新陳代謝を高める!身体あたため食材

特に、女性にとって身体を温めることは非常に重要です。新陳代謝の効率を高めるために、温め食材をあつめました。

view529

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体を温めると、血行が促進され、脂肪燃焼・冷え性の改善・ダイエット・健康にもとても効果があります。体を内側から温めて、痩せる体質を目指しましょう!

    出典 :体を温める食材 | フリースタイルダイエット
     

    ここで、あたため食材を知って、今日からあたため生活をはじめましょう。

  • <あたため食材のポイント>
    ・地下で時間をかけてじっくりと成長するもの
     →代表的なものは根菜類やイモ類
    ・寒い地方で採れた食べ物、冬が旬の食べ物
     →南方産の食べ物は、カラダを冷やすものが多い
    ・塩分(ナトリウム)の多い食べ物
     →北欧やロシアなど寒い地方が塩漬けの文化が深いのは、
      カラダをあたためるための先人の知恵が活かされています
    ・堅い、水分の少ないもの
    ・熱すると硬くなるもの
    ・スパイス・香辛料 など

  • ニンニク特有の匂いの成分に体を温めてくれる効果がありますが、それ以外の成分にも同様の効果をがあるのが、ニンニクのすごいところ。特にスコルジニンという成分は代謝をアップして消化吸収をうながして血行をよくする働きがパワフル。気になる匂いは芽を取って加熱すれば、かなりやわらぎます。食後に牛乳を飲んだり、リンゴを食べるとずいぶんと消臭できます。

    出典 :アンチエイジング | ネギ、ショウガ、ニンニクで体を温めるっ! | モンナージュ
     

    にんにく醤油を活用。お醤油の中にニンニクひとかけを漬けて
    お肉を焼くときにみじん切りを加えてガーリックオイル焼きに
    炒め物のときにスライスしたニンニクをプラス
    じゃがいもを調理する感覚でニンニクを活用(カレーなど)
    みかんの皮とニンニクをネットに入れて湯船の中へ。温まります。

  • (陽性のアルカリ食品)
    ・根菜類
    こんにゃく、ごぼう、
    人参、山芋、蓮根
    ・自然塩
    ・塩辛い加工品
    みそ、しょうゆ、梅干、たくあん

    東北などの寒い地方の人がおかずに煮物を良く食べるのもうなづけます。体をホコホコ温めてくれそうです。もちろん津山でもよく食べられます。
    出典 :食べ物で冷え性改善|冷え性ドットコム
     

    身体をあたためて、血液をサラサラにする食材。

  • 1年中みかけますが、ネギは冬に旬を迎える食材。緑色の葉の部分、白い部分のどちらも体を温めてくれますが、土にもぐっていた白い部分のほうがより温める効果が高いそう。白い部分を風邪の初期に食べる習慣があるのはそのためです。ネギの有効成分である硫化アリル(ネギ特有の刺激臭のもと)は、揮発性で熱に強くないので、高い効果を狙いたいときにはササッと調理するのがベスト。

    出典 :アンチエイジング | ネギ、ショウガ、ニンニクで体を温めるっ! | モンナージュ
     

    おみそ汁の具にたっぷり入れる
    うどんやお蕎麦やラーメン、鍋物などの薬味にも欠かさずに
    お肉を焼くときにも一緒にソテー
    グラタンなどの焼き物の具にもプラス
    スープを作るときにもプラス(まろやかな味になります)

  • ●カラダをあたためる食材の代表的なもの
    【穀物・野菜・木の実類】
    あさつき、あんず、うど、かぼちゃ、栗、ごぼう、こんにゃく、さつまいも、シソ、ジャガイモ、しょうが、タマネギ、ニラ、にんにく、ネギ、フキ、山芋、レンコン、らっきょうなど
    出典 :カラダぽかぽか「あたため食材」を食べよう- 最新ニュース|MSN トピックス
     

    根菜もあたため効果がありますよ。

  • キムチ味のスープに、体をあたためてくれるタラ、白菜に大根、ゴボウ、レンコン、カボチャ、豆腐・・・旬の根菜を中心にたっぷり入れて体の芯からぽかぽか。冬場のおうちごはんは鍋が一番! ほかにカボスのポン酢でいただく水炊きやおでんも定番です。
    出典 :冷えない1dayライフを公開/「あたため美人」になる! 新キレイ習慣-Kirei Style
     

    キムチ鍋にはあたため食材をプラスして。

  • 外出先でも手軽にショウガライフ!

     

    「ショウガは温性食材の代表。即効性も高い食材なので、寒い外気にさらされ物理的に体が冷える冬は、 食事以外でも温性の食材を上手に取り入れられるといいですね」。 ショウガブームでショウガ飴やショウガ入りのドリンクなどさまざまなショウガ商品が販売されているので、 外出先でも手軽に取り入れて、体の深部からぽかぽか!

  • 主な温性の食材は、冬場が旬のもの、寒冷地でとれるもの、 地下で育つ根のもの、発酵食品、薬味に使われるショウガやネギなど。 なかでも、ショウガはジンゲロールという辛味成分に血流をよくするパワーがあり、 体をあたためるのにかけがえのない食材。ショウガは、漢方の半数近くに使われている「健胃生薬」であり、 胃腸の働きを活発にし、内側からあたためる。つまり、消化・吸収を促進しながら、血流を豊富にする働きがあります。 ニンニクやトウガラシはあたため効果が強い反面、刺激性もある。 その点、ショウガは、胃にもやさしいので子どもや年配の方にも安心。 ドリンクから料理、スイーツまで幅広く使えるのも魅力です。 東洋医学でいう医食同源とは、毎日の食で健康的な体を作っていくという考え。 「今日は冷えが辛い」と思ったらショウガをたっぷりとるなど、温性の食材を積極的に取り入れながら、 長く続けていくことが大切ですね。

  • 寒い土地や気候に採れる物・赤や黒い色の物・塩辛い物・固い物・水分の少ない物が多いのが特徴です。
    例)ごぼう・山芋・人参・蓮根・にら・ねぎ・かぼちゃ・生姜・にんにく・桃・あんず・梅・栗・くるみ・えび・豚肉・鶏肉・卵・赤身の魚・なまこ・あなご・みそ・しょうゆ・胡椒・山椒・自然塩・ほうじ茶 など

    出典 :体をあたためる食べ物 | 料理研究家 Yukiyo : Lohas & Living Food (ロハス & リビングフード)
     

    身体を温める陽性食品です。いろいろありますね!

  • 寝る前は、「ホットワイン」でリラックス

     

    アルコールには血流をよく働きがあるほか、リラックス、鎮静効果もあり。 「安眠を誘う寝る前のお酒"ナイト・キャップ"は、 この季節、ポリフェノールリッチな赤ワインをあたためて飲むといいでしょう。 ボルドーカラーで女性がハッピーになるカラーなのもいいですね」。 ほかに、梅酒や薬酒、お酒が苦手な人はカフェインレスのハーブティーも。

  • 起きぬけの体にお白湯を一杯
    「朝は体温も代謝も低く、体が眠ったような状態なので、午前中の体温を上げ、 一日中熱を作り出しやすいきっかけを作ってあげるのが大切。 朝食をとる時間がない人にもお白湯なら簡単。 お白湯は胃に熱を送り、内臓機能が活発になり代謝も上がります。」 その後に、朝食をとったり、運動をしてもスムーズに熱が生み出されるように。
    出典 :美人度アップの秘訣は、体をあたためること/「あたため美人」になる! 新キレイ習慣-Kirei Style
     

    これは簡単にできそうですね。

  • ・しょうが
    ・ね ぎ
    ・にんにく
    ・梅干黒焼き 等

    かぜの時に効くとされているものです。温めて飲むほうがより効果があるそうです。
    出典 :食べ物で冷え性改善|冷え性ドットコム
     

    とくに、身体あたため効果の高い食材です。

  • 旬の野菜をたっぷり使ってお鍋

     

    「大根やネギなど冬が旬の野菜の食材に加え、筋肉を作るのに不可欠なタンパク質を含む肉や魚、 食物繊維が豊富なキノコ類などが一度にとれるのが鍋のいいところ。 肉は羊や鶏肉、魚ならタラやサケがおすすめ。ショウガやネギなど、たっぷりの薬味と一緒に!」。 発醗酵食品の味噌を使った鍋や豆乳鍋など、スープごといただける鍋がより効果的。

  • 実は東南アジア原産の食材なのですが、体を温める効果はピカイチ。血の巡りをよくする効果が非常に高く、大半の漢方薬に配合されているほどです。ショウガの辛み成分であるジンゲロールが内臓の働きを高めて代謝をアップ、血行を促して体温を上げるそうです。同時に余分な水分を排出する働きもあるので、むくみがちな人にもおすすめ。コレステロールも下げてくれます。

    出典 :アンチエイジング | ネギ、ショウガ、ニンニクで体を温めるっ! | モンナージュ
     

    手軽なジンジャーティーで。はちみつや黒砂糖で甘みを加えて
    ジンジャーシロップをお湯にとかして飲むのもおいしい
    温かいうどん、お茶漬け、煮魚、お刺身の薬味に
    カレーにすり下ろしたショウガを加えるのも結構イケます
    酢と相性がいいのでドレッシングにも。お寿司に欠かせないガリもグー