気になる!?「妊娠中の便秘に薬」は使えるの?

妊娠中の便秘に薬は使えるのでしょうか?気になるまとめをご紹介!

view105

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の便秘

  • 初期→腸の動きが弱まる  ホルモンの関係で、食物を肛門に送り出す平滑筋の収縮機能が弱くなります。その結果、消化管の運動も制御され、便を押し出すことができなくなるのです。また初期の頃は、悪阻で思うように食事が取れないケースがあります。必要な量を食べられないと腸の蠕動運動も鈍くなってしまうようです
    出典 :妊婦さんのための便秘すっきりガイド完全版
     

    腸の蠕動運動も悪くなるのですね。便秘薬の飲みすぎも出来るだけ避けたいですね。

  • 中期→子宮が腸を圧迫する 安定期に入る頃の便秘は、胎児の成長と共に引き起こされているようです。 赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなっていき、次第に直腸を圧迫するため、腸の蠕動運動がスムーズに行えなくなります。お腹が張るように感じる人も多いはずです。
    出典 :妊婦さんのための便秘すっきりガイド完全版
  • 妊娠後期になると胎児が成長して子宮が大きくなり、腸だけでなく胃を圧迫します。この時期に便秘になると、吐き気を伴うことが多いのが特徴的です。また成長した赤ちゃんは栄養だけでなく、多くの水分も必要となります。その結果、ママの体内は水分不足となり、便が硬くなって排出しにくくなってしまうのです。
    出典 :妊婦さんのための便秘すっきりガイド完全版
  • 妊娠中は

     

    体重の増加によって血流も悪くなるので、便秘の悪化に拍車をかけてしまう事もあるのです。水分不足はしっかりと起こさないように管理しなくてはいけないのです。

  • 妊娠中の便秘に薬は大丈夫?

  • 市販されている便秘薬の多くは刺激性便秘薬です。刺激性便秘薬は直接大腸を刺激して腸の動きを活発化させることで排便を促しますが、この薬が与える刺激は大腸だけではありません。実は子宮にも刺激を与えてしまうのです。
    出典 :妊娠中の便秘薬の注意 -妊婦の便秘解消法
  • 特に妊娠初期は赤ちゃんの体の器官が著しい成長を遂げる時期でもあるため、この時に市販の便秘薬を服用するのは避けたいところです。
    出典 :妊娠中の便秘薬の注意 -妊婦の便秘解消法
  • これらは全て便秘解消に有効とされる成分として人気がありますが、実は全てにおいて子宮収縮作用があるため妊娠中の服用は要注意です。特にハーブ由来の成分にも注意うが必要です。ハーブの中にも子宮収縮作用を持つ成分もあるため、「植物性だから安心」とか「ハーブ由来成分だから安心」と自己判断するのは危険です。
    出典 :妊娠中の便秘薬の注意 -妊婦の便秘解消法
  • 市販の便秘薬を用いる際には必ず服用前に医師に相談し服用できるか否かを聞くか、病院で処方してもらう便秘薬を服用するようにしましょう。
    出典 :妊娠中の便秘薬の注意 -妊婦の便秘解消法
  • 便秘薬を選ぼう

  • 医師に相談する以外は絶対にやめてください。薬局の受付で「妊娠中の便秘解消をする場合にはどの便秘薬を使用した方がよいでしょうか?」なんて聞いてもダメです。必ず産婦人科の主治医の先生が判断し使用しても良いと言われた便秘薬を使用してください。
    出典 :【流産の危険!?】妊娠中向け便秘解消の正しい下剤選び!
  • というより薬局ではおそらく妊婦の方に便秘薬を処方することをお断りされます。ですから、自分の判断だけで便秘薬は使用しないでください。また下剤だけでなく漢方などにも妊娠中に服用するのは危険なものも含まれていますので、気を付けてください
    出典 :【流産の危険!?】妊娠中向け便秘解消の正しい下剤選び!
  • 皆はどうしてる?

  • 妊娠してる今、本当に辛いです。でも薬は申し上げたように、 婦人科でもらった マグラックスと言うただ、便をやわらかくする薬。これで出るわけない・・・とおもいつつも仕方ないので飲んでます。でも、妊娠すると内臓の筋肉も低下しますし、つわりで食べれなくなったりと便秘になる事ばかりになるんですよ。
    出典 :妊娠中に飲んでもいい便秘薬 - 妊娠 - 教えて!goo
  • だからとにかくマッサージしてます。 今は本当に少しですが夜寝る前、朝起きる前にマッサージをします、 便を押すくらいです。そして朝ごはん食べると少し便意が来ます。これを続けるしか今は出来ないです。 今のうちに便秘治したほうがいいですよ。。本当に・・・
    出典 :妊娠中に飲んでもいい便秘薬 - 妊娠 - 教えて!goo
  • 妊娠中に

     

    病院での処方は刺激の少ない便秘薬です。また、酸化マグネシウム系の便秘薬も安心とまではいきませんが使用する事が出来る便秘薬です。アントラキノン系の下剤は避けるようにしておかないといけないのをしっかりと覚えておきましょうね。