【眠れないほど痛い】臨月の腰痛…これって陣痛?区別・原因・対策まとめ

いよいよ出産目前!臨月に入ってから、腰痛が続いているママも多いのでは?腰の痛みが続いていると、そろそろお産のサインです。中には強い痛みがストレスになっている方や、腰痛と陣痛の違いが曖昧なのでは…と不安な方もいるかもしれません。そこで、「臨月・腰痛」の情報をまとめました。腰痛緩和ストレッチも参考に!

  • rinko 更新日:2014/10/23

view4521

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 臨月に「腰痛」があるのは出産目前のサイン!?

  • 腰が痛い…そう思ったら以下をチェック!
    腰痛以外にも以下の症状が現れた場合、いよいよ赤ちゃんが産まれてくる日が近づいている合図です。

  • 出産が近い!5つのチェックリスト

     

    ①お腹のハリがきつく感じるようになった
    ②トイレに行く頻度が増えた
    ③オリモノが増えた
    ④陰部周辺の骨(※恥骨・ちこつ)が痛みだした
    ⑤つわりが落ち着き、食欲が湧くようになった

  • あなたはいくつ当てはまっていますか?

    出産が近くなるにつれて、赤ちゃんの位置はどんどん下にさがってきます。
    赤ちゃんが下がってくると、骨盤が広がるため、腰に痛みが生じます。

    また、骨盤が広がることで、恥骨が痛みだしたり、下半身の様々な器官(※胃、腸、膀胱など)が圧迫されたり解放されたりするために、胃の不快感がなくなって食欲が湧いたり、膀胱が刺激されて頻尿になったりするのです。

    ちなみに、オリモノが増える理由は、赤ちゃんが産道をとおる準備をしているためです。体内で分泌液をだすことで潤滑油の働きをし、赤ちゃんが出てきやすい環境を整えているのです。

    臨月に腰痛になるのは当たり前のこと、むしろ赤ちゃんが生まれようとしている合図なので、正常なことです。

  • でも、腰痛はキツイ…対処法&注意!

  • いくら赤ちゃんが生まれる準備で正常なことだと言っても、痛いものは痛いし、緩和できるものなら緩和したいですよね。そこで、臨月で生じる腰痛の対策をまとめました。

    ※ちなみに、ストレッチで痛みを和らげるのは問題ナシですが、安易に薬を服用したりするのはNGです。湿布も控えましょう。詳しくはのちほど記事の後半で説明します。

  • 臨月の腰痛・対処法②骨盤ストレッチ【太ももを柔らかくする】

     

    1.太ももを伸ばして床に座ります。ティディベアのように、足を前に投げ出して座ってください。
    2.両足を開いて、上半身を前にゆっくりと倒しましょう。
    3.ゆっくりと上半身を起こし、次は正座をします。
    4.正座した状態で、今度は上半身を後ろに倒します。
    5.ゆっくりと上半身をもとの状態に戻します。

  • 臨月の腰痛・対処法③骨盤ストレッチ【上半身を柔らかくする】

     

    1.うつ伏せの状態で寝転がります。
    2.両腕を前に出してスーパーマンの状態に。
    3.シャチホコのように上半身を反らせます。
    4.次は、仰向けの状態で寝転がります。
    5.両足を頭の上に持っていきます。(※辛い場合は、できる範囲でOK)

  • これらの骨盤ストレッチ①~③は、朝と夜にそれぞれ何度か行いましょう。大切なのは、毎日継続して骨盤ストレッチを行い続けることです。気付いた時に行うのでも大丈夫です。

  • 臨月の腰痛・対処法④できるだけ動きまわる

     

    同じ姿勢でずっと居続けたり、運動不足でいたりすると、腰痛は余計にきつく感じてしまいます。動かないことで身体中の筋肉が固まり、骨盤も余計に柔軟性を失ってしまい、痛みを強く感じる原因に。
    腰痛がひどいと、身体を動かすのが億劫になってしまいますが、日常的に身体を動かすよう、意識することが腰痛緩和には大切です。

  • 臨月の腰痛・対処法⑤トコちゃんベルト

     

    助産婦さんお勧め骨盤ベルトだそうです。
    腰痛対策では個人差があるもののなかなか有効とのこと。少しでも楽になりますように…

  • これってただの臨月腰痛?それとも陣痛?

  • 腰痛が強く表れる人だと、これがただの臨月による痛みなのか、陣痛なのかわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか?
    そんなときは、以下の「陣痛の特徴」を参考にしてみてください。
    『腰痛だと思っていたら陣痛だった!』というお母さんも、実は多いんですよ(笑)

  • これって陣痛かも!チェックリスト

     

    ○最初は、ただのお腹のハリと弱い痛みを感じるだけ(※前駆陣痛・ぜんくじんつう)
    ○痛みに波があり、だんだん間隔が短くなってくる(※30分間隔⇒20分間隔…)
    ○痛みが規則的になってくる(※陣痛の開始!)

  • 陣痛間隔の計り方

     

    だいたい10分毎に30秒程度の強い痛みがくるのが陣痛のようです。
    陣痛が始まったと気付いたら、病院へ急ぎましょう!

  • 「陣痛時計」という、陣痛の時間や間隔を記録してくれるアプリもあるようです。

  • 臨月の腰痛対策(おまけ)

  •  

    腰痛はある程度出産が近づくと仕方がないことなのですが少しでも緩和したいものです。

  • 仰向けで横になり、膝の下にクッションなどを入れ、腰への負担を減らしましょう。
    出典 :2/2 妊婦さんの腰痛講座その2 [腰痛] All About
     

    少しの工夫でも楽になります。

  • 荷物にできるだけ体を近づけて、ゆっくりと立ち上がる。立ったままで、腰を曲げて荷物を持ち上げたりしない。急に起き上がろうとしない。
    出典 :妊婦の腰痛対策
     

    臨月の妊婦さんの身体は既に重くなっていますので少しの体の移動や荷物を持つ時にも配慮が必要です。

  • 宮崎市|臨月の腰痛対策「整体院ゆじゅ」 - YouTube

     

    参考にしてください。妊婦さんの状態によって対策方法もそれぞれです。

  •  

    あと少しで赤ちゃんに出会えます。臨月の時期は決して無理をしないでくださいね。