音に慣れてきたら!赤ちゃんの言葉の発達☆

音になれてきたら発生するようになります
どんな言葉を言うのでしょうね☆

view238

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃん言葉

  • 犬のことをワンワン、クルマのことを“ぶーぶー”、またはごはんのことを“マンマ”などという赤ちゃん独特の言葉遣いを「赤ちゃん言葉」といいます。
    出典 :赤ちゃん言葉 [チビタスキーワード] All About
  • でも、こうした話し方は赤ちゃんの言葉の発育にとってプラスのもの。擬音語を使ったり、赤ちゃんにとっていいやすい言葉を使ってたくさん話すことが、言語の発達においてとてもよいと考えられています。
    出典 :赤ちゃん言葉 [チビタスキーワード] All About
     

    楽しみですよね!

  • 音になれると

  • 毎日の音に慣れ、ママやパパなど周りにいる人たちの声をじっと聞くようになります。1ヶ月ほどすると、そういった音の中から日本語に必要な音を聞き分けられるようになり、「あ~、あ~」といった赤ちゃんなりの発声練習が始まります。これが喃語(なんご)と言われる赤ちゃんの言葉。
    出典 :もっと楽しみたい!赤ちゃんの言葉の発達 [乳児育児] All About
  • 音に慣れ、発声を練習する時期☆

     

    1~6ヶ月くらいまでは、こういった言葉を練習したり
    大人とのやりとりを楽しむ中で
    「思いが通じるって楽しい」
    という感覚を身につけて行く時期です
    ママやパパはこの時期の赤ちゃんの
    「あ~、ば~」
    という声に応えて一緒に会話をしてあげましょう☆
    これが赤ちゃんの為になり、どんどん言葉を
    覚えていくのです!

  • 1歳ごろになると

  • 「満1才ごろになると、パパ・ママ・マンマ・ブーブーなど、いくつかの言葉が出てくる」と育児書には書いてあります。しかし、それに当てはまらない子はすべて心配というわけではありません
    出典 :���t�̔��B�y�O�`�P�ˁz
  • でも、いつも一人遊びにこだわり、ママの誘いを妙に避ける。ママとの遊びが照れくさいというより、ママからの働きかけを無視する。こういった感じがますます強まっていく子は、親子関係が進みにくい傾向があるかもしれません
    出典 :���t�̔��B�y�O�`�P�ˁz
     

    要注意!

  • 赤ちゃんは最初に何を言う?

  • 喋っているうちに

  •  

    その後、赤ちゃんの言葉はちょっとずつ
    言葉らしきものへと移行してきます!
    この時期には、今まで蓄積された言葉たちが
    口から出てきたり、普段慣れ親しんでいる
    言葉を言ってみようという意欲が盛んになります☆
    「おもしろいね」
    「次はこれをしようね」
    と言葉のキャッチボールをしてみては?

  • 「バンザ~イ」とママがしてみせると、赤ちゃんも「バンザ~イ」。パパが帰ってきたときに赤ちゃんに「よっ」と片手をあげてみせると、赤ちゃんも「よ」とまねっこしてみせます。人とあいさつをかわす、同じことをしてみせるのは、大事なコミュニケーションの入門編
    出典 :赤ちゃんとの言葉コミュニケーション(9カ月-1才編) - gooベビー