生理痛で悩んでる人や避妊に失敗したくない人必見!!ピルの魅力まとめ☆☆

生理痛が酷くて悩んでる人や絶対に避妊に失敗したくないと思ってる人におすすめのピル!!
そんなピルの魅力についてまとめてみました!!

view362

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもピルって一体どんな物???

  • ピル(経口避妊薬)は、女性の卵巣でつくられるホルモン「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2つが主成分。これら女性ホルモンの作用を利用して、妊娠を防ぐ薬です。
     女性ホルモンは、脳の司令を受けて卵巣から一定のリズムで分泌されます。ところが、ピルを服用して体外から女性ホルモンを取り入れると、脳が、すでに必要なホルモンが分泌されているものと勘違いして、卵巣にホルモン分泌の指令を出さなくなります。すると、卵巣は“うたた寝”をした状態に。このため排卵が起こらなくなり、妊娠しないというわけです。
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
  • 現在避妊などに用いられてるのは主に低用量ピルです!!

     

    中・高用量ピルは副作用などが問題視されていましたが低用量ピルは中・高用量ピルに比べて副作用なども少ないようです!!

  • 中・高用量ピルと低用量ピル
     かつては、日本では避妊目的でのピルが認可されていませんでした。そのため、月経不順や無月経など、月経トラブルの治療薬として使われている「中・高用量ピル」を、必要に応じて避妊用に転用していたのです。
     中・高用量ピルは、含まれているホルモン量がより多いものです。そのために、気分が悪くなったり、むくみなどの不快な症状の副作用が多く見られます。一方、「低用量ピル」は、避妊だけを目的に開発された薬で、避妊効果を維持しながらホルモン量をぎりぎりまで少なくしたものです。
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
  • ピルの魅力とは???気になるピルのメリットまとめ☆☆

  • 高い避妊効果!!!

     

    ピルの場合、飲み忘れなどなければ避妊率は99.7%!!
    これはかなり高い確率で避妊が出来るということです!!

  • 日本で最も行われている避妊法はコンドームだと思いますが、コンドームの一般的な使用法(理想的な使用法ではなく)による避妊率は85%と言われています。言い換えれば、コンドームを使用していても15%の人が妊娠しているということです。それに比べてピルの場合、飲み忘れなどなければ避妊率は99.7%とかなり高い避妊効果を示します。
    出典 :避妊だけじゃない低容量ピルの秘密- ビューティー研究室|シティウェーブ

  •  ピルは、以下の3つの相乗効果で、確実に避妊することができます。

    (1)排卵を抑制
     卵巣がうたた寝状態になると、卵胞が発育せず、排卵が抑えられます。精子が進入してきても、卵子と出会うことができないため、受精が成立しません。

    (2)子宮内膜の増殖を抑制
    通常は、月経周期とともに、受精卵が着床しやすいように子宮内膜が増殖するのですが、ピルを飲んでいる間は内膜が厚くならないので、受精卵が着床しにくくなります。

    (3)頸管粘液を変化させ、精子の進入を阻止
    子宮頸管から分泌される粘液が濃くなり、子宮の入口がせまくなって精子の進入を防ぎます。
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
  • 大人ニキビの改善!!

     

    大人になってからのニキビって本当に辛いですよね・・・・

  • ニキビはストレス、食事や日々の生活など様々な要因がありますが、生理前にニキビが出来て肌が荒れることがあります。ホルモンバランスが崩れることで発生するニキビにはOCが効果的です。生理の前に2週間ほど黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンは男性ホルモンと似ており、肌の細胞が男性ホルモンと勘違いして皮脂の分泌が活発になります。そしてアクネ菌が繁殖し、ニキビが発生する、というのがこの手のニキビの主な原因と考えられています。
    出典 :知られていないピルの効果 | Le Style
  • 多毛症の改善

     

    女性で多毛の場合悩んでしまう人も多いのではないでしょうか???

  • 多毛といいますが、実際は毛が太く硬くなって目立つようになったもの(硬毛化)。体毛の濃さは個人差がありますし、一言で多毛症といっても、薬、何らかの病気が原因で生じる場合があります。仕組みとしては男性ホルモンが増えたことによるものが多いです。ピルで多毛症を治すというのではなく、ピルを服用することで体毛などが薄くなった……という効果が見られることがあります。
    ピルの中でも男性ホルモン作用を含まない種類にこの効果が認められます。
    出典 :知られていないピルの効果 | Le Style
  • PMS(月経前症候群)の改善!!

     

    辛い症状で悩んでる人にはおすすめです!!

  • 生理前にありがちなイライラ、ゆううつ。体や頭がだるい、重い。自分でも抑えられず周囲に当たりちらしたりして、後でとても後悔。それはもしかするとPMS(月経前症候群)かもしれません。 以下の症状が生理前に集中してたびたびあるようなら一度、婦人科で相談してみるとよいでしょう。
    出典 :知られていないピルの効果 | Le Style
  • 酷い生理痛

     

    なかなか分かってもらえない、この痛み。市販の鎮痛剤でも収まらず、大事なイベントを憂鬱な気持ちで迎えていませんか。

  • 生理痛の原因は、厚みをもった子宮内膜が排出される際に子宮の入口を押し広げることでに起こります。特に出産経験のない女性の生理痛が多いのはまだ子宮の入口が狭いからです。
    OCで排泄される子宮内膜のボリュームダウンし、結果として生理痛を軽くすることができます。
    出典 :知られていないピルの効果 | Le Style
  • 大腸がん

     

    大腸ガンは明らかにその発生リスクを低下させます。

  • OCを8年以上服用経験のある女性は約40%も大腸ガンのリスクが低下します。
    また、過去にOCの使用経験がある場合は、そうでない場合に比べて20% スクが低下し、現在服用をしている場合はさらにリスクを低下させるようです。
    このように明らかなOCの効果がでる悪性腫瘍(ホルモンとは関係のない)は大腸ガンだけなのですが、そのメカニズムはわかっていません。また、それ以外の悪性腫瘍とOCにはあまり関係はみられていません。
    出典 :知られていないピルの効果 | Le Style
  • メリットを良く知りピルの服用を検討してみましょう!!