腰痛ストレッチ体操で全身をリラックス

腰痛ストレッチ体操で、疲労した全身をリラックスさせてあげましょう。
簡単にできる方法をご紹介しましょう。

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    ずっと同じ姿勢でいると、体の筋肉がこわばってしまい腰痛にもつながります。
    体の筋肉を引っ張って伸ばすストレッチを行いましょう。

  • ストレッチには疲労の除去やリラックス効果が期待できるので、腰の筋肉の疲労をストレッチによって取り除いてしまえば、腰痛になりにくいのではないか?というのが腰痛予防や 腰痛改善にストレッチが良いと言われている所以の一つです。
    出典 :【腰痛】腰痛予防ストレッチ~腰に優しいストレッチ体操の紹介~【体操】
  • 腰痛ストレッチ体操で注意すること!

  • ★絶対に無理をして行わない。痛みがあるときにはやらない。
    ★反動をつけたり、無理に伸ばしたりしない。
    ★ストレッチをすることで痛みがひどくなる場合、すぐに中止する。
    ★自分のペースで行い、毎日継続できるようにする。
    出典 :【ストレッチ】 - 腰痛体操とストレッチ
  • 会社の昼休みや休憩時間にできるものから紹介します。

  • 椅子でストレッチ

     

    [1]膝の上に手を置き、息をゆっくりと吐きながら上体を前に倒す。
    [2]無理をしない程度まで前に倒し、その姿勢を5秒キープ。
    [3]ゆっくりと元に戻す。

  • 足を組んでストレッチ

     

    [1]膝の上に手を置き、足を組む。
    [2]息をゆっくりと吐きながら上体を前に倒す。
    [3]無理をしない程度に前に倒し、その姿勢を5秒キープ。
    [4]ゆっくりと元に戻す。

  • 足を抱えるストレッチ

     

    [1]片足を椅子にあげ、息を吸いながら足を抱えその姿勢を5秒間キープ。
    [2]息を吐きながら足をゆっくりと戻す。

  • 腰回しストレッチ

     

    [1]腰に手をあてて、上体をゆっくりと息を吐きながらねじる。
    [2]その姿勢を5秒間保ち、息を吐きながらゆっくり戻す。左右交互にやってみる。

  • 自宅でテレビを見ながら、寝る前にベッドの上でちょっとだけ…。
    気軽に行える「ながらストレッチ」ですので、毎日やってみましょう。

  • 腹筋体操

     

    [1]軽く膝を曲げて仰向けになり、太ももに手を当てる。
    [2]ゆっくりと上体を起こし、そのままの姿勢で5秒間キープ。
    [3]ゆっくりと上体を戻す。

  • 骨盤の反りを減らす

     

    [1]軽く膝を曲げて仰向けになり、体の横に腕を置く。
    [2]床の隙間を埋めるように背中を押し付ける。
    [3]お尻を浮かせ、5秒間姿勢をキープ。
    [4]ゆっくりと元の姿勢に戻す。

  • 腰の筋肉を伸ばす

     

    [1]仰向けになり、膝を両手で抱える。
    [2]胸に膝をつけ、5秒間姿勢をキープ。
    [3]はじめの姿勢に戻る。

  • 体をひねって、腰痛予防のストレッチ体操
     1 あおむけに寝て、両ひざを立てる
     2 両肩が床から離れないようにして、両ひざをゆっくり真横に倒す。10秒程キープ。
     3 左右それぞれ10回ずつ

    出典 :腰痛予防のストレッチ体操【はつらつライフ】
  • ストレッチすることで他の効果も期待

  • 「運動をする時間がない」という人も、ストレッチだけでたるみ改善効果や引きしめ効果が期待できます。
    出典 :脂肪の燃焼効率を高めてくびれを作る1分間ストレッチ | ダイエットSlism
  • 腰痛体操を行うことで、緊張感から解放されるリラクゼーション効果や、
    血行が促進されることによるダイエット効果などにも期待されます。
    出典 :腰痛 体操