床ずれ対策は皮膚を清潔に保つことが大切!無理のない床ずれ対策をしよう

自宅で寝たきりのお年寄りの介護をされている方は、床ずれ対策に気を付けられていることでしょう。床ずれ対策は皮膚を清潔に保つことがポイントです。

  • green 更新日:2014/09/19

view130

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 無理のない床ずれ対策をしよう

     

    自宅で介護をしていると、床ずれが心配ですよね。床ずれ対策をどのようにすればよいかについて勉強しましょう。

  • どうして床ずれになるの?

  • 「床ずれ」とは、皮膚に穴が開いてしまう、主に寝たきりの高齢者にできてしまうものです。
    出典 :湿気の強い夏に怖い!床ずれの対策とは? [介護] All About
  • 寝ていると、骨が寝具と接する部分に体重が集中します。自力で体位変換ができないと、この圧迫が長時間続いたままになります。その結果、毛細血管が押しつぶされて血が通わなくなり、皮膚組織が壊死して床ずれになってしまうのです。
    出典 :介護宅配便
  • 床ずれは長時間の圧迫が原因で発生します。
    出典 :介護宅配便
  • 圧迫する力が毛細血管内圧(32mmHg)を超え、一定の時間(2時間)が経過するとその部位の血行がとだえ、組織が破壊されて床ずれが発生すると言われています。
    出典 :介護宅配便
  • 床ずれ対策【皮膚を清潔に!】

  • 「床ずれ」を作らないための方法の一つとして、皮膚を清潔に保つということです。夏になると、汗をかくようになり皮膚が蒸れやすくなります。
    出典 :湿気の強い夏に怖い!床ずれの対策とは? [介護] All About
  • こまめな着替え・清拭・おむつ交換・密着している部分を中心に皮膚のドライヤー乾燥(冷風)が必要になってきます。
    出典 :湿気の強い夏に怖い!床ずれの対策とは? [介護] All About
  • 床ずれ対策【寝たままはNG】

  • すわる姿勢をとり、十分な栄養管理をおこないましょう。
    出典 :意外と知られていない床ずれ対策
  • 寝たままでは患部への血流も悪く、要介護者の表情も良くなりません。はじめは、足が棒状になっていて膝が曲がらず、足と足が触れると気持ちが悪い場合はクッションや枕を間におきましょう。
    出典 :意外と知られていない床ずれ対策
     

    ずっと寝たままでは床ずれが起きやすいので、1日に何度かは起こしてあげることが大切です。そのようにして床ずれ対策をしましょう。

  • 床ずれ対策【マッサージはしてもいいの?】

  • 初期症状である発赤は、皮膚の下に広い範囲の損傷があります。マッサージにより、さらに炎症が強くなるため厳禁です。
    出典 :意外と知られていない床ずれ対策
  • 強い消毒にも注意が必要です。治療に必要な細胞や再生した組織にも損傷を与えるので、必ず専門家の指示を受けましょう。
    出典 :意外と知られていない床ずれ対策
  • 無理のない床ずれ対策をしよう

     

    自宅介護中の方は、一人で床ずれ対策をするのはなかなか大変なことですよね。時には介護ヘルパーさんの力を借りて、自分一人で抱え込まないようにすることが大切です。