健康管理の仕方について

意外と健康管理ができない人は大勢います。だいぶ経ってから病気が発覚したのでは遅いこともあります。

  • S 更新日:2013/12/05

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康管理が自分でできないのは?

  • 毎年冬になると風邪ひく人がいます。
    気をつけているつもりでも、体内トラブルや環境トラブルも充分考えられます。
    実は、自分の体のことを、よく知らないだけなのかもしれません。

  • 定期的なメンテナンス

  • 年に一度は健康診断を受けましょう。
    自身の病気の早期発見・早期治療に役立ちます。

  •  

    基本なのが身長・体重・聴力・視力・尿検査。
    追加料金で血液検査など、病院により様々です。

  • 自分が気になるところがあれば、医師に相談しましょう。
    何を受けるべきかわかるし、料金も明確に教えてくれます。
    また、保険がきくものとそうでないものもあるので、よく考えましょう。

  • 健康診断を受けない人・病院行かない人

  • 何年も何も検査を受けていない人は、そのぶん危険性が強まります。
    学生・会社員以外は、自分で病院行って検査受ける事になりますから、フリーランスの人は該当者も少なくありません。

  •  

    医者から何も問題無しと言われたら安心感も得られます。

  • 危険性が高い人

  • 通常、学生や会社員なら健康診断は必ず毎年受けるものなので、何も問題ありません。
    ところが、学生でも会社員のどちらでもない人たちも大勢います。
    該当者で、更に以下に当てはまる人は、今の生活を見直してみるべきです。

  • ・甘いものや塩辛いものが大好きな人
    ・不規則な生活を送っている人
    ・お酒大好きな人
    ・喫煙者

  •  

    甘いもの・お酒をしょっちゅう飲食する人は、糖尿病の可能性が上がるだけです。
    程々にしましょう。

  •  

    タバコは癌の元。
    吸うなとは言いませんが、1日の本数を減らすだけでも効果的です。

  • 大げさな言い方に聞こえますが、命あってこそなので、ご自分の身体は大切に。
    家族や同居人に迷惑かけないよう、健康で楽しいライフを送りましょう!