男性の更年期障害ってどんなの?

最近、男性にも更年期障害があることがわかってきているのはよく知られたところ。はたしてどのようなものなのでしょうか?

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 男性にもある更年期障害

  • 更年期障害は女性特有の病気と思われてきましたが、近年男性にも更年期障害があることが明らかになってきました。
    男性には閉経のようなはっきりした体の変化が現れない上に、個人差が大きいことなどが男性更年期障害の症状を分かりにくくしています。
    女性の更年期障害は閉経前後の卵巣の急激な機能停止によって起こると考えられていますが、 男性の更年期障害は加齢による男性ホルモンの低下が発症に大きく関わっていることがわかってきました。それに加えて仕事上のストレス、肥満、運動不足なども間接的要因として挙げられます。
    発症時期は概ね40代の中頃から50代前半にかけてが最も多いのですが、たとえ30代でもこの男性ホルモンが減少するれば更年期障害と同じ症状が発生します。
    男性ホルモンの分泌量が減少してくると集中力や意欲が低下し、筋肉も弱くなります。さらに排尿機能や男性機能も衰えてきます。
    男性更年期障害には男性ホルモンの減少による生理的な変調のほかに、心身症的反応による不定愁訴もあります。生理的変調による症状は主に「精力の減退」が、不定愁訴としては「不安、不眠、あせりなどの精神症状」、「気力の低下」、「全身倦怠感」などがあります。
    肉体的にも精神的にも豊かな老後を迎えるためには、この更年期をいかに過ごすかが大きな意味を持つといっても過言ではないでしょう。
    出典 :男性にも更年期障害がある
  • 男性更年期障害の主な症状

  • 結構、思い当たる人も多いのではないでしょうか?

  • 男性更年期症状
    ①血管運動神経症状 「ホテリ・のぼせ・冷え・動悸」
    ②精神神経症状 「不眠・頭痛・めまい・耳鳴り・不安・呼吸困難・不安」
    ③知覚異常症状 「しびれ・知覚鈍麻」
    ④運動器官症状 「肩こり・筋肉痛・関節痛」
    ⑤皮膚・分泌系症状 「発汗・口内乾燥」
    ⑥消化器症状 「食用不振・便秘・腹痛」
    ⑦全身症状 「倦怠感」
    ⑧泌尿器系症状 「頻尿・残尿感・尿の勢いの低下」
    ⑨性機能症状 「性欲低下・朝立ちの減少・ED(勃起不全)」
    出典 :男性更年期の主な症状
  • 【朝礼】男性更年期障害の予防について 大熊正喜

  • どういう人がなりやすいのか?

  • 男性更年期障害が起こりやすいタイプは「責任感が人一倍強い」「几帳面」「競争心が強い」以上の様な性格の人は可能性が高い。
    そのほか以前スポーツマンだった人が急にやめてしまったり、急に仕事をやめてしまうのも要注意です。毎日の生活のリズムが狂い、脳内のホルモンの分泌や自律神経の働きに異常がでるからです。
    逆にマイペースで物事にこだわらない人はストレスを溜めないので男性更年期障害になりにくいといえます。
    出典 :男性更年期障害が起こりやすい人
  • 10問で簡単にできる! 「更年期障害の自己診断」 清水展人 -hiroto-

  • 男性更年期障害は、男性らしい男性に多く起きます。

    男性らしい男性は、男性ホルモン(テストステロン)が非常に多量に分泌されています。そのため、男性らしい体になり、男性らしい振る舞いをするようになるのです。

    こういう人は、通常の男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が多いだけに、更年期の男性ホルモン(テストステロン)が減少してくると、その落差が大きくなりがちで、結果として、男性ホルモン(テストステロン)減少の影響を大きく受けてしまいます。

    そして、その結果、重い男性更年期障害を患ってしまうことになるのです。
    出典 :男性の更年期障害が起きやすい人-男らしい男性
  • 男性らしい男性に起こりやすいとは・・・

  • 更年期障害かどうかの見分け方

  • なかなか素人判断は難しいところがあります

  • 男性の更年期障害の場合には、様々な症状が日替わりで発生することになるのです。

    自律神経失調症のような症状になったり、うつ病のような症状になったり、泌尿器系に異常が生じたり、頭痛がしてみたり、、というように日々その症状が変わっていくのです。

    表面に見えている症状と原因(男性の更年期障害)が結びつかないことに加え、医師の男性の更年期障害に対する無知も重なり、様々な医者を巡り歩いても適切な診断がなされず、医者漁り(ドクターショッピング)をしてしまう男性更年期障害の患者も多くいるのです(実は、男性の更年期障害の見分け方のひとつとして、ドクターショッピングをしている男性、というのが挙げられます)。


    このように男性の更年期障害を症状から見分けるのは非常に困難ですが、男性ホルモン(テストステロン)の血中濃度を測る検査を受けることで、男性の更年期障害かどうかの判断がつきます。

    もし、男性の更年期障害のおそれが濃厚と思ったら、迷わず、病院で男性ホルモン(テストステロン)の検査を受けてください。
    出典 :男性の更年期障害の特徴とその見分け方
  • 何科を受診すればいいのか?

  • さて、いよいよおかしいとなった場合、病院の何科を受診すればいいのか、迷うところですが。

  • 男性更年期の症状が現れ、いざ病院に行こうと思っても「何科」を受診すればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?
    女性の更年期障害には婦人科があるので分かりやすいですが、男性更年期障害は日本においてやっと最近認知されはじめたばかりのため、男性更年期専門の外来のある病院はまだ少ないのが現状です。男性の場合、行こうとしている病院に男性更年期外来が無いときは症状により受診する科が分かれます。

    体に倦怠感をおぼえた場合は、まず心療内科か内科に行きます。そこでさまざまな検査を受けた上で、改善されないのであれば、今度は神経精神科を受診します。
    「尿の勢いが低下した時」や「勃起不全」など症状は、泌尿器科に行きましょう。
    少しでも男性更年期障害と疑わしい時は迷わず病院へ行くことが大切です。
    出典 :病院の何科に行けばいいの?