赤ちゃんにいい絵本の選びかたと 絵本が発育に与える効果

赤ちゃんにいい絵本の選びかたや読みかた、絵本が与える効果などについてまとめます
絵本は赤ちゃんにとって外の世界への入り口と言っても過言ではありません 
絵で見て、耳で聴くことによって赤ちゃんの発育にさまざまな良い影響を与えるので、是非絵本の読み聞かせをしてあげましょう

view447

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんにいい絵本の『読み聞かせ』

  • 読み聞かせの習慣はありますか?

     

    ほぼ毎日と答えた方が半数以上でした
    赤ちゃんに絵本を読み聞かせするのが習慣になっている人が多いようですね

    ちなみに0歳から読み聞かせを始めている人が8割以上のようです

  • 赤ちゃんは1歳になる頃には言葉を喋るために必要な「音」を全て頭にインプットしているそうです。たくさんの本を読んであげることで、赤ちゃんはより多くの「音」に触れ、脳にその情報を蓄積することができるそうです。
    出典 :赤ちゃんに本を読み聞かせることが大切なわけ |
     

    言葉を理解していない赤ちゃんでも、絵本の読み聞かせは発育に大きな影響を与えるとのこと
    両親が本をよく読んであげた場合とそうでない場合を比較すると、2歳までに語彙量に大きな差が出るそうです

  • 絵本の読み聞かせが赤ちゃんに与える影響

     

    ■楽しみながら、数字や文字、色、形などを学ぶことができる
    ■聞く力や記憶力、語彙力を身につけることができる
    ■コミュニケーション能力の習得につながる
      (社会性や感受性を育む)

  • 読み聞かせによる言葉の自然なインプットは、子どもが聞きたいものに傾注して聞く力、見たいものに焦点を合わせて見る力、言葉によってイメージをつくる力、概念をまとめる力、言葉の使い方を試す力、などの能力を育てます。
    出典 :読み聞かせのセラピー効果
     

    また読み聞かせにより子供の情緒が安定するとも言われており、実際そのような効果を経験した方が多数いらっしゃるそうです

  • 赤ちゃんにいい絵本の選びかた

  • 赤ちゃんにいい絵本は?

     

    ・絵の縁どりがハッキリした、色の判別しやすいイラストの絵本
    ・「ぶーぶー」「じゃーじゃー」といった擬音の入った真似しやすい言葉が多い絵本
    ・歯磨き、着替えなどの生活習慣をないように多く含む絵本

    絵を見て脳に刺激を与え、親御さんの声を真似て、絵でとても簡単に生活習慣を覚えることができる・・・
    絵本にはさまざまなメリットがあるようです

  • 絵本選びのきっかけも単純に「おもしろい」、「好き」でいいんです。まだ選ぶことができない小さなうちは、ママやパパがくすっと笑えるような「おもしろい」と思ったもので十分です。
    出典 :むずかしくない絵本選び|ベビータウン
     

    言葉でたくさんの説明がない分、さまざまな見方とらえ方で考える力が身に着く絵本♪
    飽きないきっかけとなるのは、やはり「おもしろい」と感じる気持ちで、それが子どもの知性を育てる根っこなのだそうです

  • 子どもの身近にあるものや動物、自然などを題材にしたものを選ぶと、ものの名前や形、色を覚え、好奇心を高めることができます。
    出典 :絵本の選びかた | ミーテ 絵本読み聞かせ情報
     

    正しく読むことにこだわらず、親子で楽しく読めることが大切だということです

  • 子どもの手にちょうど合う大きさや重さの物を選びましょう。素材なども布製やビニール製の絵本(感触の刺激、安全性)や、厚い紙で出来ている絵本(子どもがページを捲り易い、丈夫)を与える事により子ども自身が、絵本に触れる機会を多くつくっていきましょう。
    出典 :絵本の選び方|幼児教育・幼児教材の「まいとプロジェクト」
     

    乳幼児期は脳と体が大きく発達する時期なので、五感が刺激できる絵本を与えていくのも良いとのことです

  • 赤ちゃんにいい絵本の読みかた

  • •表紙をしっかり見せタイトルも読む
    •ゆっくり読み、ゆっくりページをめくる
    •絵本を持つ手がイラストの重要なところなどに重ならないように
    •できればキャラクターによって声を変えたり、抑揚をつける
    •裏表紙も見せる
    出典 :絵本の選び方 りん先生の延長保育 | 幼稚園ママのつぶやき
     

    時々、お子さんの顔を見たり、
    本を読むのをやめて、本の中の絵を見ながら会話するなどしても効果的なようです

  • 毎日違う本にしている人もいれば、同じ本を何度も読み聞かせる人もいるだろう。最新の研究によると同じ本を繰り返し読み聞かせた方が、子どもはより速く新しいことを学ぶことがわかったそうだ。
    出典 :パパママ必見! 繰り返し同じ本を読み聞かせると子どもの学習力アップが期待できるという研究結果 2013/03/14(木) 20:09:25 [サーチナ]
     

    小さい子供は、よく同じ本を読んでほしがると思いますが、それは色々な本をたくさん読むより、学習力アップが期待されるという研究結果が出ているようです
    なお、1日30分の読み聞かせを5カ月間続けると、子どもの読書年齢を2年引き上げることができるという説もあります

  • 赤ちゃんにいい絵本~おすすめ絵本~

  • じゃあじゃあびりびり

     

    偕成社 ¥600(税別)
    はっきりした絵と、わかりやすい擬音で
    0歳児の絵本人気ランキングでもトップ!
    わが家でも愛読していました

  • パパ大豆の白黒赤絵本セット

     

    ポスターと絵本・テキストのセット 2,400円(税別)

    白黒赤の配色が、より赤ちゃんの視覚を刺激するという説があるそうです
    輪郭と色がはっきりしていて、赤ちゃんに良さそうですね

  • ヘレン・オクセンバリーのあかちゃんのえほん(5冊セット)

     

    生活習慣やコミュニケーション力を高める絵本セット
    内容:「あそび」「かぞく」「したく」「しごと」「ともだち」

    文化出版局 ¥2,000(税別)

  • どうぶつなんびき?

     

    ポプラ社 1,100円(税別)

    これもわが家で愛読していた本
    0歳の赤ちゃんには早いかもしれませんが、1~2歳ごろなら楽しめそう
    うちの長女はこれで数字を覚えました◎

  • いしかわこうじ作 しかけえほん

     

    3つのお話のセット絵本
    上に開いたり、横に開いたりと、仕掛けが楽しめます