目が乾く。これってドライアイ?

ドライアイには目薬が有効?
ドライアイの原因、予防と対策方法をまとめました。

view455

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ドライアイの症状は?

  • •目の乾き
    •眼が疲れる(眼精疲労)
    •眼が痛い
    •目の充血
    •目の痙攣
    •10秒以上目が開けられない
    •理由もなく涙が出る
    •ドライアイの症状がひどくなると角膜や結膜に障害が起こってきます。
    出典 :ドライアイ|ドライアイの症状・治療・対策 - 目の病気・症状 チェック
     

    当てはまりますか?

  • 原因は?

  • 目の酷使

  • •VDT作業(パソコン・コンピュータでの作業)や読書、運転、携帯メールなどで、目を長時間酷使する。
    •涙の分泌量が減る。
    •まばたきの回数が減る。
    •ストレス
    出典 :ドライアイ|ドライアイの症状・治療・対策 - 目の病気・症状 チェック
  • 乾燥

  • 部屋が乾燥していると、ドライアイになりやすくなります。乾燥した部屋では、涙が目の表面から気化してしまうため、ドライアイになりやすくなります。
    出典 :ドライアイ|ドライアイの症状・治療・対策 - 目の病気・症状 チェック
     

    冷暖房が乾燥の原因になります。

  • コンタクトレンズ

  • ドライアイの人がコンタクトレンズを装用すると、悪影響が出やすくなり、また、ドライアイでない人でもコンタクトレンズを装用すると目が乾きやすくなります。
    出典 :ドライアイ|ドライアイの症状・治療・対策 - 目の病気・症状 チェック
     

    コンタクトレンズの人には気をつけて

  • 自立神経のコントロールによるもの

  • パソコンワークに集中していると、精神的に緊張状態が続きます。それが、まばたきをコントロールしている自律神経の働きに影響し、まばたきの回数が減ってしまいます。そのため、涙が目の表面にいきわたらず、乾いてしまうのです。
    出典 :ドライアイの原因・メカニズム [ドライアイ] All About
  • 生活習慣

  • 夜型・睡眠不足・ストレス生活を続けると、自律神経の働きに悪影響を与え、涙の量と質が低下してしまい、目が乾きやすくなります。
    出典 :ドライアイの原因・メカニズム [ドライアイ] All About
  • そのほかの原因

  • •加齢(年齢とともに涙の分泌量は低下する)
    •アレルギー性結膜炎。
    •目が大きい
    •アイメイク(まぶたの内側には、マイボーム腺という、目の表面の涙が蒸発しないための油が出る腺がある。目の潤いは、ここから出る油によって保たれているが、濃い化粧をするとマイボーム腺がふさがれ、油が分泌できなくなり、ドライアイという症状が起こってくる。)
    出典 :ドライアイ|ドライアイの症状・治療・対策 - 目の病気・症状 チェック
     

    アイメイクには気をつけましょう。

  • 予防と対策方法は?

  • 目薬

  •  

    ドラッグストアなどでも売っていますよね。
    どんな目薬でもいいのでしょうか?

  • ドライアイの治療に使われる目薬において最も重要なことは、「防腐剤の入っていない」ことです。通常の目薬は、容器の中にカビや雑菌が繁殖しないように防腐剤が入っています。



    しかし、その防腐剤は目の細胞にも毒として働いてしまいます。
    特にドライアイの場合には、点眼の頻度が多くなるため防腐剤の影響を受けやすくなります。
    (病状が進行して目の表面に傷があるならば、悪影響はさらに大きくなります)

    また、症状が進行してしまい涙がまったく出ない状態ですと、目薬が乾燥して残った防腐剤はそのまま目の表面に付着してしまう(!)という恐ろしい結果になります。

    ただし、症状が軽度で1日6回程度の点眼で済むようでしたら、防腐剤が入っていても使っても良いようです(もちろん、防腐剤抜きが望ましいです)。


    出典 :ドライアイ(目の乾き)と目薬
     

    症状が重い人は防腐剤が入っていない目薬を!

  • ツボマッサージ

  • 目の周りにはドライアイや眼精疲労に効くツボが集中しているので、目頭からぐるっと円をかくようにマッサージ。 血行が良くなり、スーッと楽になります。また、意識してまばたきをする、ホットタオルで 温めるなども手軽にできる解消法。「目が疲れたな」と感じたらすぐに試してみましょう。
    出典 :家庭でできる!ドライアイの予防と改善/健康耳より情報 | ライオン ウェルネスダイレクト
  • 紫外線から眼をガードする

  • 眼から紫外線がはいるとシミの原因だけでなく、ドライアイの原因にもなります。
    長時間、紫外線を浴びると眼球が炎症を起こし、白眼に黄色いシミのようなものができる白目部分に黄色いシミのように黄色く濁ったものが生じる瞼裂斑(けんれつはん)や、黒目が白く濁る翼状片(よくじょうへん)が生じることがあり、これらはドライアイを引き起こす原因となります。
    黄色く濁った眼より、白く透き通った眼のほうが美しいと思いませんか?
    そのためにも、UVカット効果のあるサングラス、メガネ、コンタクトレンズなどで目を紫外線から守ってあげましょうね。
    出典 :今すぐにできるドライアイを予防する3つの対策 | Beauty LifeHack
     

    外出時には気をつけましょう。