作りましょう。野菜には、胎児にも妊婦さんにも嬉しい栄養素が豊富に含まれているんですよ。

  • ホウレン草、ケールなどの緑葉色野菜はビタミンA、ビタミンCやビタミンKのような沢山の栄養素と十分な鉄分も含んでいます。妊娠中は最低でも大きなボール1杯ぐらいの緑黄色野菜を毎日とった方がいいです。
    出典 :妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10 - It Mama
     

    野菜は、あまり好きじゃないから普段全然食べていなかった・・・そんな妊婦さんも多いのでは!?でも、妊娠したら野菜嫌いを克服して、しっかり食べるようにしなければなりません。なぜなら、野菜には、様々な栄養素が含まれているからです。中でも緑黄色野菜は、栄養満点。赤ちゃんが健康的に育つのに必須なビタミンも豊富に含まれています。また、食事の前半に野菜を食べる事によって、吸収も良くなり、さらに効果アップです。どうしても野菜が苦手な人は、野菜ジュースで補う方法もありますが、野菜ジュースは、ものによって非常に糖分が多く含まれているので、飲み過ぎには注意が必要です。やはり、野菜ジュースや栄養補助食品に頼らず、野菜をきちんと食べる事が望ましいです。冬の時期などは、水炊きなどにして、野菜を食べるのもオススメです。体も温まって、栄養も補給出来て、まさに一石二鳥ですよ。

  • ヨーグルト

     

    やっぱり定番のヨーグルトも外せません。カルシウム不足だと、胎児だけでなく、なんと妊婦さんにも悪影響が!?その驚愕の理由とは、何なのでしょうか。

  • 妊婦のための健康食品トップ10の真ん中に位置するのはヨーグルト。卓越したタンパク質源でもあり、また発達する赤ちゃんの軟骨や骨の形成に必要なカルシウムを多く含みます。出産予定の女性が十分必要なカルシウムを取らないと、胎児は母体のカルシウムを消費するようになり、これは母体の骨密度と健康にも影響を与えます。
    出典 :妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10 - It Mama
     

    やっぱりヨーグルトは、妊婦さんには欠かせない食べ物の一つ。タンパク質が豊富に含まれているのももちろんですが、カルシウムを摂取出来るのが何より大切なポイント。カルシウムは、胎児のとっても、妊婦さんにとっても骨などを形成する大切な栄養素です。妊婦さんがカルシウムを摂取しないと、胎児が母体のカルシウムを消費してしまうとうのは、驚きですね。そうすると、妊婦さんの母体にも悪影響になってしまうので、避けたい物です。基本的に乳製品は、カルシウムが含まれているものが多いので、ヨーグとがどうしても苦手な方は、チーズや牛乳を飲むのも一つの手です。ヨーグルトが好きな方は、朝から食べてみましょう。バナナなどのフルーツにヨーグルトをかけて、デザート風に食べるのも美味しいです。おやつにも最適ですね。