避妊薬や飲酒が原因になる!?【急性ポルフェリン症】

避妊薬も原因の一つとして挙がっているこの病気
妊娠と月経周期も関係があるのです
まとめてみました

view243

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 急性ポルフェリン症?

  •  赤芽球性(せきがきゅうせい)プロトポルフィリン症と並んで、もっとも頻度の高いポルフィリン症です。
     肝臓でポルフィリンからヘムが合成されるときにはたらく12種類の酵素のうち、3番目の酵素の異常による病気で、体内に過剰のポルフィリンが蓄積します。その原因として100種近い遺伝子の異常が発見されています。
    出典 :急性間欠性ポルフィリン症 とは - コトバンク
  • ヘムという物質を、体内で合成する過程でできるポルフィリン体が、うまく代謝されずに蓄積することにより、発作症状が現れる病気。ヘムの合成に関わる酵素遺伝子の、生まれつきの異常が原因で起きる。
    出典 :急性ポルフィリン症 -健康用語辞典|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 発病の割合

  •  発病は20~30歳代に多く、男女比は、2対3と女性に多くみられるため、性ホルモンが関係しているのではないかと推定されています。一生、発病せずに終わる場合も多いのですが、さまざまな誘因が加わると発病します。
    出典 :急性間欠性ポルフィリン症 とは - コトバンク
  •  

    避妊薬を使用している人は
    要注意かもしれません
    誘発されて起きる危険性があるのです

  • 誘因と原因

  •  誘因としては、薬物(バルビタール、サルファ剤、避妊薬(ひにんやく)など)、飲酒、感染、手術、飢餓(きが)などがあります。
     女性では、月経周期や妊娠と関係して発病します。
    出典 :急性間欠性ポルフィリン症 とは - コトバンク
     

    避妊薬としてじゃなく、月経痛を抑える為に使用していても
    発生する確率があります
    知っておいて損はないでしょう

  • 薬の影響や、妊娠、ストレスなどが発作の引き金となる。診断には、発作症状が出ている期間に採取した尿の中の、ポルフィリン体などを調べる検査が必要となる。治療は、発作の引き金となるものを避けるとともに、それぞれの症状を抑える薬や、ヘムの合成を助ける薬の投与などを行う。
    出典 :急性ポルフィリン症 -健康用語辞典|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    妊娠中にストレスがたまると引き金になります
    ストレスの発散方法を確立しておく必要がありそうですね

  • 症状

  • 腹部の症状(腹痛、嘔吐(おうと)、便秘(べんぴ))、神経症状(運動まひ、知覚障害、けいれん)と精神症状(不安、ヒステリー、錯乱(さくらん)、昏睡(こんすい))の3つがおもな症状です。これに、自律神経症状(発汗、頻脈(ひんみゃく)、高血圧)なども加わり、多彩な症状が現われます。
    出典 :急性間欠性ポルフィリン症 とは - コトバンク
     

    神経症状があるのがつらい所ですね

  • 発作は一般的に、腹痛や嘔吐、下痢、便秘などの腹部症状の後に、不眠や不安、ヒステリーなどの精神症状、手足の脱力や呼吸障害、けいれんなどの神経症状が現れる。また、高血圧や頻脈がみられることもある
    出典 :急性ポルフィリン症 -健康用語辞典|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 治療方法


  • 予防策:避けるべき発症の誘因


    •ストレス
    •不適切な栄養補給
    • 不規則な食事、ダイエット
    • ポルフィリン症を誘発させることが知られている薬物、化学物資の使用を避ける。

    出典 :基礎知識-どのように治療されるか
  •  大量のぶどう糖は、過剰に蓄積したポルフィリンを減少させます。したがって、ぶどう糖の大量投与が有効です。また、胃潰瘍(いかいよう)治療薬のシメチジンにも同じはたらきがあるので、治療薬として使われています。
     腹痛、けいれんを抑えるには、抗精神病薬の1つであるクロルプロマジンが有効です。便秘には、腸管の動きを活発にする薬を使用したり、腹部を温める熱気療法を行ないます。高血圧や頻脈は交感神経の緊張によりおこるので、交感神経を抑制する薬を使います。
     誘因を避け、感染や手術時には、ぶどう糖の大量使用で予防します。
    出典 :急性間欠性ポルフィリン症 とは - コトバンク
  • カロリーの補充は、腹痛等症状の軽減につながります。
     • 隨伴疾患、あるいは、感染症の適切な治療が必要です。
     • 月経周期に伴い急性発作を生じる女性患者では、排卵を抑制し、月経前の発作の出現を防止するために、薬物を用いて月経を止めます
    出典 :基礎知識-どのように治療されるか
     

    このような治療もあります

  •  

    糖尿病の人が使用しているブドウ糖
    これがこの病気に役に立つのです
    薬局等にうっているので
    市販でも準備出来ますね

  • 生活の中でも出来る事はこちら

  • 水分摂取を普段からこころがけてください。
    2.季節の変わり目に注意してください。
    3.不眠・過労・アルコール摂取・不規則な生活・絶食などを避けてください。
    4.薬物・健康食品などをむやみに飲まないでください。
    (必要な場合はかかりつけの先生に相談をしてください
    出典 :基礎知識-生活の中で心がけること