膝の腫れは打撲!?病院に行く必要ある!?どうやって治療するの!?

膝の腫れは打撲なのかどうか判断に困る時って誰にでも今まであったことだと思います!膝の腫れの治療方法や意外と危険な膝の腫れの自己判断についてまとめてみました!!日常的に良く起こる膝の痛みについて良く知っておくことは、毎日健康的に過ごすうえでとっても重要なことです!膝の痛みが気になる方は必見ですよ!!!

view85

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 誰もが迷う膝の打撲の治療方法!!!

  • 膝の腫れ

     

    階段にぶつけてしまったり、自転車に乗っているときにぶつけてしまったり、日常生活で膝をぶつけてしま酢機会がとてもたくさんありますよね!原因は何であれ、ぶつけた膝が腫れてきてしまったらどうしたらいいか分からないという方も多いと思います!もしかしたら自分が今までしてきた治療方法が間違っていたりしたらとっても怖いですよね!

  • 膝の打撲について。どのように治療していいかわかりません。血流が悪いためか冷えて辛いので温めて寝ていますが、暖めないほうがいいとか、冷やしたほうがいいとかありますか?全然分からないのでお詳しい方ご教示願います。
    出典 :膝の打撲について。どのように治療していいかわかりません。 - Yahoo!知恵袋
     

    腫れたことが無い方は特に迷ってしまいますよね!温めたら余計に晴れるから冷やしたほうがイイといか、冷やしたら逆に悪いとか、いろんな治療方法があって良くわからなくなってしまします・・。一番いいのは、やっぱりぶつけて腫れてきたらすぐにお医者さんに行くことをお勧めします!専門の医者は適切な治療法を指示してくれるので、治りも早くなること間違いなしです!ぶつけたら大丈夫と思わずに医者にすぐに行って適切な治療を受けてくださいね!!

  • 膝の腫れは打撲?骨折?判断はとっても難しい!

  • 膝の腫れ

     

    膝をぶつけて腫れてきてしまたら真っ先に気になるのがこれは本当にただの打撲なのか・・?もしかして折れていて骨折なのか・・・?一体どちらなのかけがをした本人ではわからないですよね・・・。しかも!骨折していても普通に歩ける骨の折れ方もあるみたいなんです!余計に判断が大変になってしましますよね・・!

  • 自転車走行時に転倒したり、膝を他の原因で強打した直後、病院へ行ってレントゲンを撮ったときに異常は見つからず、打撲と判断され、しかし、何日たっても痛みや腫れが引かない場合があります。そういう場合にうたがわれるのが、「膝関節内骨折(不顕性骨折)」です。
    出典 :膝関節内骨折(不顕性骨折) 打撲だと思っていたら、実は骨折だったという疾患です。
     

    骨が折れているのに、打撲だと判断されてしまうなんてとっても怖いですね・・。プロでも判断を誤ってしまうことがあるのだから、プロでもない私たちが判断をしようとしてもわからないのは良く理解ができますね。。若いうちなら、多少の判断ミスでもなんとかなると思いますが、ご年配のかたの場合はそれが原因で寝たきりになってしまうなんてこともあり得るかも・・・。

  • 実は危険だらけの膝の打撲の自己判断!

  • 膝の打撲

     

    実は自己判断はものすごく危険だってことを知っていましたか!?プロの医者でも判断ミスをするほどの、膝の腫れを自己判断するのはリスクがとても高いです!もしかしたらとても怖い複雑な骨の折れ方をしている場合もありますし、医者でも気が付かないくらいの小さい傷が靭帯についてしまったりする可能性があるからなんです!医者選びも重要で、判断ミスの少ない医者を選びことが重要になります。長年の勘や慣れがこの判断に影響してくるので、ベテランの医者に診てもらうことが大切です!

  • 膝の打撲を早く治す方法としては、直後に関しては患部を冷やす・包帯等で固定するといった方法を取る事で、以後の治療の結果が良好となる可能性が高まります。骨との距離が近い部分という事もあり、全治に関しては骨折等を伴っていなくとも数週間掛かるケースもあります。医師の診察後は指示に従い、じっくりと経過観察を行う事が大切です。
    出典 :膝の打撲の自己判断は危険です
     

    プロの医者でも判断ミスはしてしまうことはありますが、自己判断はもっと危険なので、すぐに医者に行くことがとても重要です!すぐには表れない症状もある場合がありますし、診察を受けた後は激しい運動は控えて、経過を見ることが大切になります!重症の打撲は骨折を同じくらいの治療の期間を有する可能性があるので注意が必要です!自分の判断では細かい判断はできません!自分の膝の様子がおかしいと思ったころには遅いことがあるのでぶつけたらすぐに診察を受けてください!

  • 膝の打撲の症状として多いのが一般的な痛みですが、それ以外の痛み、腫れ、内出血、しびれが生じている場合には膝のお皿が割れているか靭帯に傷がついてしまっている場合もあるので十分注意が必要になります。早めの診断を受けて治療を行うのが最適です。
    出典 :膝の打撲の自己判断は危険です
     

    ただの打撲ならまだいいですが、お皿が割れてしまっていたり、靭帯に傷がついてしまったりしている場合は注意が必要です!治りも遅いですし、場合によっては手術が必要な場合もあるのでとにかく早めに医者の診察を受けることをお勧めします!!膝の診察や治療に関してのプロの専門医や、ベテランの医者に診察をしてもらうことが安心だと思います!結局細かい判断は医者の経験にかかってくるので、医者選びはとっても重要です!