正しく使えばステロイドは怖くない アトピー性皮膚炎を改善する【プロアクティブ療法】とは?

ステロイドというと塗り続けると危険なイメージがありますが、正しく使用すればアトピー性皮膚炎を最も早く改善してくれる素晴らしい薬です。従来はステロイドで皮膚が落ち着いた時点で保湿剤に変えるリアクティブ療法が多かったのですが、近年注目されているプロアクティブ療法についてまとめます。

view349

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アトピー性皮膚炎

  • 肌の乾燥に伴う皮膚のバリア機能低下,アレルギーになりやすいアトピー素因に,ハウスダストや発汗による刺激、食生活やダニのアレルギー、ストレスなどの環境因子などが関連し生じる皮膚炎と考えられています。
    出典 :アトピー性皮膚炎 - 大田区・大森駅 | 大木皮膚科
     

    従来は、炎症があるときはステロイドを使用→表面が治癒したら保湿剤→再度炎症が現れたらまたステロイド、という悪循環ともいえる療法が中心でした。

  • アトピー性皮膚炎の治療で、ステロイド薬で皮膚をきれいにした後も、一定の間隔で薬を使う手法が注目されている。新たな手法では症状の悪化を防げ、薬の総使用量も減らせると期待されている。
    出典 :アトピー性皮膚炎|広島市中区の耳鼻咽喉科,内科,アレルギー科,呼吸器科
     

    表面が治癒しても、内部はまだ治癒に至っておらず、しばらくするとまた再発することが多いです。
    そこで、肌がきれいになった後も患部に一定間隔でステロイドを塗り続けるという療法だそうです。

  • 近年注目されている『プロアクティブ療法』

  • リアクティブ療法とプロアクティブ療法

     

    皮膚症状が悪化した時のみステロイド軟膏やタクロリスム軟膏を使用して、改善後は保湿剤だけを塗り続け,皮疹が悪化した時点で再びステロイド…という従来のリアクティブ療法に対し、プロアクティブ療法は一旦皮疹が改善した後、皮膚症状の悪化がなくてもステロイド軟膏やタクロリスム軟膏を定期的に塗ることで,皮膚症状を正常に保ち続ける方法です.

  • 治療開始時には集中的に、上限量までステロイドを使い、その後は減らしていきます。再熱の頻度が低くなるので、トータルで見るとリアクティブ療法よりもステロイドの使用量は少ないと思います
    出典 :「プロアクティブ療法」でアトピー性皮膚炎は治る? - ライブドアニュース
     

    見た目の症状が消えても炎症は続いているので、目に見えない炎症を完全に抑え込むまで、ステロイドを塗り続ける治療法のようです。

  • 減薬の方法は重症度や炎症の場所によって異なる。標準的な使用法があるわけではなく、医師の判断で減らしていく
    出典 :「プロアクティブ療法」でアトピー性皮膚炎は治る? - ライブドアニュース
     

    週に1回なら、自分の曜日を決めてその日だけ、というふうにできますね。

  • 非常に優れた治療法と思います。というのも週に1,2回であれば、ステロイドやタクロリムス外用薬の副作用はほぼ無視できますし、患者さまのライフスタイルに合わせて外用を続けることができるからです
    出典 :アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法 | 三鷹で皮膚科をお探しなら、三鷹はなふさ皮膚科
     

    小児アトピー性皮膚炎だけでなく、成人に対してもこの療法は広がっていくと見通されているようです。

  • ステロイド剤の正しい塗り方(肌表面に炎症があるとき)

  • 1日2回、毎日塗るのが原則(肌表面に炎症があるとき)

     

    人差し指の先端から第1関節部までチューブから押し出した量(1FTU)で、約0.5gです。
    ローションの場合には、1円玉の大きさが1FTUになります。
    成人の手のひら2枚分の面積に塗る量に相当します。

  • 副作用が怖いからと十分な量を塗らないと、皮疹が改善せずに、結果としてステロイド外用薬の使用が長期間に及んでしまうことがあるため、使用量はきちんと守りましょう。
    出典 :ステロイド外用薬|塗り薬による治療|代表的な治療法|アトピー性皮膚炎ドットコム ノバルティスファーマ株式会社
     

    ステロイドで肌の炎症が治らないのは、多くの場合塗布量が足りないのが原因のようです。

  • ステロイドの塗り方

     

    強くこすらず、伸ばすように広げていきましょう。

  • 外用薬の塗り方 江藤先生の薬の塗り方教室

  • 病変部位にステロイドを塗ってそれが皮膚に浸透するまで待ち、ステロイドの浸透するのを待ってから保湿剤を塗るのが、ガイドライン・医学的には正しいとは思います
    出典 :ファミリークリニック小禄 公式ブログ:アトピー性皮膚炎
     

    しかし、浸透するのに20~30分と言われているようなので、なかなか難しい場合がありますね。

  • 保湿剤を手のひらで一気に塗り、その後病変部位にピンポイントでステロイド剤を塗るように指導しています
    →このやり方だと、1回5分程度で終わるので毎日継続可能
    出典 :ファミリークリニック小禄 公式ブログ:アトピー性皮膚炎
     

    こちらの先生は、患者さんの手間を省くためこのように指導されているようです
    とても分かりやすいブログなので参考にしてください

  • 症状が出るのを待って治療開始するのが、リアクティブ療法

     

    軽症の場合はこの方法が適しているようです
    ある程度よくなったら中止し、また再燃したら使うという方法です

  • 症状が出る前に治療するのが、プロアクティブ療法

     

    中度症以上に適している治療法だそうです

    多くの人は湿疹が改善した後、週1~2回の外用剤でコントロール可能ですが、果たしてどのくらいの期間、週1~2回塗り続けたらよいのか、はっきりとした決まりはありません
    医師の指導のもとで行いましょう